« 全館空調(スマートブリーズプラスⅡ 東芝床置き)の暖房時の乾燥 | トップページ | チンニング(懸垂)バーの取り付け »

2019年12月29日 (日)

全館空調の電気代、12月の末になって一変!&家の3ヶ月点検

 

12月の請求が来ました。

 

買電

883Kw 21,162円

 

売電

242Kw 5,808円

 

差引

15,354円

 

ココの所、外気温が低くなった為に全館空調の稼働率が高くなって室内の空気が乾燥し始めました。

外も乾燥してるんでしょうね。

家全体で加湿器2台フル稼働で対応して、ようやく湿度40%台。

この程度の湿度だと、まったく窓ガラスが結露しないので、まあOKでしょう。

ちょっと1月、2月の電気代が心配ですけどね。

 

 

あと三井ホームのサービスの方が3ヶ月点検に来ました。

主に屋根裏や床下の配管の水漏れが無いか見て、他に玄関のたたきのタイルが変色してしまった場所の洗浄とトイレの廻り縁の浮き上がりの補修をしていってくれました。

3ヶ月点検を依頼する前に隅々までチェックした方が良いですね。

他に不具合があったら家自体の伸縮が落ち着いた2年目の点検に来た時点で修理してもらうつもりです。

 

そして点検が終わった翌週、玄関ポーチの外灯のLEDが切れたようで、再び連絡。

年内の対応は難しいかと思われましたが、電気設備屋さんが来てチェックし、後日代わりの電球が届きました。

あまりに早く切れたので、メーカーが検証する為に電球を送り返します。

これで電球自体の改良がされる事と思います。

 

全館空調の電気代、12月の末になって一変!&家の3ヶ月点検

 

|

« 全館空調(スマートブリーズプラスⅡ 東芝床置き)の暖房時の乾燥 | トップページ | チンニング(懸垂)バーの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全館空調(スマートブリーズプラスⅡ 東芝床置き)の暖房時の乾燥 | トップページ | チンニング(懸垂)バーの取り付け »