« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月11日 (月)

林道土肥中央線

 

も~~~~~~ホントひっさしぶりにカンちゃんとツーリングです。

今回の行先は初の伊豆半島。

若い頃はしょっちゅう行ってた場所なんですけどね。

 

待ち合わせは、ゆっくり目の7時にしたんですが、久しぶりのせいか寒さが身にしみる・・・

そんな寒さに耐えつつ最初の休憩場所の西湘PA。

006

確か自宅を出発した時の気温は1℃か2℃だったんですが、このくらいお日様が高くなると暖かく感じますね~♪

 

そこから箱根新道で箱根峠~十国峠を経て熱海峠の伊豆スカイライン入口に到着。

010_2

山の上は雪が残ってて気温はマイナス2℃。

濡れた路面が怖いっす。

 

途中見晴らしの良い所で記念撮影。

015

フェイスマスクにグラサンの怪しい2人。        相模湾側

 

伊豆スカイラインって、亀石峠まで二輪車250円なんですが、この道お金を払う価値大ありですねぇ~。

伊豆半島の中心の山の尾根伝いに走るので、相模湾、駿河湾が交互に見渡せて気分最高!!(≧∇≦)♪

 

そしていよいよ林道の入り口が近くなってまいりました。

021_2

林道に入る前には必ずコーヒー等を買い、見晴らしが良い所で休憩するのが楽しみ。

この土産物屋の裏に何やら怪しい道が・・・

022

気になりますが私道っぽいので止めときます。

 

何度か間違えながら、ほどなくして入口に到着。

024

まずは左から攻めてみますが、行きつく先は・・・

025

工事用の道みたい・・・

いそいそと林道土肥中央線の入り口まで戻り、って言ってもこちらが終点です。

026

舗装林道と聞いていましたが、久しぶりなので少々緊張してます(^^ゞ

入ってみると小規模崩落の嵐

034

035

036

かなりの枚数撮ったんですが、手ぶれしまくりで没。

 

道中小高い丘を発見し、先ほど買ったコーヒーで一服。

038

鳥の鳴き声や野生動物の足音しか聞こえない静かな場所です。

そして見晴らしも最高?

043

 

まあこちら側が開けてるので良しとしましょう。

Photo

しか~~~し、ちょっと先へ移動したら、こんな場所が(^^)

050

 

で、しばし相変わらず小規模崩落だらけの舗装路を走り、日蔭の凍結路でひと転びし(^^ゞ

林道上池線らしき分岐を発見。

051

入るなり目に飛び込んできた物は・・・

052

どっから落ちてきたんだ?

それとも人為的??

 

左の斜面を勢い良く乗り越え、一息つく間もなく

「なにっ!!」Σ( ̄ロ ̄lll)

053

先が思いやられるなぁ。

054

とか思いながらニヤケ顔( ̄ー ̄)

 

ですがその先は・・・

055

何だか工事中の斜面に行きあたりました。

これ、上池線じゃないですよね?←伊豆の林道に詳しい方

 

振り返ると富士山が。

056

と、ここでタイムアップ(ギブアップ?)

そろそろ沼津へ昼飯に食いに行かなきゃ。

 

走る事1時間ちょい。

到着した今回の目的店は!

沼津市西沢田のR1沿いにあるたぬき と言う定食屋。

059

交差点の角にあるのですぐ分ると思います。

「ここの天丼は凄いっ!」と聞いたので、こりゃ食してみないとと思った訳でありんす。

 

入口で食券を買うシステムなんですが、不安に思って店のおばちゃんに「大盛りってどれ位の量ですか?」と聞いた所。

「何にするの?」

と聞いてくるので。

「上天丼」

と言ったら。

「上天丼だったら普通盛りにしておいた方が良いよぉ~~」

とマジ顔。

大盛りの場合は「大盛り100円」って食券を買えば、もれなく1.5倍の増量らしいです。

 

まずは、カンちゃんが頼んだ鉄火丼が到着。

060

確かビントロで500円。

これの盛りは普通で、カンちゃんはこの後かけうどんを追加してました。

 

そしてメインの上天丼登場。

061

上の鉄火丼と乗ってるお盆は同じなので大きさが分かると思います。

これで850円は破格。

 

横に天ぷらエスケープ用のお皿があるので、中身を確認したところ

エビ天2本、カレイ2切、アジ1切、アナゴ1匹、ホタテ1、ニンジンのかき揚げ1

と凄いボリューム。

062

横から見てもインパクト大。

カウンター内のおばちゃんと

「普通盛りにしていておいた方が良いよぉ~~の意味が分かりましたよ」とか雑談しながら完食。

065

味も雰囲気も良かったので、また行きたいと思います。

でもやっぱし天ぷらのメガ盛りはヘビーなので、今度から天丼系は気を付けなきゃ(;^_^A

 

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »