« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月23日 (月)

ラフ&ロード ハーフフェイスマスク

 

冬場の通勤には、いつもメガネとマスクをしてジェットヘルを被っています。

しかしメガネとマスクの組み合わせってメガネが曇ってどうしようもないですよね。

なので防寒対策でこれを愛用してたんですが

51ch7uaqrql__ss500_

結構良いお値段するんです。

 

そこで欲しくなったのがネオプレーンのフェイスマスク。

散々調べて決めたのが、やっぱしラフロの物。

31limhjeosl__ss500_

ハーフフェイスマスク ブラック 1630円

メガネが曇りにくいって謳い文句の代物です。

しか~~~し装着してみると、思いっきり曇る・・・(ノ_≦。)

曇る原因は目の下の鼻の両脇に隙間がある為なので、その隙間さえ何とかすれば使い物になります。

 

では早速対策方法に移ります。

ホームセンターで0.5mm厚のアルミ板を買い、金バサミで10cm×1cm程に切り取り、鼻の部分にコレで

003

貼り付けました。

それがコレです(2つ折りにして重しをし、12時間程放置)

001

アルミ地のままだと目立ち過ぎるので、黒のカッティングシートをペタペタ。

完成!

005

本日帰宅の時に思いっきりみぞれに降られる、おあつらえ向きのコンディションの中でもメガネは曇りませんでした。

だけど流石にみぞれ混じりの雨だったのでシールドは曇りました・・・

(苦笑)

 

雨や雪さえ降ってなければバッチシですよv( ̄ー ̄)v

 

| | コメント (2)

2012年1月20日 (金)

キャブウォーマーを外してから初めての不調

 

今朝横浜も雪が降り、とても寒かった通勤途中にアイドリングしなくなるトラブル発生。

停車するとエンストし「なんで?なんで?」と思って、真っ先に思い浮かんだのがキャブウォーマーを外した事。

確かキャブを温めてガソリンを気化しやすくする為の物でしたよね?

これがアイシングってやつなのかな?

症状は走行中アクセル全閉にしたとたんエンストし、止まる前にアクセルを開けると押し掛けの様な状態になり、カブりながら吹け上がる感じ。

回転が上がると全く普通に走行します。

 

しかしツーリングで今日より寒い所に行っても何ともなかったのに何なんでしょうね?

帰りにも症状が出たんですけど、チョークを引くとアイドリングしてました。

なので明朝パイロットスクリューを少し濃いめに調整してみます。

 

チョークを引くと単純に回転が上がるので、エンストしないで済んでいたようです。

考えてみるとパイロットスクリューを弄ると、晴れた日に濃くなってしまいますね(^-^;

 

調べてみると、気温が低い雨や雪の湿度が高い時に、ガソリンと一緒に冷たい湿った空気を吸い込んで一時的にその水分が凍った為に出る症状のようです。

その条件が揃っていたので不調になったのね。納得納得。

KLXのノーマルキャブ(CVK)はワイヤー2本引きだし、スロットルはバタフライ式なので、スロットルが凍り付いて全開のまま戻らない何てことは無さそうなので楽観してます。

 

| | コメント (4)

2012年1月15日 (日)

KOSOグリップヒーター取り付け

 

今まで取り付けるのを躊躇していたグリップヒーターを寒さに耐えきれず購入しました。

チョイスしたのはKOSOのグリップヒーター120mmです。

KOSOってメーカーは確か台湾ですが、グランドアクシスに乗っている時、KOSO製の駆動系パーツを使っていたので何の抵抗も無く購入に踏み切った次第です。

ウェイトローラーの耐久性は??でしたけどね(^^ゞ

 

そして先日届きまして

003

今朝取り付けました。

ちなみにヤフオクなら5000円で購入できます。

 

では作業に入ります。

※ウィリーのKLXはあちこち弄ってしまっているので、ノーマル状態の方の参考になるか分かりませんがご了承願います。

あと、作業は自己責任でお願いします。

まずヘッドライト回りをばらし、アクセル側に来ている配線の束の被覆を剥き、その中から茶色の線を見つけ、エレクトロタップでグリップヒーターの電源となる赤線を結合します。

004

配線はそのままだとこんなに長いので

006

被覆を剥き・・・

008

途中で切断してショートカット

009

結線したら全部つないで通電テスト。

エレクトロタップって時々接触不良をおこしますからね。

そして車体側の剥いたハーネスごとビニールテープでグルグル巻きにして一応保護しておきましょう。

010

アースはここから取りました

012
 

配線が終わったらグリップの交換です。

引っこ抜くのは、このような細めのドライバーを出来るだけ奥の方へ突っ込み、その隙間からCRCを吹き込んでグリグリしながら抜けば楽勝。

005

そしたら脱脂し・・・

011

グリップヒーターを押し込みます。

(ハンドルバーもスロットルも換えてしまっていて、ノーマルはどうなっていたか忘れてしまいました)

※グリップを押し込む前にもう一度配線の取り回しを確認して下さい。奥まで入れてしまってからだと後悔しますよ~。

 

アクセル側の内径はピッタリで多少の抵抗はあったものの苦労も無く装着できましたが、左側が結構きつく、石鹸水を塗り、両手で体重かけて

「ぬおお~~~っ!!」

ってグリグリしてもやっとココまで(;´д`)トホホ…

014

しかも既に抜けなくなってて後戻りもできないし、グリップ自体に柔軟性も無いので、ドライバーを突っ込んでCRCの手も使えず、しばし途方に暮れる・・・

                    ・

                    ・

                    ・

                    ・

                    ・

両腕の力が回復してきた所でリベンジ。

最後の力を振り絞って

「ぬおおぉ~~~~~~~~~っ!!」

015

「はっ、入ったっ!!」( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

絶対明日筋肉痛だ・・・

 

後はスイッチの位置決めし、付属のバークランプを取り付け両面テープで固定。

017

暖かさを5段階に調整できます。

スイッチを押してから5秒後に一瞬ランプが消えますが、その時にその段階(動画では3)がメモリーされ、次に電源を入れた時にメモリーされた段階からスタートします。

配線の取り回しはこんな感じにしました。

020

021

極寒地へ行くのが楽しみになってきました♪

あと元々のグリップよりも4mmほど太くなりましたが、太めのグリップが好みなので得に気になる程でもないですね。

 

| | コメント (8)

2012年1月 8日 (日)

越路林道

 

今年もカンちゃんと一緒に極寒ツーリングに行ってきました。

メインは富士山周辺の予定でしたが、その予定が一発目の越路林道によって砕かれました。

と言うか自分達が挫けました(;´▽`A``

 

AM6:15

まだ真っ暗なうちに自宅をスタート。

カンちゃんとの待ち合わせの某ファミマで日の出を迎える。

001

やっぱしこの時間帯が1番寒い・・・

今日の宮ヶ瀬はマイナス3℃。

ハンドルカバーをしていても指先が凍りつくような寒さです。

 

休み休み林道を目指す事2時間。

ようやく入り口に着きました。

005

いつもココは目的地に着く前の前哨戦のような肩慣らしの場所になってます。

全長も3km程で、体を温めるにはもってこいの道です。

 

入るなり冬定番の凍結路がお出迎え。

011

んでこれまた定番?のカンちゃん転倒(笑)

015_2

路面つるつるで起こすのにも一苦労。

 

次はクレバス地帯。

017

018

と、ココまでは前回来た時とそう変わらず想定内だったんですけど・・・

019

ありゃ???

だいぶ荒れてるじゃないですか。

021

カンちゃんは先に行き、写真を撮りながら後から行くと、何故か沢の先にバイクだけ・・・

027

戻ってきたカンちゃんに様子を聞くと・・・

028_2

「ココ、どうやって抜ける?」と・・・

030_2

この先には・・・

031

最初の深いクレバスから、どこかで助走を付けて一気に木の根っこの左側をパスしなきゃいけない難関。

呼吸を整える為に一服し、何とかコケずに通過。

もうここまででおやぢ達のエネルギーは半分は消費してしまってます。

しかしまだまだ続くクレバス地帯。

034

倒木

036

路面崩壊

037

038

そしてゴールも近づきつつある舗装路で気を抜いていると・・・

凍結路の先に大規模な路面崩壊が!

040

写真の様子から察して下さい・・・

 

そうですラインを見誤りウィリー転倒(苦笑)

しかも溝側にバイクを倒してしまい、ほぼ逆さまに(更に苦笑)

状況が状況だけにカンちゃんも助けに来れずにいたので、何とか火事場の馬鹿力で起こし、脱出。

いやぁ~~、完全に油断してました。

 

ダメージは右ミラーの先が粉々になったのと

044

ビックリだったのがハンドガード(ZETA)の付け根のマウントのネジ山が全てぶっ飛んでいた事。

045

アルミのマウントにステンレスのボルトを付けていたので、アルミ側が負けたんですね。

そのかわりココで衝撃を吸収してくれたお陰で、ハンドルバー(レンサル)は異常なし。

そこまで計算されている(いるのか?)ZETA製品に感謝ですm(_ _)m

 

持つべきものは友ですねぇ。

カンちゃんが針金を持っていたので応急処置をし、目指せ山中湖!

アドレナリンが出ていたのか、もうこの時点でエネルギーの8割は無くなっているのに気づいたのは暫く経ってからでした(^^ゞ

 

今日の山中湖。

048

いつ見ても冬の富士山は美しいですね。

これからあそこを登ります。

 

最近の関東は天気の崩れも無かった為、比較的走り易い

053

と言いつつ、日蔭はご覧の通り。

054

「ガシャッ!!」

「えっ!何っ!!」

と振り向くと、カンちゃん本日2度目の転倒( ´艸`)プププ

 

しっかし寒い!

いかにも寒そうでしょ、この写真。

063

地面にピンが合ってるし・・・

062

越路林道のダメージと寒さと空腹で「飯食って帰ろうか?」と意見が一致し、向かったのが山中湖近くのおおもりってトコ。

そうです。お約束のデカ盛り店です。

074_2

そこでカンちゃんは天ぷらうどん 400円

069

ウィリーはカツ丼 500円

070

カツは会津若松のむらいを思わせる分厚さ。

072

これでこの値段なんて嬉しすぎます♡

ちなみに日曜は丼物しかないそうです。

 

そして疲れ果てたおやぢ2人は東名高速で家路に・・・

 

自宅に着くなり、コケて壊れた部分を補修。

ハンドガードマウントのねじ山は、ほとんど無くなっていたので

076

タップでねじ山を作って元通り。

077

ミラーはこんななので

078

買ってきて先っちょだけを交換。

この部分だけで安く売ってくれないかなぁ~。タナックスさん。

079

| | コメント (2)

2012年1月 4日 (水)

クーラントリザーバータンク移設

 

以前からやろうと思っていたクーラントリザーバータンクの移設をしました。

まずシュラウド、サイドカバー、シート、リザーバータンクを外します。

純正のリザーバータンクは前にコケて割ってしまっているので、ダイソー100円タンクに換えてあります。

リザーバータンクの交換はこちらをクリック

001

リザーバータンクからホースを抜き取り、移設場所のラジエターシュラウドの左側に出します。

002

手持ちのこんなステーがあったので、燃料タンクのボルトに共締め。

004

ここで注意点が1つ

燃料タンクのボルトはステーを噛ませると長さが足りなくなるので、下写真のように、ほんのちょっと(5mm程)長い物を用意した方が良いです。

長すぎても奥がつかえて締め込めません。

005_2

ホースを程良い長さで切り、仮止めして位置決め。

009

切ったホースはオーバーフロー用ホースとして再利用。

ウィリーは、このような取り回しでアンダーガードまでもっていきました。

010_2

クーラント液は塗装を侵すので、こぼれたら水洗いしておいた方が良いですよ。

そしてシュラウドを元に戻す。

011

012

ちょっと目立ちますが、元あった後ろはスッキリしました♪

 

2015’1月 クラックが入りました。

自作クーラントリザーバータンク破損

 

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

デルタバレル4の音

本日時間があったので色々調べ、ココログにyoutubeの動画を貼り付ける事が出来るようになったので、試験的にウィンドウズムービーメーカーで編集をしアップしてみました。

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます!!

017

本年も宜しくお願い致します。

今年こそ何事も無く平穏に過ごせると良いですね。

 

| | コメント (3)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »