« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月20日 (木)

大相撲初観戦

実家のお母ちゃんが「桝席のチケットをゲットしたから一緒に行かない?」とありがたいお誘いがあり、仕事も上司に頼みこんで無理やり13時で切り上げ、行ってきました両国国技館。

こんなチャンス滅多にないですからね。

 

首都高もスイスイで何だかんだ着いたのが15時ちょうど。

029

国技館直近の100円パーキングも、何の問題もなく止められ、拍子抜けするくらい。

番付的にも良い時間かな?

 

中に入り、先ずはチケットにある番号のお茶屋さんに寄り、席に案内してもらいます。

んで、座った所からの土俵はこんな感じ。

268

お茶屋さんに撮影の事とか聞いたら

「なんでもありでございます。」

って言うもんだから、アップしちゃいますよ( ̄ー+ ̄)

(注意されたらすぐに消しますよ~)

054_2

ビビってないでもっと寄っちまいましょう。

081

幕内になると迫力が段違いっす!

163_2

190

210_2 

室内競技をウィリーのしょぼいレンズでは、なかなか上手く撮れませ~~~ん(;一_一)

こういう場面でいつも白いレンズが欲しくなります。

↓こんなやつ

K0000141302

高っけぇから買えないんだけどね・・・・・・

 

あっ!貴ノ花師匠めっけ!

129_2

いよいよ横綱の登場!

192

229

生で見ると、横綱ってやっぱしオーラっつ~か、格が違う空気を感じます。

 

で、肝心な取組中の写真が手ブレの嵐

_| ̄|○ガックシ・・・

260

 

その後お土産を沢山貰い帰宅。

004

これで全部じゃないんですよ。

凄く待遇が良かったのは、お母ちゃんがお茶屋さんに渡した心付けのお蔭なのでしょうか?

とっても気分良く楽しい観戦でした。

| | コメント (2)

2011年1月 9日 (日)

本年1発目!極寒林道ツー!!

今年1発目のツーリングの行先は、何となく道志。

厄年を終えようとしているおやぢ2人が寒さにめげて途中で引き返さないとも限らなかったのでこんな曖昧なスタートになりました。

 

AM 6:00チョイ前

これから日の出を迎えるにあたり、1番気温が下がる時間帯。

我がKLXの水温計は0℃を指している。

しかもちょっと寝過しちゃって、カンちゃんを待たせちゃ悪いから急いでて、朝装着しようと思っていたハンドルカバーも忘れる始末。

だけど先日ラフロでインナーグローブを買って、それを中にはめてるから大丈夫だろうと思っているウィリーだが果たして・・・

 

AM 6:30

待ち合わせ場所のコンビニで一服してる数分の間に、ヘルメットが凍り始めてる。

006

これ見て少し心が折れかける・・・

 

でも天気予報では、日中10℃以上になると言っていたので、それを信じて出発。

しかし僅か30分で手の指、顔の鼻から下、つま先の感覚が無くなり、宮ヶ瀬に着いた頃には

007

今までの最低気温更新だよ。

 

こっから先は東側に山を背負うから、しばらくお陽様も拝めないんよ。

 

路面も融雪剤で凍ってるんだか濡れてるだけなのか分らないし、いつの間にか肩に力が入って疲れるんですよね~。

 

時は流れて・・・・・・

 

AM 7:30

やっと山頂からお陽様が。

009

あったけぇ~~(〃~∇~〃)ポワ~~ン♪

 

ここでカンちゃんから

道志でまだ走れる林道が存在するっ!

との有力情報。

 

そして見つけました。

その名も林道越路線(全長3km)

012

目印はR413を山中湖方面に向かって、道志の湯の看板を左折して道なりに行くと分る筈です。

011

距離は短いけど、こんな近場にゲートも無い林道が存在するなんて、嬉しくて寒さなんてぶっ飛びましたよ。

しかも適度に荒れてて楽しめます。

014

最後は動物除けのゲートで終了

017

グルッと周って元のR413に戻るようです。

更にカンちゃん情報には続きがあり、R413を跨ぎ、繋がるように林道道坂菜畑線(全長3km)があると言う。

R413に出るなり、すんなり入口を発見

018

しばらく急坂を上り、電柱に「右」ってスプレーで書いてある所を右折すると

019

フラットダートが3km続きます。

スピードは控えめにね。

ラストはこんな所

021

手前の道は県道24号

 

気温もテンションも上がったので、この勢いで富士山も登っちゃおう!

と、林道富士山中線へ

022

おほっ!楽しめそう(^v^)♪

024

うひょひょ~~(= ̄▽ ̄=)♪

 

と調子に乗ってたらコケました(笑)

025

倒したまんま撮っときゃ良かった。

 

富士山もクッキリだぞ

028

カンちゃんもウィリーと同じタイヤ(IRC GP-110)に履き替えて同じ条件なので、気にせずどんどん先へ進めます。

 

この道、ずぅ~っと登ってるんですが、上の写真のような新雪や

037

このようなアイスバーンも、先週濃いめのセッティングにした愛車のアイドリング付近の粘りと相まってどんどん上って行きます。

(日陰はで怖~~~い)

 

そしてとうとう3合目付近のゲートまで来れちゃいました。

029

凄いぞGP-110!!

