« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月25日 (日)

結局GP-110

 

先日の大名栗林道での走りが危険だった為、急遽リアタイヤのみ交換しました。

結局GP-22は、粘って5000km使いましたが、断面はこんな状態。

002

だいたい3000kmほどで林道では使えなくなるので、こんな非経済なタイヤは貧乏人には厳しいです。

 

そんなこんなで結局元のGP-110復活です。

タイヤ交換の手順、GP-110のインプレはこちら

004

サイズは120/80-18

このタイヤなら10000kmは持つし、林道や雪道&凍結路もそつなくこなしてくれるので、ウィリーの普段使いにピッタシ。

今回気まぐれで違うタイヤに換えてハッキリしました。

 

んで愚息のチャリンコを新調したついでに買った空気入れで圧調整。

003

やはりお高めの空気入れはポンピングが楽チンです♪

 

| | コメント (2)

2014年5月17日 (土)

筑波サーキットEVタイムアタック

 

ちょいQ太郎さんのお誘いで、JOPCメンバーがPHEVでタイムアタックをすると言うので、撮影隊として参加してきました。

 

早朝の枠だったので自宅をAM1:00に出発。

現地近くで車中泊をし、6時前に筑波に着いたら自分がビリでした。

皆さん早っ!

20140517_054341

着いて早々にコースの下見

20140517_055557

普段は歩けないコース上を1周。

その後撮影隊はコースの見どころ数ヶ所にビデオカメラを設置。

関係者しか入れない場所を案内して頂き得した気分です。

20140517_062712

ここは第2ヘアピンなんですが、プレス用のスペースなのでアングルはバッチシ

 

ウィリーが担当するのは最終コーナーからメインストレート。

20140517_061826

 

先ずはコースを走る為の勉強会

019

 

いよいよ実走行です。

撮影隊も緊張してます。

走行時間枠は20分で約10周できるはず。

録画するのに集中し、マイカメラを手にしたのは残り2周のところ。

まずまず上手くいった中の2枚だけUPします。

025

027

結果PHEVの中での最速タイムは、クルミ屋さんが叩きだした

 

1’21’519でした!!

 

3位まで表彰されました。

おめでとうございます!

097

ちょいQ太郎さんをはじめ、皆様お疲れ様でした。

 

 

| | コメント (4)

2014年5月 5日 (月)

大名栗林道2014’

 

ひっさしぶりにカンちゃん兄、カンちゃんと林道に行ってきました。

1455imgp5391

過去のレポートを見たら、ココに来るのは5年振り。

しかし大松閣側の入り口は全く変わっていません。

変わっていたのは舗装の距離。

1kmは伸びていますね。

1455imgp5405

5年で1kmなら当分大丈夫か?←何てね(^^ゞ

 

特に崩落も無く、多少ガレ気味の場所がありますが、問題無く通過できます。

問題はウィリーのリアタイヤ

008

全くグリップせず、コケなかったのが奇跡・・・・・かな

 

それに引き換えカン兄ちゃんはトラタイヤに履き換え準備万端。

1455imgp5413

入り口で空気圧も落とし完璧。

相当良いみたいです。

 

今回カンちゃんがバーナーを持ってきて、コーヒーを振舞ってくれました。

009

何故か不安定な崖っぷちで湯を沸かすカンちゃん。

静まり返った山奥での一杯は最高の味でした♪

花見もできたし。

004

 

その後、有間峠に向かって標高を上げるにつれ寒くなり、なんと残雪!

010

 

有間峠に着きましたが、さくら湖側の道は通行止め。

 

1455imgp5422

 

どういう訳か5年前は閉鎖されていた支線が通行可能に

 

014

 

わくわくしながら突入しましたが、2km程でしょうか・・・

 

015

 

あっけなく行き止まり・・・

 

帰りに名栗湖で一服し

20140505_111750

青梅IC近くのジョイフル(ファミレス)でランチをし

016

特盛り焼肉丼580円(税抜き)を食べ

そそくさと家路へ

 

自宅に到着した瞬間、雨が降ってきました。

ギリギリセ~~~フ!!(^-^)v

 

あ、そう言えば出発前に一服しようと家の外に出た時、久しぶりに大きな地震がありまして

 

震源がこれから行く所の近くだったらどうしよう?

 

とか

 

崖が崩落しやすくなってないか?

 

とかビビっていたのはココだけの話(^_^;)

 

| | コメント (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »