« ダンロップα-14に交換 | トップページ | DトラッカーX ヘッドライトバルブLED化 »

2021年3月20日 (土)

いつの間にかインターホンが使えなくなってた

 

先日宅配業者が在宅しているのにも関わらず不在通知を置いていった事でインターホンのトラブルが発覚。

録画の記録を見てみたら3月6日以降が写っていないので、どうやらその辺から呼び出し音が鳴らなくなっていた模様。

 

取りあえずカミさんに

「三井のサービスに連絡してみて」

と頼み、その週末に業者が交換用のインターホン(アイホン製)を持ってきてくれました。

 

ちょうど愚息のGSX-Rのフェンダーレス取り付け作業を手伝っていたので、対応はカミさんに任せて、バイク弄りに集中していました。

 

フェンダーレスの取り付けが終わり、カミさんに直ったかどうか聞いてみた所

「インターホンの本体は家の外部電源に直結してみたら動くようなので、外部電源から門塀の間の不具合だろう。」

と言って何もせず帰ってしまったとの事。

 

確かに三井としては外部電源から先は外構業者がやった事なので保証もくそも無いでしょう。

 

考えられる原因は家の外部電源と門塀の間の隠蔽配管内での断線だろうから、既存の配線に新しい配線を繋げてズルズルと引っ張れば簡単に交換できるだろうとバラし始めます。

 

門塀側

Img_0134

家側

Img_0133

門塀側に新しい線を繋げて家側から引っ張ります。

ところが何か引っかかってて動きません。

そこでチョイと力を入れたら

 

「ブチッ!!」

 

「あっ!」

 

っと思った時すでに遅し。

引きずり出してみたら・・・・・・

Img_0138

なんで繋いであるんじゃっ!!😡

 

このつなぎ目が引っかかってたんだ~。

どうやら外構業者が繋げて引きずり込んでいた隠蔽配管の中に雨水が溜まり漏電していた模様。

その繋げ方が素人同然に被覆を剥いて指で捻って繋げビニールテープを巻いたお粗末な物。

皆様、安い外構業者は安いなりの理由があるので、あまりケチるのはやめた方が良いですよ。

Img_0135

たまたま手持ちで10m程の配線と針金があったのが不幸中の幸い。

↓ の写真のように隠蔽配管がこの様な形状なので、針金をそのまま入れると溝に引っかかるので

  先をクイっと丸めてテープを巻いておくとスムーズに入っていきます。

 

針金が貫通した所に新しい線を繋げ、引っ張り込み・・・

Img_0136

結線し、無事インターホンが復活しました。

Img_0137

ウチのインターホンには極性が無いので2本出てる線をどちらに繋げても作動しました。

エレクトロタップを使っているとこが間に合わせって感じですね(^^)

 

|

« ダンロップα-14に交換 | トップページ | DトラッカーX ヘッドライトバルブLED化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンロップα-14に交換 | トップページ | DトラッカーX ヘッドライトバルブLED化 »