« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月24日 (土)

アストロプロダクツ ロングネックファンネル(ジョウゴ)

 

ADV150ってオイル交換する時にオイル入れにくくないですか?

そんな時、これを使えば解決。

Img_1615

値段も300円程だし、これならこぼさず入れられそうです。

ちょっとデカ過ぎるけどね(;^_^A

 

 

| | コメント (0)

2023年6月18日 (日)

久しぶりの道志

 

コロナが流行り始めて以来3年振りでしょうか、カンちゃんと道志みちを走ってきました。

3年も経ってしまうと越路林道の入り口を忘れていて結局たどり着けずウロウロ。

道志道の駅の奥のフラットダートで茶を濁します。

Img_1609

KLX時代のようにガンガン行ける訳ないのでノロノロ走りますが、限界が低いスクーターなのでそんなスローペースでもかなりのスリルです。

下り坂であまりに遅すぎて遠心クラッチが切れるとスピードが乗ってしまうので気を使います。

絶対にコケたくないんでね(笑)

 

そして本日のランチは きく家 でわらじかつをを頂きました。

Img_1614

写真はわらじカツ丼ロースカツ1枚。700円だったかな?

道志を何百回と通っていますが、意外な事に初めての入店です。

土日はカツ丼しか出していないようです←2023年6月現在

  

ADV150に乗り始めて、今回が1番距離を乗りましたが、やはり2時間ぶっ続けで乗ってると尻が痛くなります。

でもKLXやDトラッカーXと比べると倍の距離は持ちます。

燃費が46km/L走ったのも驚きです。

 

 

| | コメント (0)

2023年6月11日 (日)

純正ウェイトローラー20g~ドクタープーリー17gに交換

 

タコメーターを取り付け、美味しい回転(パワーバンド)が分かったので、それに合わせてウェイトローラーの重さを変更します。

狙いはアクセルを開け、クラッチが繋がりきる回転数を6500rpm辺りに持って来る事。

ググってみると17g辺りがノーマルより500rpm程上がるとの事なので、評判の良いドクタープーリーをチョイスしてみました。

因みにノーマルは5800rpm辺りで変速してます。

 

それでは作業します。

工具はこれだけあれば充分。ソケットは22mmと19mmがあればメガネレンチは要りません。

Img_e1601

先ずはクランクケースカバーを外します。

写真は上のプラスチックの部分は既に外しています。

Img_1593

1番長いボルトが真ん中でその次に長いのが後方に集中してたと記憶してます。

間違えて短いボルトを入れてもネジ山が届かず締め込めないので分かると思います。

Img_1600

ここまで外してプーリーを外す特殊工具が無い事に気付きました。

確かグランドアクシスに乗っていた頃買ったんですが、引っ越しの時にどこかに行ってしまったようです。

こういうのって買った後に出てくるんだよなぁ~・・・

 

ダッシュでアストロプロダクツ(1,980円)で入手してきました。

Img_1595

ココをばらすの久しぶりだなぁ・・・

この部分を見ると、26年前にアドレスV100を買って、慣らしが終わってプーリー換えようとインパクトで外したら逆ねじで、1,000kmでクランクシャフトのネジ山を舐めて、シャフト交換になった苦い思い出がよみがえる(;^_^A

Img_1594

慎重に外しまして(笑)

Img_1598

ウェイトローラーを見ると、5,000km走行時点ですが、もう段減りし始めてます。

Img_1597

まあ乗っててもすこぶる調子が良かったので、10,000km位までは持つのかなぁ??って所。

Img_1596

結構ノーマルの状態でもベルトの移動量がプーリーの端まで行ってるので、変な制約は無いように思えます。

 

ドクタープーリーを入れてみました。

Img_1599

本当はウェイトローラーの移動する溝とスライドピースとランププレートの接点を鏡面仕上げしたかったんですが、時間が無くて今回はそのままで、プーリーグリスを薄付けしたのみで組付けました。

 

試乗してみた所、6,300rpmで変速し始め、パワーバンドをキープしながら速度が増していきます。

劇的に速くなった訳ではありませんが、ノーマルの65km付近までのかったるさは解消してます。

特に気持ち良いのは交差点などの角を曲がった後の立ち上がりが鋭くなったので、ヒジョーに乗り易くなりました。

 

あと最高速は、やや落ちて110km程。

最高回転も20gの時が9,300rpmまで回っていたのがこちらもやや落ち。

気になる燃費は巡航速度までの上りが早いせいか、ウィリーの乗り方だと同じか良くなっている傾向にあります。

とにかく65km付近までのもたつきが無くなったので乗ってて楽しいですよ。

まだまだウィリーするのには程遠いですけどね

 

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »