« 本年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 本年1発目!極寒林道ツー!! »

2011年1月 3日 (月)

キャブ(CVK34)の取り外し&セッティング

今日は一人の時間があったのでバイク弄り。

ここんとこアクセルパーシャル状態でしょっちゅう息つきをするようになったのでジェット類の調整をせざるを得なくなりました。

そんなんでついでにキャブの取り外しの手順をアップします。

 

まずはシュラウドやシートを外す。

そんでキャブのガソリン抜きし、タンクとつながっているホースを外す。

002

写真中央のドレンをヘキサゴンレンチで回して抜きますが、ドレンホースの先っちょにペットボトルなどの容器を用意し

003

ドレンを回してガソリン抜き。

きれいな容器を使えば後でタンクに戻せますぞ。

 

反対側にまわりタンクから出てるホースを写真のように引き出す

004

もちろんコックはOFFに。

次にタンクを止めてる3本のボルトを外す。

005

コックを止めてる2本のボルトを外し上に引き抜き

キャブの上にある配線の束をよけておく。

この時点で上蓋を取ればジェットニードルを外すことができます。

006

アクセルワイヤーを止めてるボルト1本を外し写真のようにしておく

009

リアブレーキのリザーバータンクを外し、エアクリーナのダクトにくっ付いてるリングを出来るだけエアクリーナー側に逃がし、ダクトをこのように除ける

※これ重要

010_2

キャブから出ている3本のホースを引き抜き

013

マニホールドからキャブを外し、上に抜く。

014

キャブ底面のボルトを4本外し「パカッ」と開けると

016

ようやくメインジェット(以降MJ)を拝む事ができます。

横っちょの穴の中にパイロット(スロー)ジェット(以降PJ)があります。

しかし、ここで問題発生。

PJを換えるのにマイナスドライバーが必要なのですが、手持ちの工具の中に細いマイナスドライバーが無いっ!!

仕方がないのでダッシュで100円ショップに駆け込み、ドライバーセットを購入。

017

余計な時間を食ってしまいました(^^ゞ

 

気を取り直して上蓋を開けると

018

ジェットニードルが見えます。

ペリペリとゴムを外すとこんな感じ

(このゴム、はめる時が大変。皆はどうしてるのかなぁ??)

019

ノーマルは段数を変えられないので、M3のワッシャーにて個々のバイクの調子に合せてセッティングしましょう♪

020

最初3枚入れて走ってみましたが、回転の上りが重く全くと言って良いほど走らなかったので、元の状態に戻しました。

現在デルタのリストリクター付きスリップオンマフラー&KLX250Rダクト装着でMJ♯125、PJ♯38、ニードルノーマル、パイロットスクリューは締めた状態から2回転戻しがウィリーのKLXではアフターファイヤーも少なく全開時のパワー感や伸びもあり気持ち良い状態。

目安は、時計回りに締め込むと薄くなりアフターファイヤーや息つきが出始め、反時計回りに緩めると濃くなり、停車してしばらく高めの回転で、少し経つと回転が下がる状態は濃過ぎます。

なので、停車して直ぐに規定のアイドリングに落着き、アフターファイヤーが出にくくなる境目がベストです。

キャブセッティングに関しては、車両の状態によって異なるので参考程度に考えて下さいね。

 

 

|

« 本年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 本年1発目!極寒林道ツー!! »

コメント

今年の抱負は、ズバリなんですか?

投稿: 王子の美容院 | 2011年1月21日 (金) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | 本年1発目!極寒林道ツー!! »