« KLX&DトラッカーXファイナル | トップページ | 千葉鋸山ツーリング »

2016年4月24日 (日)

BEETのインジェクターに交換

 

先日FMF Q4に変えてから、スロットル極少開時に息付きをする対策として、燃料増量に踏み切りました。

明らかに燃料が足りてない症状で、シフトダウンをして減速をし、スロットルを「ジワ~」っと開けると、必ず毎回息つきを起こし、場合によってはエンストする始末。

ノーマルマフラーの時からその症状があったので、アイドリング時の燃料をだいぶ絞っている印象です。

こんなんじゃ交差点やコーナーを曲がる度に半クラで回転を上げながら立ち上がらなければいけません。

そこで今回約15000円を投資し、BEETの燃料増量インジェクターを買った訳です。

 

では先ずシュラウド&サイドカバー左右とシートを外します。

20160401_145951

そしてタンクをずらし、このカプラーを抜き

20160422_175748

タンクから出てる2本のホースを抜き

20160422_152346

この写真の赤いストッパーを浮き上がらせて、下写真の様にフューエルホースを抜きます

20160422_175832

最初恐る恐る引っこ抜いたんですが、ポンプが作動していなければ、ガソリンが出てくる事は無いようです。

ただホースの中に残っている分がチョビっと漏れます。

 

しか~し、ここまでは順調だったんですが、2つ上の写真のインジェクターを止めてるボルトが異常なトルクで締まってるんです。

KLX&Dトラを弄ってる方なら

 

「あ~~、ここもね」

 

見たいな感じですよね?(笑)

 

 

ストレートのドライバーじゃアクセスできないし、スタッビ(短いドライバー)じゃ力が入らないし・・・こりゃホームセンター行きだな┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

そんでこんな感じの物を入手し

78129

フルパワーで押し付けながら徐々に力を・・・く・わ・え・・・うぬぬ・・・

 

グリッ・・・・

 

結局なめたのでした(苦笑)

 

しばらく途方にくれた後、糸ノコと鉄やすりを駆使し、マイナスの溝を作り

20160422_180956

またまたフルパワーで押さえつけながら回転すると・・・

 

「パキッ!」

 

っという音と共に回りましたよ~~!!♪♪♪

 

あ、折れたと思って期待してたでしょ(笑)

 

 

外れたインジェクターです

20160422_182027

これを更に2分割し、新旧並べてみました。

20160422_182200

インジェクターの両側に付いているパッキン(Oリング)を移植するのをお忘れなく。

 

フジさんからの情報で、左側の黒いパッキンを入れ忘れると、アイドリングが2000rpmから下がらなくなるそうです。

フジさん、ご報告ありがとうございました!!

 

見た目は変わらず、燃料を噴射する穴の数だけが違います。

20160422_225956

これはノーマルで、BEETの方は撮り忘れました(^-^;

 

あとはサクサクっと元に戻すだけですが、気を付けなきゃいけないのが、この赤いストッパー。

20160422_212035

この様に完全に外さずに抜けば「パチン」とはめるだけですが、完全に外してしまうと入れるのが結構大変です。

もし外してしまってはまらない人用にストッパーの写真を上げときます。

20160422_175909

この形状を記憶して、はまる♀側と見比べると、どういう風にロックできるかが分かるはずです。

ちょっとしたパズルのようでしたが(笑)

 

 

そうこうしているうちに日が暮れてしまいましたが、どうしても試乗したくて小雨降る中出発。

するとどうでしょう・・・

いままでエンストしやすかったスタート時のトルクが上がっていて、クラッチを繋いだだけでトコトコ走り出す勢いです!!

何だか気持ち音も静かになったような気もします。

エンジンが温まるまでしばらくおとなしく走り、温まったのを確認してからMAX近くの1万回転まで回してみましたが、ウルトラスムーズです。

ぶん回すとFI(フューエルインジェクション)化されてからのパワーダウンを感じますね。

それでも超超乗り易くなったのでバッチリOK牧場です。

 

サイレンサーを変えて乗りづらく感じている方には間違い無くお勧めできます。

 

今後何か異変が合った場合は、直ぐにこちらで報告させていただきます。

 

|

« KLX&DトラッカーXファイナル | トップページ | 千葉鋸山ツーリング »

コメント

KLX/DトラX のインジェクター交換の記事

非常に参考になりました。
ありがとうございました。
早速自分もやってみようと思います。

これからも時々覗こうかと思います。
またよろしくお願いいたします。

投稿: すばる海苔 | 2016年8月23日 (火) 10時44分

すばる海苔さん、初めまして。
コメントありがとうございます。
是非試してみてください。
まだ若干息つきする時はありますが、かなり乗りやすくなりましたよ。
更新頻度が低いブログですが、暇な時にでも覗いてみてくださいね〜〜

投稿: ウィリー | 2016年8月23日 (火) 15時30分

 はじめまして。今月2014年式klx250 FMF Q4取付車両を購入し、エンストに悩まされて調べていた所、ウィリーさんのブログにたどり着きました。
 アイドリングの回転数に落ち着こうとする時に度々エンストします。ウィリーさんがお使いになった物はbeetインジェクター品番B6-0679-K97-00という部品でしょうか?エンストがおさまるなら私も取り付けしようと思っているのですが、エンスト自体はどんな感じになっていますか?
 ウィリーさんのブログを見つけるまでは、アクセルの遊びを無くして調整し、アイドリング回転数を上げて対策しようかと思っていました。

投稿: もみー | 2016年9月29日 (木) 17時46分

もみーさん、初めまして。
品番を確認した所、頭のB6は確認できませんでしたが0679-K97-00で間違い無いようです。
BEETのHP
http://www.beet.co.jp/kawasaki/klx250/

コレに変えてからエンストとは無縁になりました。
が、ごく稀に息つきの症状は出ます。
ホント、普通に走れないだけでイライラしますよね。

最近、エアクリーナーのダクトをKLX250Rの物に変えて、吸入量を増やしましたが、更に調子が良くなってます。

初めはインジェクションコントローラーも買わなきゃ駄目かな?と思っていましたが、燃料増量インジェクターだけでエンスト症状が治まったので結果オーライでした(^^)

しかし燃料増量したせいか、気持ちよく回せるようになったせいか、燃費はキャブ時代の車体と変わらなくなってしまいました;^_^A

投稿: ウィリー | 2016年9月29日 (木) 20時43分

 うぃりーさん。早速のお返事ありがとうございます。
 信号待ちの度にエンストの対応を強いられていたので、あのストレスが無くなるかもしれないと知ると今すぐ仕事を放り出して取り付けしたい位です。
 インジェクター取り付けのブログを見せて頂いた時に、付けるならエアクリのフィルターかダクトを加工しようかと考えていたので、klx250Rのダクトで対応できると教えて頂き、重ねて助かりました。
 明日帰宅次第部品を注文して、ブログを参考にさせていただきながら取り付けしてみようと思います。本当にありがとうございました。

投稿: もみー | 2016年9月29日 (木) 21時28分

記事にも書きましたが、インジェクターを固定しているボルトが異常なトルクで締まっているので苦労するとは思いますが、頑張ってみてください。
きっと楽しいバイクに変身すると思いますよ〜♪

投稿: ウィリー | 2016年9月29日 (木) 22時11分

 ウィリーさん。先日はインジェクター交換のアドバイスありがとうございます。
 昨日インジェクターとエアダクトが届き、本日取り付けしました。
 ウィリーさんのブログに書いてある通りアイドリングが力強くなり、1時間ほど試乗した所エンストは一度もせず、すごい吸気音で気持ちよく回るエンジンに生まれ変わり、明日のツーリングが楽しみです(*´∀`*)
 エンジンが落ち着いた時のアイドリングが700~800rpmだったのに対し交換後は1400~1500rpmでエンストする気配すらありません。
 交換時にホース側を確認したところ、インジェクターと接続する部分に7ミリ位の白い消しゴムカスのような不純物も発見、取り除けてとても有意義なチューニングとなりました。
 長々とすいません。klx250の記事も合わせて拝見させて頂いております。今後の更新、楽しみにしています。ありがとうございました。

投稿: もみー | 2016年10月 3日 (月) 21時27分

もみーさん、良かったですね‼️
少しでもご協力できて、こちらとしても嬉しい限りです♪
こうした喜びのコメントを頂けるとブログを続ける糧になります。
今後も頑張りまっす❗️

投稿: ウィリー | 2016年10月 3日 (月) 22時39分

インジェクターを交換したら、アイドリング上がりアイドルスクリュー?を回しても2000以下になりません。
原因はなんでしょうか?

投稿: ごま | 2016年12月19日 (月) 00時02分

エンジンが温まっても下がらないのでしょうか?
寒くなってからはエンジン始動時に約2,000回転で徐々に回転が下がっていき、走行15分後にはツマミで設定した約1,200回転に落ち着きます。
すみませんが現時点で原因はわかりかねます。

投稿: ウィリー | 2016年12月19日 (月) 00時41分

上のごまさんと全く同じ症状(アイドリングが2000rpm以下にさがらない)になりました。
よく違いを見てみると、純正インジェクターの黒いパッキンが大容量インジェクターに付けるのを忘れていただけでした。
取り付け後は、かなりトルクが増えて、運転しやすくなりました。

投稿: フジ | 2017年3月23日 (木) 15時10分

記事の新旧インジェクターを並べた写真の左側の黒いパッキンですね。
その辺の説明が足りませんでしたね。
追記しておきます。
貴重な情報ありがとうごさいましたm(_ _)m

投稿: ウィリー | 2017年3月23日 (木) 22時27分

当記事を参考にBEET ビッグインジェクターとKLX250R用エアダクトを組み込みました。
結果、これが純正セッティングかのようにエンストや低回転での息継ぎ症状がなくなりました。情報の詳細な公開、本当にありがとうございました。

ちなみに、インジェクターを固定している+ネジですが、ラスペネをかけて5分放置+ナローラチェットレンチですぐに外れてくれました!浸透潤滑剤ホントおススメです!

投稿: | 2017年11月10日 (金) 15時59分

報告ありがとうございます‼️
あのイライラから解放されて良かったですね(^^)

ラスペネでググってみたらワコーズの製品なんですね。
ウィリーは昔ながらのCRC556をいまだに使ってますが、ラスペネ買います(笑)

投稿: ウィリー | 2017年11月10日 (金) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KLX&DトラッカーXファイナル | トップページ | 千葉鋸山ツーリング »