そして俺達←誰も褒めてくれないので自画自賛

035

振られるバイクを押さえ付ける為に、全身でバランスをとってるもんで、息が上がって暑い位。

 

しばし休憩をし、これから恐怖の下りです。

走り始めてすぐカンちゃんスッテ~ン。

こっちも必死なので写真撮る暇無し。

共に転倒1回づつでダメージなし。

 

麓に下りた頃、ちょうど正午だったので

秘密の裏道で

039

041

道の駅富士吉田へ

今日の昼飯も吉田うどん

045_3

わかめうどん大盛 480円

でも何だかいつもと違ってコシが無い。

あの吉田うどん独特の固さは何処へ行ったんだって程に箸で持ち上げただけでブツブツ切れる。

ちょっとがっかりだったなぁ。

 

帰りは河口湖~大月のタダ区間だけを利用させてもらい家路へ。

 

冬のツーリングは過酷だけど、極限状態を味わう事によって、日頃の嫌な事も忘れられるのでお勧めですよ。

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

| | コメント (6)

2011年1月 3日 (月)

キャブ(CVK34)の取り外し&セッティング

今日は一人の時間があったのでバイク弄り。

ここんとこアクセルパーシャル状態でしょっちゅう息つきをするようになったのでジェット類の調整をせざるを得なくなりました。

そんなんでついでにキャブの取り外しの手順をアップします。

 

まずはシュラウドやシートを外す。

そんでキャブのガソリン抜きし、タンクとつながっているホースを外す。

002

写真中央のドレンをヘキサゴンレンチで回して抜きますが、ドレンホースの先っちょにペットボトルなどの容器を用意し

003

ドレンを回してガソリン抜き。

きれいな容器を使えば後でタンクに戻せますぞ。

 

反対側にまわりタンクから出てるホースを写真のように引き出す

004

もちろんコックはOFFに。

次にタンクを止めてる3本のボルトを外す。

005

コックを止めてる2本のボルトを外し上に引き抜き

キャブの上にある配線の束をよけておく。

この時点で上蓋を取ればジェットニードルを外すことができます。

006

アクセルワイヤーを止めてるボルト1本を外し写真のようにしておく

009

リアブレーキのリザーバータンクを外し、エアクリーナのダクトにくっ付いてるリングを出来るだけエアクリーナー側に逃がし、ダクトをこのように除ける

※これ重要

010_2

キャブから出ている3本のホースを引き抜き

013

マニホールドからキャブを外し、上に抜く。

014

キャブ底面のボルトを4本外し「パカッ」と開けると

016

ようやくメインジェット(以降MJ)を拝む事ができます。

横っちょの穴の中にパイロット(スロー)ジェット(以降PJ)があります。

しかし、ここで問題発生。

PJを換えるのにマイナスドライバーが必要なのですが、手持ちの工具の中に細いマイナスドライバーが無いっ!!

仕方がないのでダッシュで100円ショップに駆け込み、ドライバーセットを購入。

017

余計な時間を食ってしまいました(^^ゞ

 

気を取り直して上蓋を開けると

018

ジェットニードルが見えます。

ペリペリとゴムを外すとこんな感じ

(このゴム、はめる時が大変。皆はどうしてるのかなぁ??)

019

ノーマルは段数を変えられないので、M3のワッシャーにて個々のバイクの調子に合せてセッティングしましょう♪

020

最初3枚入れて走ってみましたが、回転の上りが重く全くと言って良いほど走らなかったので、元の状態に戻しました。

現在デルタのリストリクター付きスリップオンマフラー&KLX250Rダクト装着でMJ♯125、PJ♯38、ニードルノーマル、パイロットスクリューは締めた状態から2回転戻しがウィリーのKLXではアフターファイヤーも少なく全開時のパワー感や伸びもあり気持ち良い状態。

目安は、時計回りに締め込むと薄くなりアフターファイヤーや息つきが出始め、反時計回りに緩めると濃くなり、停車してしばらく高めの回転で、少し経つと回転が下がる状態は濃過ぎます。

なので、停車して直ぐに規定のアイドリングに落着き、アフターファイヤーが出にくくなる境目がベストです。

キャブセッティングに関しては、車両の状態によって異なるので参考程度に考えて下さいね。

 

 

| | コメント (1)

2011年1月 1日 (土)

本年もよろしくお願いいたします。

059

喪中なもので「あけおめ」は省略させてもらいました。

今年もチョ~~~寒かったぁ~~~!

 

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »