2023年12月24日 (日)

アウトランダーPHEV、やっと直った純正ナビ

 

リーフの契約をした翌日にヘソを曲げて壊れたカーナビ。

① 症状は起動して立ち上がるが、ETCの「カードが挿入・・・・・」

  と音声が流れた後、オーディオの音が極小になり、ボリュームの調整はETCの音声のみできる。

 

② ナビの画面は「しばらくお待ちください」の表示が出るのみでいくら待っても表示されない。

 

③ アップルカープレイは画面表示はされるものの音声極小で

  ごくたまに一時的に音が元に戻るので心臓に悪い(笑)

 

④ その他ナビ以外の画面は表示される。

 

 

ディーラーの担当に問い合わせた所、カーナビはその車専用になってるらしく、新品に入れ替えじゃなく外して修理するのでしばらく預かる事になるんですって。

そう聞いてから3週間経って、ようやく作業する連絡が入りました。

なんか三菱、ディーラー、カーナビメーカーのどこが保証するかですったもんだしてたらしい。

 

今回改めて思い知ったんですが、オーディオが使えないって運転しててもつまらないもんですね。

 

そして預けて2週間程で戻ってきました。

Img_2112

ディーラーへ引き取りに行った後、いろんな操作テストをした所、地図ソフトが最新になってる事に気付き、担当にお礼を言っておきました。

この約2ヶ月気分的にモヤモヤしてましたが、結果オーライです。

 

一時は社外カーナビを買おうか心が揺らいだのは伏せておきます。

 

| | コメント (0)

2023年8月14日 (月)

紀伊半島1周ドライブ

 

今年のお盆休みはGWの東北ドライブに引き続き、行った事の無い県を制覇する目的で和歌山県を目指す予定を組んでいましたが、事前の天気予報では11日~16日は全て雨の最悪な状態でした。

Img_1720

まさに台風の進路がドンピシャ。

一時は影響のない新潟&北陸に変更しようとしましたが、日が近づくにつれて

「ギリギリダイジョブじゃね?」

って感じになりました。

 

で、出発は12日の東名高速下りの渋滞が解消されつつある9時に綾瀬スマートインター先頭の渋滞を避ける意味で、海老名インターから高速入り。

 

順調に静岡SAまで進み腹ごしらえ。

Img_1698

この時期のしぞーかおでんは冷たい物の飲み過ぎで疲れた胃袋に最高です♪

 

途中鮎沢PA、静岡SA、御在所SAに寄り急速充電。

そんな事してたら最初に寄ろうと決めていた赤福の閉店時間ギリギリになってしまってチョイ焦りながら16時過ぎに到着。

↓編集が面倒なほど混雑してたので、写真は18時頃の様子。

Img_1710

今回は岡田屋さんで。

Img_1704

かやく伊勢うどん。

Img_1705

これまた胃袋にやさしいやわやわ食感。

腰が強いつるしこも良いけどこれも良し。

今度は中華そばを頼んでみよっと。

 

デザートは赤福氷

抹茶シロップは風味が強めで旨いね。

Img_1702

中にあんこと赤福が入ってた。

つ~か、こぼさずに食べられる方法を教えてほしい(笑)

 

そして熊野まで進んで車中泊し1日目終了。

 

そして翌朝

Img_1714

めちゃめちゃ天気良いじゃん♫

 

2日目は那智の滝を目指します。

途中ウミガメ公園で充電するものの高速道路の無料区間があり、予想より早く現地入り。

Img_1723

P2駐車場に止めて500円払いますが、そこのお店で買い物をすれば6%引きになります。

 

足首が「コキ」ってなりそうな石段を下り滝に到着。

落差もあり「おおっ!!」ってなります。

標高も高く涼しくて気持ち良かったですよ

Img_1734

野生のシカも人間に慣れているようです。

Img_1740

その後しばらく走り、道の駅くしもと橋杭岩で充電。

Img_1744

Img_1747

 

そして本州最南端の潮岬に到着!!

Img_1750

展望台入場料300円払うと証明書が貰えます。

Img_1783

これで本州の北と南を制覇です。

意外と海が荒れてなかった。

Img_1756

ついでに紀伊大島にも立ち寄り。

Img_1758

道の駅すさみ、阪和自動車道紀の川SAで充電。

和歌山ラーメンとタコ焼きを食す。

Img_1772_20230814142101

途中近畿自動車道八尾PAで充電。

2日目は足を延ばして寝たいので、東大阪のスーパー銭湯でマッタリAM1時まで休憩。

Img_1774

寝だめをしようとするが歯ぎしりの激しい人が居た為、眠りが浅く深夜1時に大阪をスタートするも、すぐにクラクラ・・・

やっぱし個室を取らないと寝られないですね。

 

結局帰りの湾岸長島PAで力尽き充電がてら寝なおし、AM5時に再スタート。

流石にこの日は雨が降ったりやんだりで夕焼けの様な朝焼けを見ながら東名高速を疾走。

Img_e1775

この時間帯の上り線を走るのはまれなので、何だか新鮮な気分です。

 

これは清水付近からの富士山。

Img_1778

シルエットが奇麗です。

 

これは富士宮辺りです。

Img_1779

帰りの充電は長島PA、浜松SA、清水PA、鮎沢PAの4ヵ所。

 

トータル11ヵ所で急速充電。

充電料金2,640円(税別)

充電時間5.5時間かかり、ガソリン使用量が約50L

走行距離約1200km

電気のみで走れたのが約400kmで考えると

ガソリンでの燃費約16km/L

 

ざっくりですがこんな感じです。

充電料金を現在のリッター価格180円で割ると14.7L

5時間半の時間と14.7Lのガソリン代を考えると・・・・・・・・

急いでいるか急いで無いかで決まります。

今回は休憩や仮眠のタイミングで充電したので無駄は無かったように思えますが、悩ましい所です。

因みに電気で走った距離を加味すると燃費は24km/Lになります。 


 

| | コメント (0)

2023年7月16日 (日)

アウトランダーPHEV GG3W ホーン交換

 

カミさんからのリクエストで遅ればせながらホーンを交換しました。

今回もチョイスしたのはミツバ アルファⅡ

もうこれを買うのは6回目位じゃないかなぁ~

とにかくお気に入りの音色です。

 

本当は涼しい時期に作業したかったんですが、たまたま行った黄色い帽子に特価品(2,990円)があったので思わず購入。

気温36℃での作業です(苦笑)

 

さあ気合を入れてクリップを外しまくりましょう。

Img_1642

エアクリーナーのダクトを止めてる2個が固くて外れにくい~

 

カバーが外れたらグリルを外します。

Img_1643

下側はハマっているだけなので指を突っ込んでバコバコは外します。

 

グリルが外れたらバンパーを固定してるクリップ外し。

Img_1644

下側は寝っ転がって

Img_1653

Img_1654

タイヤハウス内はハンドルを切って左右4か所づつ外しますが写真から見切れてる上の1個が見えにくいので難儀します。

Img_1656_20230715195901

この様なボルトを5ヵ所外す。(上の3ヵ所写真撮り忘れた)

Img_1655_20230715195901

ライトと左右フェンダー部分は養生をして、写真を撮り忘れたんですが、向かって左のヘッドライト付近にコーナーセンサーとフォグランプのカプラーがあるので爪をマイナスドライバーでこじって外し、左右フェンダーの合わせ目の爪をバコバコ外せばこの通り。

Img_1649_20230715195901

三菱純正ホーンは本体がアースされているので、プラスの線しか接続されてません。

Img_1646_20230715195901

助手席側は下の方についてました。

Img_1647

なので写真でわかりますかね?

アースの配線を作ってホーンのステーに落としています。

Img_1651

こっちの写真の方が分かり易いかな??

Img_1652_20230715195801

キーがONになってなくてもホーンは鳴るので、ここでテストしておきます。

やはり渦巻きホーンの音色は高級感がありますねぇ~~。

だいたいノーマルの「ビーッ」って音は悲しすぎます。

現行のGN型は渦巻きなのになぁ。

 

あとは外した逆の順に組み上げて完成。

大量の汗をかいた後のビールは最高!!

 

| | コメント (0)

2023年4月22日 (土)

コルトスピード ボンネットダンパー取り付け

 

先日オフ会でパールさんがエクリプスクロスPHEVに乗り換えの為、必要なくなったボンネットダンパーを頂き、それを取り付けしました。

中華製だと思っていましたが高価なコルトの製品でビックリ!!

パールさん、どうもありがとうございました。 

Img_1458

早速作業開始です。

先ずは何でも良いから帽子をかぶり(←これ重要)

運転席側下部分をボンネットを止めるつっかい棒をしてから外しますが、奥のボルトは裏側にナットを噛ませなきゃいけないのでチョイ大変です。

Img_1460

赤矢印を下側同様に外しますが、ボンネットが下りてしまうので自身の頭で押さえつつナット止め。

ナットをエンジンルーム内に落とすと大変なので、なにかカバーをして作業すると安心です。

Img_1461

誰かに頼めるのであればボンネットを押さえてもらっていた方がやり易いです。

ウォッシャーのホースは片側だけ元の場所に付けられなくなりますが問題なし。

Img_1462

助手席側も外して取り付け。

下側は黄色矢印部も外してスペースを作ります。

Img_1459

Img_1463

作業内容は単純ですが、1人でやると腕がもう1本欲しくなります。

Img_1464

Img_1465

見えないおしゃれとでも言いましょうか?

驚くのはディーラーのサービスマンだけでしょうね(笑)

 

【5月21日追記】

ウォッシャーホースの取り回しをこのようにしないと、ボンネットを締めた時にホースが挟まれてウォッシャー液が出なくなります。

Img_1568

 

| | コメント (0)

2023年4月16日 (日)

ホットスタッフ ジースピードG-02&ヨコハマブルーアースXT装着

 

2003年に購入し、初期型エスティマハイブリッドから20年使っていた、ブリヂストン プロドライブG07を下取りに出し、新たにタイトルのタイヤ&ホイールセットを購入しました。

 

何故買い替えたかと言うとプロドライブはオフセットがアウトランダーには奥に入り過ぎで、スペーサーで調整していましたが、安全性に欠けるのと、タイヤが来月から値上がりすると言うので今回の決断に至りました。

 

購入先はフジ・コーポレーション。

相談をしたい事があったので、店舗に直接行きました。

そうしたらたまたま「古いホイールを下取りします」のキャンペーン表示を見かけ、チャンスとばかりに見積もってもらうと・・・

なんと29,000円!!

 

事前にアップガレージで直接査定してもらってたんですが、こちらは8,000円・・・・・

焦って手放さなくてよかった(^^♪

 

結局トータル140,000円で買う事が出来ました。

フジ・コーポレーション様、ありがとうございました。

 

そして1週間で入荷。

Img_1439_20230416110501

純正よりワンサイズアップしてます。

このサイズだとフェンダーとのクリアランスが狭くなって見た目が良いし、車検も問題なく通ります。

 

ホイールはホットスタッフ ジースピードG-02 7.5Jー18 +38 メタリックブラック

ツライチにする為、冬用のホイールセットとサイズを全く同じにしています。

Img_1440

裏のハブボルトの逃げは充分にあるので、ワイトレで調整するには都合が良いです。

あと鋳造の割には軽いですよ。

Img_1441_20230416110501

イメージ通りの装着感になりました。

Img_1449

先代のGG2Wにはダンロップ ルマンVを履いていましたが、それよりも柔らかく乗り心地や静粛性や転がり抵抗が軽く感じます。

反対に首都高や峠道などの踏ん張りは弱いと思われます。

これからドライブに出かけてきま~す(^^♪

 

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

急速充電器、公道設置の社会実験中だと聞いたので行ってみた

 

mokuさんから情報を頂き、比較的自宅から近い所だったので、出かけついでに寄ってみました。

R246の下り線のしらとり台交差点を過ぎた下り坂の途中の左側に県道へ降りる道があるのですが、

初めての人は行き過ぎてしまう恐れがあるくらい細い道なので注意です。

 

そこを降りてT字路を左折すると間もなく右側に登場します。

Img_0847

アウトランダー的には逆駐車した方が充電しやすいのですが、注意書きに逆駐車禁止って書いてあるので従う事にします。

所が充電コードにワイヤーで引っ張るようにテンションがかかっており、1人で無理やり右側に持って来ようとすると

もれなくボディーに傷が付きます。(これは何とかしてほしいです)

Img_0850

どうしたかと言うと、ワイヤー近くをグイっと引っ張って(結構力が要ります)タイヤハウス内を通し

反対側まで持っていってみました。

Img_0851 Img_0849

こんなの毎回やってられないっす!!

  

充電器は栃木のヨークベニマルにあった物と同じで、ここのは90Kw出てます。

Img_0846

車両のモニター上、充電が空の状態から17分弱で70%。

Img_0848

80%まで持っていくのに25分かかるので、他の場所同様に20分程で切り上げるのがお得なようです。

 

結果、三菱充電カードプレミアム会員だと8.8円/分なのと、上記のワイヤーでテンションが掛かってる状態ですと、使い辛いと言うのが正直なところです。

リーフのように鼻先(左側)に給電口がある車種などは使いやすいと思います。

 

| | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

新型アウトランダーPHEV試乗

 

この1ヶ月ディーラーに行く度に試乗させてもらってました。

Img_0729

Img_0730

もうあちこちネット上でインプレが出まくっていますが、アウトランダーPHEV歴8年目の目線からチョットだけ書かせてもらいます。

 

今回車格が一回り大きくなったので気を遣うかな?

と最初は思っていましたが、乗ってみると意外と見切りが良くて運転しやすいです。

ただすれ違いがギリギリの様な狭い道の行くと大きさを再確認したりします。

 

乗り心地は20インチのタイヤを履いているにもかかわらず、細かい路面の凹凸をソフトに吸収していて、かなり足回り関係に気合が入っているようです。(峠道の試乗をしてみたい)

交換時には大出費を覚悟しなきゃいけないのはデメリットかな。

モーターの出力も強烈で、2t超えの車両を軽々加速させます。

まあここまで速くなくても良いかな~って感じですが・・・

 

その他、気になるのはハンドリングがクイックで、少しの舵角でも反応してしまい操作が少しシビア。

ブレーキングにも癖があり、先代と比べると慣れが必要です。

まあマイパイロットを駆使すれば解決できるのかな?(これは試してない)

 

あとメーターパネルやナビ画面は解像度が増して老眼のウィリーにとってはとても見やすくて羨ましい。

先代もアラウンドビューになっていますが、ぼやけて使い物にならず

( ノД`)シクシク…

フロントウィンドウに写りこむメーターも今まで見た中でも1番見やすい。

 

羨ましいついでに電気温水式ヒーターがヒートポンプになっているので冬の燃費ダウンも最小限と思われるし、メモリー機能付きパワーシート、7に乗りの2列目スライド機能も良いですねぇ。

 

ネット上でも書いてありますが、この値段でこの最新技術てんこ盛りは安いと思います。

東京都江東区に住んでいたら間違いなく買っていたと思います(^^♪

 

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

キョーエイワイドトレッドスペーサー15mm

 

スタッドレスのホイールセット(7.5Jー18 +38)を装着したら思いっきりハミ出ました。

Img_0686

それもそのはず25mmのワイドトレッドスペーサー(以降ワイトレ)が入っているからです。

夏タイヤのセットは太さは同じでインセット+44なので、それほど気にならないのですが、流石にこれはいかんなぁ~って事で10mm中に入れます。

 

その為に15mmのワイトレを購入。

Img_0682

安全走行に関わる部分なので一流メーカー(約10,000円)のをチョイス。

精度が要求されるので、3,000円とかで買えるものは敬遠しなきゃです。

 

装着するとこんな感じで元のハブボルトが10mm程突き出ます。

Img_0683

それがホイール装着の際問題になるので

装着するホイールの裏側にボルトが出っ張った分の逃げがあるかどうか

を事前に確認しないといけません。

↑↓これ重要!!

Img_0684

ワイトレ&ホイールをトルクレンチで指定のトルク(100~120N・m)で締め込み完了。

 

装着後

Img_0691

バッチシ収まりました。

因みにワイトレに付属されていたハブリングはホイールの中で遊んでしまいそうなので使っていません。

 

| | コメント (2)

2021年11月21日 (日)

アウトランダーPHEV、初期型から最終型に乗り換えて1ヶ月

 

新型が発表されたアウトランダーPHEV。

ウィリーはあえて(資金不足で)中古の最終型(GG3W)を買ったんですが、その進化ぶりは予想以上でした。

なので、12月に発売される新型は間違い無く素晴らしい出来になってると思います。

 

そこで今更ですが、どのように進化してるか書いていこうと思います。

改良されて良かった順にいきますのでよろしくお願いします。

 

先ず1番嬉しいのは急速充電中にエアコンが使える事。

Img_0529

今まで特に夏ですが、ディーラーが開いている時間帯じゃない深夜移動の場合、窓を開けて2,30分待つのですが蚊の攻撃が凄く地獄でした。

それが解消されたので嬉しくて嬉しくて・・・ううう(´Д⊂ヽ

で、真冬の体験はこれからなんですが、電気温水式ヒーターが付いていないので、水温が下がるとエアコンも送風になってしまうと思われますが、シートヒーターが使えるので多分大丈夫ではないかと思います。

 

次はEVでの走行距離。

自宅を写真の表示でトリップをリセットし出発。

Img_0513

オール一般道で買い物立ち寄り3件(1件は立体駐車場を5階まで上がり有り)で50km走れました。

初期型の新品バッテリー交換後よりも数キロですが若干長く走れるようです。

因みに買った時点のバッテリー残存率は92.6%。

容量アップの効果はあるように思います。

 

スイッチ類はまとめられて使いやすくなっています。

その中でも嬉しかったのは発電効率が上がって、チャージモードでの充電が早くなった事と、チャージモードで走行し信号待ちで停車した場合EVボタンを押せば任意にエンジンストップさせられるようになった事ですね。

Img_0530

ブレーキのオートホールドボタンも渋滞時や駐車場待ちの時に大活躍してます。

 

お次は運転席、助手席共にパワーシートになっていて、腰の部分も押せるようになってます。

Img_0518

欲を言えばメモリー機能が付いてればなお良かった。

新型は付いてるみたいで裏山しぃ~~

 

今までは電気ひざ掛けをコンセントに突っ込んで凌いでいた後席は、エアコン吹き出し口が付いて多少はマシになったと思われます。

Img_0517_20211121164101

 

ナビはアップルカープレイ対応している為、USBで端末を繋げれば即同期。

ハンドルの発話ボタン長押しでsiriも起動できます。

Img_0524

それよりなにより起動時の立ち上がりが早くなった事が特に嬉しいです。

 

オーディオは「あれあれ???」と思っていましたが、イコライザーを弄りまくって好みの音に近づけると、前期型より音質が良くなってます。

静粛性が上がったお陰かもしれませんが、なかなか良いです。

Img_0532_20211121164101Img_0531

 

ヘッドライトはこの型からフルLED化。

前走車や対向車に迷惑じゃないかと思われるくらい明るい。

 

Img_0522_20211121164101

 

足回りは突き上げがマイルドになり、ノーズダイブやロールが減り軽くなったパワステのお陰もありキビキビ走るようになりました。

ボディー剛性が上がってるのも体感できます。

Img_0527Img_0528

 

あと遮音性に関してですが、内装をばらすたびに「ここにも、ここにも」みたいな感じでフェルトや発泡スチロールなど手が入っています。

後席のフロアマットが前にズレるのが気になっていましたが、そこにまでズレない対策をされてて驚きました。

Img_0516

マジックテープでガッチリカーペットに固定できるようになってます。

 

そんなんでほぼ値段据え置きでここまで改良しまくっている車だけに、新型は相当なテコ入れがされていると思われます。

Phev

個人的には、たった30万円アップで留めてきた三菱自動車には頭が下がる思いです。

早く試乗してみたいです。

 

| | コメント (0)

2021年11月13日 (土)

デジタルマルチメーター&ドラレコの装着

 

買い替え時真っ先にやる事第2弾は、全車から外したマルチメーターとドラレコの装着です。

前まではシガーライターから2分割で電源を取っていましたが、見栄えが悪いので今回はヒューズボックスから電源を取りたいと思います。

 

※くれぐれも作業は自己責任で行ってください。

 最悪の場合火災になる恐れがあります。

 

これはウィリーが昔から愛用している点検灯です。

エレクトロタップは気にしないで下さい。

Img_0465

次にカー用品店やネットでエーモンのこんな奴を用意します。

Photo_20211106172901

準備が整ったら配線を隠す為の内装バラシです。

ウェザーストリップを引っ張って外し

Img_0474

ピラーカバーも引っ張って外します。内装外しがあると楽にバコッと外せますよ。

Img_0475_20211106175901

写真を撮り忘れましたがグローブボックスもはまっているだけなので斜め手前上方向に引っ張ると外れます。

向かって右横下にイージークローザーのダンパーの様なものが付いてるので一緒に外します。

 

グローブボックス裏にヒューズ位置は記されてます。

Img_0467

今回はシガーライターの電源を使います。

点検灯で確認し

Img_0469

長いラジオペンチでヒューズを抜き

Img_0471

電工ペンチで配線を作ります

Img_0472

出来ました。

Img_0470

マルチメーターとドラレコの2つの電源を取る為2分割にしてます。

プラスの電源になるので、間違いなくカバーで完全に覆われるメスの端子を付けて下さい。

 

マルチメーターとドラレコのシガーソケットを切断し、電工ペンチで端子を付けますが、アースを取らなくてはいけません。

そこで車体に固定してありそうなボルトを探したんですけど見当たらなくて、足元左下のカバーを外したら奥の方に・・・

Img_0476

写真中央のソケットの束の奥に見つけました。

Img_0477

後で知ったんですが、ヒューズボックス脇のボルトでもアースが取れるみたいです。

苦労したのがバッカみたい(笑)

 

後は見えないように配線を隠蔽して外した内装を元に戻して終了。

Img_0478

ドラレコの配線ですが、そんなに太くないのでミラー裏のセンサーカバーは外さなくても内張はがしで浮かせてできた隙間に通していくだけで下の写真の黄色線の部分に隠蔽する事が出来ます。

Img_0482

マルチメーターの線はウェザーストリップを外した中に隙間があるので、簡単に隠蔽できます。

Img_0483

ドラレコ本体は試行錯誤の末、この場所に貼り付けました。

Img_0484

車検に通るか微妙な位置ですが、引っかかったら移動すればいいかな?

デミオも似たような場所のルームミラー裏の運転席に座って視界の妨げにならない所で車検通ったから大丈夫だと思います。

最初からルームミラー取り付けタイプにすりゃ良かった( ノД`)シクシク…

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