« 相模川河川敷 | トップページ | カムチェーンテンショナーの調整 »

2011年11月23日 (水)

ライディングジャケットのベルクロ補修

 

確か2005年頃買ったELFのジャケット。

048

049_2

すっ転んでも破れる事無く、未だに寒風を遮ってくれる大のお気に入りです。

しかし6年も着てるとベルクロのメスがビロンビロンになって付かなくなりました。

ベルクロが駄目になっただけで捨てるのはしのびないのでどうしようか考えていたところ、ある日ふとピラメキました。

そんでユザワヤ(手芸用品店)へ行き、これを調達。

047

そうです。

ベルクロを剥がし、ホックに代えようって魂胆です。

ユザワヤではホックに打ち具や打ち台やハトメ抜きまで入って500円ほどで買えます。

ナイスですね~。

簡単に手順を書いておきます。

先ず写真のホックのセットの他にハンマー、かたい下敷きを用意します。

ウィリーはたまたま使って無いまな板があったので、それを利用しました。

 

まず使い物にならなくなったベルクロテープを剥がし、ホックを付けたい場所をハトメ抜きで穴をあけます。

042


穴が空いたらホックを挟むような形で押さえ、カシメます。

044

たったこれだけで復活!!

045

超簡単な上にベルクロより長持ちしそうです。

ただ1つ注意点があります。

カシメる前にオス、メスをしっかり確認して下さい。

終わったと思ったら1箇所メス、メスの場所があってガックシ_| ̄|○

お気を付けを。

|

« 相模川河川敷 | トップページ | カムチェーンテンショナーの調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相模川河川敷 | トップページ | カムチェーンテンショナーの調整 »