« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日 (日)

ヨシムラスリップオンサイレンサーの取り付け

 

いよいよ愚息がマフラーを買いました。

Img_0109

愚息はGSX-Rを買ってすぐに交換したかったらしいのですが、ウィリーが

 

「ナップスやラフロでセールが始まれば20%引きで買えるから待ってれば。」

 

と止めてました。

が、しか~~しコロナ禍で各店舗が業績ダウンのせいか値引かなくなってしまい、ヘルメットなんかほとんど在庫が無い状態で、以前の30%以上引きなんて完全に過去のものになってしまいました。

 

それで我慢しきれずネットで購入した次第です。

Img_0114

やっぱしリッターSS。

サイレンサーも高価で約10万円。

独身は良いねぇ~金持で(笑) 

Img_0113

初めに言っておきますが交換は超簡単です。

ガスケットも元々付いていたものを再利用。

ただバイクが古くなるとガスケットだけは用意しなきゃいけないかもしれません。

 

まずこの飾りっ気のないノーマルサイレンサーを赤丸2ヵ所のボルトを外し、捻じりながら引っこ抜きます。

Img_0110_20210307135801

下側の拡大図 ↓ このバンドはヒートガードごと再利用します。

Img_0112

上側の拡大図 ↓

Img_0111

後は付属の黒いステーをサイレンサー側に仮付けし、元のエキパイにマフラーバンドをはめてからヨシムラを捻じ込んでいきます。

ねじ込むのに少々力が要りますし、サイレンサーとエキパイを繋ぐ短いパイプの角度を調整しながら奥まで押し込むのに少々コツが要ります。

 

そして無事装着。

Img_0117

Img_0115

Img_0116

GSX-Rって元の排気音が大きめなので、ヨシムラに変えて、チョットだけ良い音になります。

車検対応ですからこんなもんなんでしょうね。

サイレンサーを外した時に必ずやる直管の儀式の爆音が個人的には好みなのですが、流石に取り締まりの対象になるので我慢ですね(^^)

 

 

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

DトラッカーX 冷却水漏れです!!

  

久しぶりの更新がトラブルネタです。

早く気兼ねなく出かけられるようになると良いですね~。

 

で、本題ですが。

そろそろ前回のオイル交換から3,000km以上走ったので、そろそろオイル交換かなぁ~~

と思いつつDトラを止めていた下を見ると

Img_0100

あっ、冷却水が漏れてる・・・

 

出勤前だったので見ないふりをしたまま出かけ、夜帰宅してからリザーバータンクを確認すると、何と空っぽ。

Img_0093

この時点では、リザーバータンクに細かいクラックが入っていたから、そこから漏れたんだろうな~

と対処法を考えつつ冷却水を継ぎ足して、翌朝明るくなってから再度確認すればいいと、先ずはオイル交換を済ませてしまいましょう。

Img_0094

 

バラしついでにプレクサスで拭き拭き。

Img_0096

こうして掃除をしながら各部をチェック。

最近ちゃんとメンテしてなかったので、良い機会になりました。

 

そして今回はエレメントも交換。

いつもべスラのエレメントが安いので好んで買ってます。

品番 SP-1005 が500円程で買えます。

Img_0091

あのエレメントの奥に付いてるスプリング。

ポロポロ落ちてイライラしませんか?

そんな時にはスプリングの奥になる側の1周目だけをラジオペンチ等でグイっと広げて落ちないようにすれば解決です。

 

オイルはいつも川崎純正ヴァンヴェール冴強を使ってます。

Img_0092

以前試しに冬だから柔らかめの冴速を入れてみたり、冴強と同じ粘度のカストロール等に浮気してみたんですが、結局冴強がシフトチェンジのフィーリングがスムーズで長期間その感触を維持できるので、かれこれ・・え~~と2006年からだから・・・・・15年も使ってます。

 

購入はいつも最安値の はとや でまとめ買いです。

                 ↑ クリック

 

ちなみにオイル注入量ですが、ドレンボルトを外し、サイドスタンド側に傾けながら抜いて「ポタポタ」になったら1度スタンドと反対側に大きく傾け、またスタンド側に戻すとオイルが「タラ―」っと出るので、そのしずくが切れた時点で1ℓピッタリ。

エレメント交換した上に上記の左右かたむけを数回繰り返すと、約1,1ℓです。

一応ブレーキペダル側の窓から交換終了後に1度エンジンをかけてオイルをエンジン内部に回してからエンジンストップし、オイルパンにオイルが落ちる数分後にもう1度量を確認すれば完璧。

 

そしてバレンタインデーの朝、冷却水漏れを確認すると、どうやらアッパーホースの付け根からのよう。

Img_0099

早速ナップスへ行き、部品を注文するも、パーツセンターに在庫無しなのでメーカーから取り寄せになり、いつ入荷するかわからないとの回答。

しかし無きゃ困るので待ちますよぉ~。

こんな事なら先代のKLXのヤツのをとっておけば良かった~

と後の祭り・・・・・・・

 

絶版車だから今のうちに必要な消耗品を買いだめしておかないと入手困難になりそうな気配。

手に入るうちにヤレタ外装一式買っておこうかなと思うウィリーでした。

 

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »