« デルタバレル4の音 | トップページ | 越路林道 »

2012年1月 4日 (水)

クーラントリザーバータンク移設

 

以前からやろうと思っていたクーラントリザーバータンクの移設をしました。

まずシュラウド、サイドカバー、シート、リザーバータンクを外します。

純正のリザーバータンクは前にコケて割ってしまっているので、ダイソー100円タンクに換えてあります。

リザーバータンクの交換はこちらをクリック

001

リザーバータンクからホースを抜き取り、移設場所のラジエターシュラウドの左側に出します。

002

手持ちのこんなステーがあったので、燃料タンクのボルトに共締め。

004

ここで注意点が1つ

燃料タンクのボルトはステーを噛ませると長さが足りなくなるので、下写真のように、ほんのちょっと(5mm程)長い物を用意した方が良いです。

長すぎても奥がつかえて締め込めません。

005_2

ホースを程良い長さで切り、仮止めして位置決め。

009

切ったホースはオーバーフロー用ホースとして再利用。

ウィリーは、このような取り回しでアンダーガードまでもっていきました。

010_2

クーラント液は塗装を侵すので、こぼれたら水洗いしておいた方が良いですよ。

そしてシュラウドを元に戻す。

011

012

ちょっと目立ちますが、元あった後ろはスッキリしました♪

 

2015’1月 クラックが入りました。

自作クーラントリザーバータンク破損

 

|

« デルタバレル4の音 | トップページ | 越路林道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デルタバレル4の音 | トップページ | 越路林道 »