2020年7月 4日 (土)

タコ釣り

 

去年から横浜港でタコが好調と聞き、釣り仲間4人で出かけてきました。

そのうちの1人は、タコ釣りのベテランでウィリーを含めほぼ初心者なので、ポイントを案内してもらいスタート。

Img_4142

 

結構ポイントが近いのですぐにタコ師匠が1杯目をGET!

Img_4143

直前まで雨が降っていたので、川からの濁りが入っていて条件的には良くないそうですが、そこはさすがのベテランです。

 

タコがいる場所は根がある所なので、ウィリーはタコエギをロスト(根掛かり)するばかりで全然釣りにならず(;´Д`)

ここまでタコ師匠が6杯、ウィリー以外の2人は1杯ずつ釣り上げ、自分1人だけボウズ。

「道具のせいだよ~」

と仲間は言ってくれてるけど、センスの無さに焦る気持ちを抑えつつ場所替え。

 

ココはカサゴのポイント。

開始早々タコ師匠がまたタコをGET。

流石です。

 

その後いよいよウィリーのロッドがしなる!

上げてみたら良型のカサゴが付いてました♪

Img_4144

取りあえず感触を味わえただけでも良かった~~。

 

そこで日没終了。

タコ師匠がタコを4杯分けてくれて、お陰様で今夜のおかずができました。

 

帰って早速カサゴを捌き、タコもヌメリを取り塩もみし茹タコにして腹の中へ。

Img_4145

タコの写真は争奪戦が激しくて撮り忘れました(笑)

カサゴもタコもシコシコして鶴見育ちのわりに結構美味でした。

 

近々リベンジしたいと思います。

 

| | コメント (2)

2018年7月 1日 (日)

久々に釣りに行ってきました

 

例年にない早い梅雨明け。

梅雨が明けたと同時に毎日強めの風が吹き続けていて船が出せるか懸念してましたが、何とか兄と兄の同級生と3人で出船。

今回はマゴチ、シーバス(スズキ)をルアーで狙います。

20180701_083652

海に出てみると風は強いがウネリは少ない模様。

 

まあいつもの事なんですけどビショビショ覚悟で第2海堡まで行く事に決めました。

 

 

 

 

向かい風の中、1時間程で到着しました。

20180701_105023

ウィリー、マゴチは2回目ですが1度もお目にかかったことはありません。

 

なので感覚が全くつかめていません。

言われるがままフォール&リフトの繰り返し。

 

テンションがイマイチ(笑)のまま時間が経過したその時

 

「HIT!!」

 

と兄が叫ぶ。

 

何と上がってきたのはシロギス(爆)

20180701_111632

メタルジグにシロギスが食ってくるなんて、船中の全員が初めての体験。

 

 

その後強風に船が流されながら自動流し釣り。

潮目が見えたのでそこに向かってメタルジグをキャストしたらダツがヒット。

手前に寄せ抜き上げようとした瞬間バラしました( ノД`)

まあどうせリリースですから良いんです。

 

 

第2海堡から離れすぎたので、ちょいと戻り仕切り直し。

キャストに疲れて一服しながらベイトタックルに持ち換え、片手で底を叩いていたら

 

「ガツガツ!!」

 

反射的に合わせるとなかなかの引き。

本命のマゴチか!!

と思った瞬間、掛かっていたのはナント!!

20180701_122505

ヒラメゲッチュー!!\(^o^)/

 

その直後に兄の同級生がシーバスGET。

 

ゴールデンタイムが始まったと思いきや、この後パッタリ魚っ気が無くなってジ・エンド。

 

皆さんお疲れさまでした。

 

途中は端折って

 

帰って早速ヒラメと貰ったシーバスを解体です。

ホントは速攻寝たいんですけどね(笑)

 

ユーチューブを見て見様見真似で5枚おろし。

20180701_164409

上手くないからエンガワの食べられる部分が少なくなっちゃった(;^_^A

 

20180701_175951

奥がヒラメで手前がシーバス。

さっきまで生きてたので歯ごたえ抜群の激ウマでした。

 

でわ、おやすみなさ~~い・・・

 

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

東京湾マゴチ狙い

 

すんご~~~~~~~~~く久しぶりに船で沖釣りに行きました。

20170827_053517

しかし写真のベイブリッジをくぐり堤防の外に出たら沖に出るのを躊躇する位に強風でウネリが凄く、しばらく港内でメッキを狙ってルアーをキャスト。

 

しばらくやってみるが全然反応がないので、全員一致で荒れた海に乗り出すことに。

 

ビッショビショになりながら1時間かけて第二海堡に到着。

20170827_074942_2

数キャスト目でメンバーがシーバスをゲット!

20170827_075837

幸先が良かったんですがマゴチの辺りは全く無く、仕方がないので太刀魚に路線変更。

走水沖で船中3本ゲット。

ウィリーは抜き上げの際オートリリース←結局はバラシ(笑)

一生懸命ジギングに集中してたので写真皆無・・・

 

しばらく続けてましたが反応が無くなり燃料も際どくなってきたので横浜港に帰ります。

 

その帰路の根岸湾でウィリー兄がナブラを発見!!

老眼が進んでいても遠くは良く見えるのね(^^)

 

みんな今日一番の大興奮でキャストしまくり、その小魚を捕食していたのはワカシ。

(ブリの子供)

ココで合計3本(ウィリーは1本)

 

それがコレです。

20170827_162535_2

刺身で食べたんですが、ワカシも旨いっすね。

イナダに成長した頃また釣りに行きたいです。

 

翌日、荒れた海で船での移動中、ずっと立っていたので足がワナワナして仕事が辛かったぁ~(苦笑)

 

| | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

ルアーフィッシングの厳しい現実・・・

 

先々週の予定だったボート釣りにようやく行ける日が来ました。

2週間も経ってしまっているので海の状況も変わってメインターゲットの魚も絞りきれない微妙な感じ。

取りあえずはイナダ、サバ、あわよくばカンパチ、最後の手段でシーバス(スズキ)狙い。

 

早朝5:00

まだ夜明け前の真っ暗な実家で兄を乗せ

005

更に船長のKさんを乗せ、鶴見某所の船着き場からスタート。

 

準備を済ませ出航し、つばさ橋の辺りで日の出

009

気が向くままに、沖のブイで兄がシーバス&ヒラソウダGET

011

幸先の良いスタートだが、ウィリーにはヒットどころかアタリも無し。

いつも言える事なんですが、朝のうちに1本上げとかないと余裕が無くなり、この先尻つぼみになるのが目に見えているので密かにアセアセしてます(^^ゞ

 

そのせいかPCに画像を取り込んで思ったんですけど、そうとう必死だったんでしょうね、写真が1枚も無い(苦笑)

この後、カモメが海に突っ込んでいるのを見つけては移動しキャスト。

カモメが海に突っ込んでいるのを見つけては移動しキャスト。

カモメが海に突っ込んでいるのを見つけては移動しキャスト。

カモメが海に突っ込んでいるのを見つけては移動しキャスト。

カモメが海に突っ込んでいるのを見つけては移動しキャスト。

カモメが海に突っ込んでいるのを見つけては移動しキャスト。

               ・

               ・

               ・

               ・

               ・

           を3時間続け

兄が釣ったヒラソウダから約4時間、まるで釣果無し・・・

挙句の果てに帰りは強い向かい風による波しぶきでビッショリになりながら走ること30分。

やっと横浜港内に戻り一息ε=( ̄。 ̄;)フゥ

 

 

ところが試練はこれで終わりでは無かった。

 

 

なんとっ!!

船長Kさんの口からまさかの一言

 

「やばい・・・ガス欠の症状だ・・・」

 

「仲間の船呼べるんでしょ?」

「今日誰も来れる人がいない・・・」

「・・・・・・・・・」

「やばいやばいエンジンが止まる」

燃料タンクを傾ける事によって、エンジン、息を吹き返す。

その時の場所がココ

014

向こうに見えるはみなとみらい。

ここで漂流だけは困る。

祈るような気持ちで

「もう少しで船着き場だ!頑張れSRV!!」

                                   SRVとは船の名前

 

しか~し祈りも空しく、船着き場500m程手前でついにエンジンは息絶え、漂流状態に・・・

 

その後どうしたかと言うと・・・

018

笑ってんじゃね~よ!!(爆)

漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで

向かい風でちょっとづつしか進まない中ただひたすらに漕いで

019

あの橋まで行けば岸に上がれる・・・(;´д`)ハアハア

 

020

300掻きくらいしたでしょうか、ようやく陸に上がる事が出来、携行缶を持ってガソリンスタンドに行き、14:00に無事帰港。

なにしに行ったんだか分からない1日でした。

 

| | コメント (4)

2011年10月13日 (木)

ライフジャケット

 

今週末、愚息を船(ボート)釣りに連れていくにあたり、ライフジャケットを買うことになりました。

購入前にはこんな感じの

Tk30

ベストタイプの物しか知らなかったんですが、体が小さい愚息には大人用は動きにくいかと思い調べてみたら、こんな便利な物があったんですね。

Img58116864


そして最安値と思われる所で注文。

さっき届きました。

002

ベルトの長さの調整で子供から大人まで装着OKなので便利ですね。

あと取説に初期不良がどうのこうの書いてありましたが、落水してみなきゃ分かんないので、実際落っこちたら追記します(笑)

 

| | コメント (4)

2010年11月23日 (火)

南房総釣り旅行

最近お気に入りの南房総へ、飲み仲間5人(シエロさん、こまちゅ~さん、中年関西人さん、カブちゃん&息子)と一緒に出かけてきました。

宿泊先はこまちゅ~さんの実家(民宿)

小湊港の目の前らしいので釣りをしようと言う事になりましたが、釣り経験者はシエロさんと自分だけ。

そのシエロさんにも「頼りはウィリーだけだよ」と言われちまったから責任重大です。

 

そして曇天の22日に出発。

道中全くの障害無しで、あっという間に君津ICに到着。

夜の酒盛りの為の酒を調達。

001

そうこうしているうちに前日まで降水確率70%だったのに、皆の晴れ男パワーで

003

暑いくらいだぜ!( ̄ー ̄)ニヤリ

(ホントは初日の釣りは諦めてたんだ(;^_^A )

 

正午前に鴨川入り出来たので、人気店の

「食事処 まるよ」

005

でランチタイム。

お約束のデカ盛りメニューを食してみましょう。

11時チョイ過ぎに入店できたので、まだガラガラでした。

 

待つこと10数分。

まずはウィリーを含む3人が頼んだおすすめガツンメニューのジャンボエビフライ定食 

006

デカい!長い!

確か1200円←間違ってたら指摘して下さい

単品なら900円です。

008

まずチェックする海老の太さなんですが、先っちょまでしっかり太いまま入っていて合格。

その次に来たカキフライも大きいっ!!

007

こちらも中身もしっかり大きいです。

値段は・・・・・・・忘れた(^-^;

最後に特上まるよ天丼 1500円

009

見ての通りの大きさでございます。

 

今回紹介できなかった「おすすめガツン」はこちらをクリック

 

PM1時。いよいよメインの釣り開始。

012

天気もしばらく大丈夫そう。

 

皆の仕掛けを作って、餌を海中に投入して間もなく

015_2

初心者のカブちゃんが、真っ先に記念すべき初獲物のオキタナゴをGET。

続けて他の皆さんも、タナゴ、メジナ、マアジ、メッキ(ロウニンアジ)を揚げ大喜び。

その中でも最も良かったのはカブちゃんジュニアが釣った

020

この20cm程のメジナでした。

本日の釣果 全員で20匹

近くに居た常連さんを上回っていたので、みんな釣りの才能あるんじゃな~い♪

と乗せておいた(笑)

 

日没近くなって雨が降り始めたので納竿。

宿に戻り釣った小魚を捌き、こまちゅ~母に料理してもらいます。

そんで、これが豪華船盛り付きディナーです。

022

金目鯛とヒラメの御造り

024

うひょひょ~~♪でやんす。

 

翌日早朝。

明け方目が覚めたので、ルアーの道具を持って偵察に行くも空振り。

スズキを狙って1時間歩き回りましたがアタリも無し。

腕が無いのか運が無いのか、雨が本降りになってきたので宿に戻る。

 

雨がやむのを待って10時。

2日目は浮き釣りの仕掛けを買い、昨日と同じ場所で釣り開始。

数秒で、何だか分からない魚GET。

028

これも

030

スズメダイの仲間だと思うんだけど・・・

あとは小メジナが入れ食いがしばらく続き、最後の最後に

031

黒鯛GET!

2日目はトータル40匹以上。

小型の魚は全てリリースです。

 

楽しい時間の過ぎるのは早いもんで、もう帰りの時間。

遅い昼は君津IC近くの回転寿司。

ちょっとお高いが、ネタは美味しいこの店。

032

左端の「こぼれ尽くし 480円」を見つけ

「凄いお得ジャン」って注文してみたら

035

ブツと一緒に

036

店内の表示に無い黄金に輝く皿が目の前に・・・

「ドキッ!!」

勘のいい方ならお気づきでしょうか?

角度を変えてみたら

037

そりゃねえぜ!!(自爆)

 

今後気をつけます・・・・・・・

 

| | コメント (2)

2010年5月30日 (日)

ダイワ トーナメントZ3000iAの分解清掃

このブログでは初めてルアーフィッシングネタを書きます。

実は5年程前までは、かなりの釣りバカだったんですが、横浜港の立入規制の強化なんかあったりして、なんとなく釣り場から足が遠のいてしまったんですね。

しかし何か突然「あ!納戸にしまってあるダイワのリール。水没させてギアに砂が噛んだままだった!!」と思い出し、分解清掃したくなったのでした。

水没の原因は今でもハッキリ憶えているんですけど、真冬の夜の多摩川河口でウェーディング(脇の下まで丈のある長靴を履いて、水の中に入る事ね)をしてて、すり鉢状の深みに足を取られて左手に持っていた竿ごと川底をパンチするような状態になって、その時にリール内部に砂が入ったという訳です。

手が付かないくらい川が深かったらドザエモンとなって翌朝東京湾で発見されてたでしょうね(;´▽`A``

 

前置きが長くなりましたが、いよいよ分解です。

【必要な物】

精密ドライバーセット

通常の大きさのプラスとマイナスのドライバー

12mmのメガネレンチ

爪楊枝

パーツクリーナー

グリス

 

部品の正式名称が解らないので適当ですが、ご勘弁を(^-^;

 

まずスプールを外し

Img_1722

ココのマイナスのネジ2本を外す

Img_1719

マイナスのネジって「ズリッ」ってずれて付け外しし辛くて嫌~い

Img_1718

次は前側のこの部分のOリングを爪楊枝で外す

Img_1716_2

その下のベアリング等を外す

Img_1715

矢印のピンを抜き、部品を外す

Img_1713

赤矢印のプラスネジを取り、黄色矢印の12mmのナットを外す

Img_1711

これでベールごとローターが取れます。

次にハンドルの反対側のキャップを外し

Img_1710

中のネジを外しハンドルを抜く

Img_1708_2

矢印の3本のビスを外す

Img_1702

するとこんな感じ

Img_1700

手前の銀色のギアを外すと

Img_1694

やっとこさ内部を拝めます。

やはり内部に海水が浸入した形跡があって、1つ上の写真のギアが腐食してました。

水没させたら直ぐに分解清掃しておいた方が良いようです。あたりまえか・・・

本当はここから更に各部品を外して洗浄するんですが、ウィリーの場合、スプレー式のパーツクリーナーを各方向からブッ掛けて洗浄します。

早く言えば手抜きですf(^-^;)

が、洗浄中時々途中まで組み立て、ハンドルを回して見たりして「ガリガリ」感や「ザラザラ」感が無いか何度か確かめながら洗浄しました。

パーツクリーナはケチらずジャバジャバ使いましょう。

写真を撮り忘れたんですが、ローターを外した奥にカラーみたいな物が2つ入ってました。

そのカラーを外すと奥にベアリングが見えます。

グリスでくっ付いてると出てこないかもしれません。 

 

パーツクリーナーが完全に乾いたら、各部のグリスアップ。

Img_1699

特に水が浸入したと思われるココにはタップリと

Img_1703

組み立てはバラした逆の手順です。

そんで完成。

Img_1721

今年の夏は久々に青物釣りにでも出かけてみるかな。

 

| | コメント (4)