« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月 9日 (日)

DトラッカーXのブレーキローターに交換してみました

 

これまで Z-WHEEL(ズィーウィール) ジグラムローター を使っていたんですが、雨の日にけたたましい「プアァァァ~~~~ン」って摩擦音が出るようになった為「やっぱし純正品だな」とDトラXのローターを買いました。

001

Xのは外径が300φになる為、キャリパーを外に逃がさないといけないので、K&Tのサポートも購入。

 

K&Tでセットも出てるんですが、今回はサポートだけが手に入ったので、ローターはナップスにて品番購入。

002_2

品番の41080-0187-11I ←確かこの最後の文字はアルファベットのi(アイ)だったはずです。注文時に確認して下さい。

 

※ブレーキは直接命にかかわる重要なパーツなので、作業は細心の注意を払って自己責任でお願い致します。

あとこのローター装着の際、ノーマルのブレーキホースだと届かないと思われるので、ブレーキホースやブレーキオイルなどの購入品が増えるのをお忘れなく。

 

こちらに関連商品のリンクを貼っておきます→K&T

 

 

先ずはキャリパーを外し、それからホイールを外すんですが、メーターセンサーの共廻りするのを忘れててメーターケーブルをネジ切りそうになりました。ご注意を。

 

サポート&キャリパー仮止めの図
004

 

ディスクローターのボルトはL字型のヘキサゴンレンチはやめて、ラチェットタイプの物を使わないとナメてしまう恐れあり。

003

 

いよいよ主役の登場

007

ジグラムローターと重ねてみます

006

うおぉ~~~!デカい!!

 

こりゃ制動力を期待させますなぁ~(^^)

因みに新品状態の厚みは約4mm。

 

脱脂しましょう

008

 

そしてまたスピードメーターセンサーの切り欠きとフォークとの凹凸を合わせるのを忘れずにホイール装着。

失敗するとこうなります。

マグネットスピードセンサーの破損

009

 

こんな注意書きが入っていたので、指示通りにキャリパー&サポートを前に押す感じで本締め。

010

後はアタリが出るまでしばらく乗るしかないっすね。

どう変わったかは、後日追記と言う事で・・・

 

【2014’12月5日追記】

装着から150km程走りまして、かなり効きも良くコントローラブルなので気に入りました。

ノーマルと同じ強さでレバーを握るとフロントフォークがフルボトムするくらいです。

かと言ってダートで効き過ぎて怖い事も無さそうです。

こりゃお勧めできます(^^)

 

| | コメント (7)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »