« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月24日 (日)

紅葉の奥鬼怒林道&熊野沢林道

木曜日に「今週末、好天に恵まれ日光は紅葉が見頃です。」との情報を得て、その2日後の土曜日。

気が付いたらmokuさんと鬼怒川を走ってました。

( ̄▽ ̄)v

005

しっかし本当にいい天気だのぉ~~♪

 

そんで「あっ」と言う間に川俣湖。

Photo

空気が、んまい!!

 

猛暑の年は、葉の色付き具合がイマイチらしいですね。

それでも良い場所を探して、完全舗装の奥鬼怒林道へ。

025

舗装の林道は交通量が多くて、あんまし楽しくないなぁ。

030

それでも段々葉が色付いてきて、テンションも上昇。

その勢いでmokuさん、枝道に突入。

035

後で知りましたが、ココは熊野沢林道(ピストン)です。

 

mokuさんも終点まで行った事が無いというので、「行けるトコまで行きましょ」と、探検心に火が付き・・・

 

見つけました絶景ポイント!!

Photo_2

051

064

 

そのチョイ先で行き止まりになってました。

054

この終点まで2~3kmありましたかね?

全体的に走り易かったです。

 

帰りは確実に渋滞しているであろう中禅寺湖からいろは坂を下って、ランチをする予定の食堂までGO!

078

左の山は男体山です。

ここまでは空いていましたが・・・

 

中禅寺湖畔(13時頃)一方通行になってた

081

東照宮周辺(13時半頃)

082

共に激混み。

いろは坂だけは途中に寄る所が無いせいか流れますが、観光名所や土産物屋周辺ではほとんど動いてなかったので、車で行くならトップシーズンはやっぱし早朝狙いで行くべきだと思いました。

 

熊野沢林道終点から約2時間の14時チョット前に目当ての食堂すゞきに到着。

083

ランチのラストオーダーぎりぎりのとこだったみたいです。

右の道は東照宮に向う道です。

ほとんど動いてませ~ん(恐)

 

15分ほどで席に着く事ができ

089  

オーダーしたのは・・・

086

日光湯葉入り豆乳ラーメン

実は豆乳って好きじゃないんですけど

何となく勢いで(^^ゞ

 

mokuさんは・・・

088

和豚もち豚豚トロ石焼ビビンパ・・・・だったっけ???

そんなに豚豚言わなくても(笑)

気になる豆乳ラーメンのお味はと言うと、豆乳嫌いのウィリーでも全然イケましたよ。

って言うか普通のとんこつラーメン風で旨かったです。

 

mokuさんは特に何にも言ってなかったので良くわかんないっす。

    ・

    ・

    ・ 

それから2時間後の宇都宮駅前

091

何でしょう?この人だかりは?? 

093

ジャパンカップサイクルロードレースなんです。

095_3

クリテリウムって言うらしいんですけど、1,6kmのコースを50km/hで20周も走るなんて、凄い持久力ですね。

と、一流選手の凄さをライブで見れて興奮したが、誰が優勝したかもわからないまま何となく終了。

帰りに正嗣で餃子を買って、mokuさんちで酒盛りだぁ~~!!

ヽ( ̄▽ ̄*)カンパ~イ

お疲れ様でしたっ!!

 

| | コメント (2)

2010年10月17日 (日)

田取林道、大山林道、横尾林道、高山林道

アミノさんと別れ、チョット走ると田取林道のダートが始まりました。

057

ふと、右側の看板が目に入り見てみると

058

やべぇやべぇ・・・(゚_゚i)タラー・・・

 

田取林道も既に廃道状態荒れ放題。

挙句の果てに・・・

060

この先大丈夫かいな・・・・・・・

草で見えませんが、両側は激しく落ち込んでいます。

要は崖なので、この草むらの中にゴロタ石やクレバスがあってバランスを崩したら・・・何て思うと、入っていくのを躊躇してしまいます。

が、そこは勇気と根性で弱気の虫を抑えつつクリア。

059

このスリルたまらんです。

 

次は大山林道

064  

田取林道で集中力を使い過ぎたウィリーに変わり、カンちゃんが先頭で突入。

カンちゃん快調なペースでどんどん引き離されて、気が付けば横尾林道の入り口も過ぎて行ってしまったようです(笑)

068

まあ良くある事なので、この場でしばし待つことにしました。

066_2

思ったより早く気付いたらしく、戻ってきたカンちゃんと次は横尾林道に突入。

ココも草が生い茂り

069

お~いカンちゃ~ん待ってくれぇ~~~

070

えっ!何!?

071

道が無いっ!!

072

崩落しちゃってます。

徒歩で調査してみたところ

073

50cm程の隙間を発見。

左は崖なので注意です。

 

横尾林道出口(来た道を振り返ってます)

076

そして何となくこの道を選び

079

何となく高山林道へ

080

この何となくがいけなかったのか、気が付いたら自分の居場所を見失っていました。

北がどっちかも分からなくなっていたのです。

そんな不安をよそに千葉の道は激しく分岐を続けます。

 

 

ツーリングマップルとにらめっこし、頭をフル回転させながら迷う事小一時間。

自分が今走っている道がR410だと言う事に気付く。

 

国道、県道、林道と大して道幅が変わらないじゃないか!

(#`皿´) ムキーーーー!

 

が迷った原因と後で分かる。

 

40km程走り、我がKLXの予備タンも使いきり、ガス欠寸前で金谷に到着。

082

時間が進むにつれ天気も回復。

睡魔と疲労を紛らわす為アイスを食べ、かっぱえびせんの小袋を購入。

PM4:20 金谷を出港

083

西日に照らされた鋸山が綺麗です。

 

で、先程セブンで買ったえびせんで、寝る間も惜しんでカモメに餌付け。

091

ウィリーも左手にえびせん、右手にコンデジでチャレンジです。

これが難しいけど

094

すげ~楽しいっ!!ヽ(^◇^*)/

釣りの時は邪魔な奴らでも、餌を手から食べてくれると可愛くてしょうがないです。

 

夕日を見ながらカンちゃんとノンアルコールビールで乾杯。

104_2

最高に充実した楽しい1日でした。

お疲れ様でした~。

| | コメント (2)

2010年10月16日 (土)

竹岡林道&T秘境

春の南房総ツーリングの時に周りきれなかった秘境と林道を探索します。

今回も久里浜からフェリーで対岸を目指します。

横浜在住のウィリーが千葉に行くには、首都高~アクアライン~館山道って手もあるんですが、船の旅ってのがまた楽だし気分が良いんですよ。

かかる金額もトントンですしね♪

 

AM7:30 久里浜港でカンちゃんと合流

001

陽気が良いので、バイク、車とも結構利用者は多いです。

AM8:20 出港

002_4

デッキでカモメに海老せんをあげてる人を見て、帰りは買ってこようと誓う。

久里浜を出てから約1時間で竹岡林道入り口に到着。

009_2

さぁ~~て状況はどうなっているのでしょうか?ワクワクです。

 

春に来た時と違い草ボウボウで走れるトコが狭い

010

右側は雨水で掘れてしまって深いクレバスになってます

ココは真ん中が掘れてます

012

先日大雨洪水警報が出てた影響でしょうか、粘土状のヌルヌル路面に苦戦。

おやぢ2人、入り口から1km程で既に息が上がってます(^^ゞ

 

この轍を越えるのが結構大変なんよ

013

こんな所で寝っ転がりたくないもんね

ツルツル路面2.5kmと格闘する事約30分で出口に到着。

014

たまたま軽トラで通りかかった地元の農家の方と雑談していて聞いたんですが、時々4WDで進入してスタックする人がいて、その度にこの周辺の方達がレスキューに行くらしいんです。

そんな訳で、私有地と言うことも有り、地元の方に迷惑を掛けると完全閉鎖って事になりかねないので、特に4輪の方は単独での進入は控えた方が良いと思います。

丹沢のように走れる所(林道)が無くなるのは悲しいですからね。

 

おぢさんと雑談してるうちに梅の家の開店時間になったので、竹岡林道で汗だくになり失った塩分を補給しにしょっぱい(竹岡式)ラーメンを食べに行きます。

  ↑怒られるかな?

023

020

チャーシューメンやくみ入り 750円

前回上に乗ってるやくみ(たまねぎ)を沈めて食べて後悔したので、薄味好きウィリーお勧めの食べ方を紹介します。

022

やくみはスープに沈めず、チャーシューに乗せて口に放り込む!

その後レンゲでスープをすする!

(そ~する事で味の調整ができます)

チャーシューが分厚くて一口で入らない?

そこは自分で何とかして下さい(^^)

 

腹も満たされたので、前回のS秘境に引き続き、今回はT秘境(伏字でごめんね)に向います。

事前にネットで情報収集しておいたので「この辺だ」と場所は分かってたんですが、いざ現地へ行くと右往左往・・・

辺りを付けた所を3往復目にようやく入り口を発見し地図を眺めていると、アヴェニス150の方が「秘境に行くんですか?」と声を掛けてくれました。

その方の名は「アミノさん」。

聞くと前に来た事があるので先導してくれるとの事 ヽ(^◇^*)/ ワーイ

そしてアミノさんのお陰で無事到着。

054

「おぉ~!ここだっ!!」

とメットの中で叫んじゃいましたよ(^^ゞ

 

持参した長靴に履き替え探索開始!!

024

トンネルを抜けしばらく歩くと川に出ました

026

最近人が入ったような気配はありませんが、そこらじゅうに猪と思われる足跡が有りました。

027

第一の滝到着

030

自宅に帰って愚息(中1)にこの写真を見せたら

「左側に階段みたいのがあって、秘境じゃないじゃん」

と突っ込まれてしまいました・・・

おめぇ~は夢がねぇなぁ~(苦笑)

 

更に奥へ行きます

033

第2の滝

032

更に奥へ

038

歩き始めて数十分、T秘境最大の大滝が見えてきました

039

滝壺から見上げるの図

040

滝の右側にロープが掛かっているので登ってみましょ

042

登ってる最中に撮影してみたんですけど、手振れの様子から慌てて撮ったのがバレバレですね(^^ゞ

上から見ると落差が分かり易いですかね?

043

登りきるとトンネルがあり、その先は穏やかな流れ

045

047

行こうと思えば、まだまだ先へ行けそうだったんですが、変化が無さそうだったので写真の場所でUターン。

入り口に戻りしばし雑談して、その中で話題に出た田取林道から回るのがベストとの事で出発。

何と今日知り合ったばかりのアミノさんが入り口まで案内してくれると言うじゃないですか。

んで、滞りなく田取林道入り口に到着

寂しいですがココでお別れです。

056

アミノさん、本当にどうもありがとうございました。

感謝感謝ですm(_ _)m

他にセローを持っていらっしゃると言う事なので、次回千葉方面に来る時は連絡しますので宜しくお願いしま~す。

またお会いしましょう(^^♪

 

後編の田取林道、大山林道、横尾林道、高山林道につづく

 

| | コメント (4)

2010年10月 3日 (日)

ラフ&ロード スーパーエアメッシュジャケット購入

 

先日またバイクですっ転んでジャケットを破いてしまったので、これを機会に以前から欲しかったワンランク上のメッシュジャケットを買ってみた。

それがこれです

005

ぶっちゃけた話、春から狙ってたんですが、定価が26000円もするので、貧乏サラリーマンのウィリーの小遣いでは手が出なかったんすよ。

しかし夏物在庫処分のこの時期、ラフロで15000円まで下がっていて「こりゃ買いか?」と飛びつきそうになりましたが、10月に入ったとたん半額なんて事が無きにしも非ずなので、1週間様子を見てました。

と、そんな甘い期待を持って行ってみたんですが、そんな事は無く、サイズが無くなる心配が出てきたので買っちゃいました。

10月3日現在、まだ各色、サイズは揃っています←店員談

 

前置きはこの位にして、このジャケットの優れた面を紹介します。

上の写真と比べてみると解りますが、袖と胸の部分がファスナーで取れるようになっていてメッシュになり、真ん中のファスナーは二重になっていて、これまたメッシュになります。

006

014

胸の開口部はクルクル丸めて、下の袋になっている部分に納められて、マジックテープで止めておく事ができます。

007

走行中ビラビラしてたら格好悪いですもんね。

袖は外した物を無くさない様にポケットにしまうなりしないといけないです。

012

次は背中部分

003

バックリ開いてメッシュになります。

004

これも下側が袋になっていて収納できます。

009

本日気温が25度ほどあったので、帰り道メッシュ全開・下Tシャツで走りましたが、もはやTシャツだけで走ってるような涼しさ。

こりゃ良いです(^^♪

パットは肩、胸、肘、背中に入っていますが、簡易的な物なので安心とは言えないでしょうけど、シャツだけで走ってるよりは断然安全ではないでしょうか。

 

ついでですが、グローブも破けたので新調しました。

015

ラフツーリンググローブ

これも2500円で買えて(自己)満足満足( ̄ー+ ̄)

 

今思えばすっ転んで破れたジャケットとグローブの写真も撮っておくべきだったかな(苦笑)

 

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »