« KOSOグリップヒーター取り付け | トップページ | ラフ&ロード ハーフフェイスマスク »

2012年1月20日 (金)

キャブウォーマーを外してから初めての不調

 

今朝横浜も雪が降り、とても寒かった通勤途中にアイドリングしなくなるトラブル発生。

停車するとエンストし「なんで?なんで?」と思って、真っ先に思い浮かんだのがキャブウォーマーを外した事。

確かキャブを温めてガソリンを気化しやすくする為の物でしたよね?

これがアイシングってやつなのかな?

症状は走行中アクセル全閉にしたとたんエンストし、止まる前にアクセルを開けると押し掛けの様な状態になり、カブりながら吹け上がる感じ。

回転が上がると全く普通に走行します。

 

しかしツーリングで今日より寒い所に行っても何ともなかったのに何なんでしょうね?

帰りにも症状が出たんですけど、チョークを引くとアイドリングしてました。

なので明朝パイロットスクリューを少し濃いめに調整してみます。

 

チョークを引くと単純に回転が上がるので、エンストしないで済んでいたようです。

考えてみるとパイロットスクリューを弄ると、晴れた日に濃くなってしまいますね(^-^;

 

調べてみると、気温が低い雨や雪の湿度が高い時に、ガソリンと一緒に冷たい湿った空気を吸い込んで一時的にその水分が凍った為に出る症状のようです。

その条件が揃っていたので不調になったのね。納得納得。

KLXのノーマルキャブ(CVK)はワイヤー2本引きだし、スロットルはバタフライ式なので、スロットルが凍り付いて全開のまま戻らない何てことは無さそうなので楽観してます。

 

|

« KOSOグリップヒーター取り付け | トップページ | ラフ&ロード ハーフフェイスマスク »

コメント

こんにちは。

昨日は関東も積雪があって寒そうですね
エンジンの不調?はキャブのオーバークールなんでしょうか?

でも山の中の方が街中より気温は低いはずやのにね。
キャブセッティングで解消すれば良いですね。
以後レポート楽しみにしてます。

投稿: chiharu | 2012年1月21日 (土) 10時01分

こんばんは。

結局出勤前に弄る事はできなかったんですが、今日は水温さえ上がっていれば普通にアイドリングしてました。
明日こそセッティングして走ってみたいと思います。

投稿: ウィリー | 2012年1月21日 (土) 23時25分

キャブアイシングは、冬より夏に多いですよ。夏は空気中の水分の含有量(湿気)が多い為、燃料が気化する時の気化熱により凍ります。冬にエンジンが止まる原因のトップは、キャブレター自体が冷えてしまって燃料が気化しないためで、アイシングではないと思います。キャブヒーターがあるようでしたら、使ったほうがエンジンには優しいと思います。

投稿: メカニック | 2012年1月23日 (月) 22時06分

メカニックさん、はじめまして。

ご丁寧な説明ありがとうございます。
あまり頻繁に出るようになったら元に戻しますが、少なくとも1年は、この状態で調査したいと思ってます。

また問題があったら追記します。

投稿: ウィリー | 2012年1月23日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KOSOグリップヒーター取り付け | トップページ | ラフ&ロード ハーフフェイスマスク »