« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月24日 (土)

サイドカバーラッピング

今日は暇だったので、以前からやろうと思っていたサイドカバーのラッピングに挑戦してみました。

どうしたら綺麗にできるかを今まで何度も試してはいたんですが、湾曲がきつい為、なかなか上手くいかないんですよ。

なので今回は失敗覚悟の分割オーバーラップ方式?で攻めてみました。

で、完成!

Img_0002

黒にしてみましたがどうでしょうか?

以前の白バージョン←クリック

あ、近くで見ないで~

Img_0007

俺が写ってら・・・

だから近くで見ないでって(^^ゞ

Img_0004

右側から貼ったんだけど、やっぱ後でやった左の方が上手くいったかな?

どう頑張ってもウィリーの腕じゃ4分割が限界だね。

(右は5分割です・・・)

すっ転んだ時に傷がつきやすい場所は、更に上から分厚いシートを貼りました。

  

| | コメント (0)

2010年7月18日 (日)

湯之奥猪之頭林道

暇な時は地図(ツーリングマップル)を見るのが趣味なウィリーは、ある日「日本林道協会 展望の良い林道日本一」と書いてある林道を見つけました。

便利な世の中で、ネットで検索すると事細かに情報がGETできてしまうじゃないですか。

調べていくと、それはそれで道に迷わずに済み悪い事じゃないんですが、実際に行った時の新鮮味が薄れますよね。

なのでいつもの事なんですが、そこはあえて何の事前情報も無しで出掛けます。

 

AM5:30

いつもの場所で待ち合わせをし出発。

梅雨も明けて天気もバッチシ!!

Img_2061_2

丹沢山系もクッキリです♪

そして久し振りの宮ケ瀬。

Img_2062

気温20度で爽やかぁ~~♫

道の駅道志手前のデイリーが珍しく7時前にオープンしてたのでチョイと休憩。

見ず知らずのCBR1000RRの年配ライダーさんと、しばし談笑。

Img_2064_2_3

一緒に出発しましたが、一瞬でぶっちぎられました。  ↑当たり前です

 

山中湖に到着です。

Img_2066

実は先週も来たんですが、見る見る雪が無くなっていきます。

 

鳴沢を通過中、ソルト君が「お勧めの絶景ポイントがある」と言うので立ち寄りますが、そのポイントに行くまでがダート。

それも先日までの雨でクレバスが出来てて、そこそこ楽しんじゃいました(^^)

Img_2074

写真は駐車場そばの整地された部分。

紅葉台展望台駐車場に着くと、悪路だったにも拘わらず乗用車が結構来てました。

その中のプリメーラだったかな? リアタイヤパンクしてペチャンコで「ボコボコ」言わせながら帰っていったけど大丈夫だったかな??

え?教えてやれって??

だって展望台の上から見て気付いたから、声かけられなかったんだも~ん。

そんなんでSUV以外の方は注意。と言うよりもやめておいた方が良いかもです。

 

本題に戻り、お待ちかねの展望台(150円)から景色で~す。

Img_2068

ババーン!!

クリックすると大きい写真が見れます

広々感が伝わりますかね?

そして右を向くと・・・

Img_2069

まさに樹海。

遠くに見えるのが本栖湖です。

更に右に目を移すと・・・

Img_2070_2

西湖です。

ソルト君がお薦めするだけの事はありますね~。

樹海がどれだけ広いか初めて解りましたよ。

 

ここでデジカメにトラブル発生!

充電してきたばかりなのに「バッテリーを交換して下さい」との表示が・・・

そんなバカなぁ~~っщ(゚Д゚щ)!

これから展望日本一に行くってゆ~のにぃ~~・・・ 

 

そう言えばこの間も同じ症状があったなぁ。

バッテリーはこの間買ったばっかしだし、カメラ本体の故障か?

なぜか( ̄ー+ ̄)ニヤッ

 

 

こういった時はバッテリーを抜き差しするに限る。

2,3度繰り返し、何とか写せる状況になったが、今後が心配なので無駄は一切省き、いきなり展望日本一林道の峠から

Img_2076

な~んかさっき紅葉台で似た様な景色見ちゃったから感動が薄れちゃったな(爆)

でも、こっちからの方が富士山が左右対称で美しいかも。

ど真ん中が大沢崩れなので「えぐれて」ますがね。

 

しかし驚いたのが、こんな断崖からハンググライダーやパラグライダーで飛び立つ人が大勢居た事。

気持ち良さそうだったけど、ど素人が見ると命知らずに見えます(苦笑)

 

静岡県と山梨県を跨ぐ峠のトンネル。

Img_2077

このトンネル、入り口から中に向って叫ぶとチョット遅れて「こだま?」「やまびこ?」が帰ってきます。

3人の中年オヤジが山奥のトンネルで意味不明な奇声を発していたのは、それはそれで不気味かも。

 

山梨側のゲートに着きました。

Img_2082

ここに来るまで道路は道幅は狭く、苔むしてる所有り、忘れた頃に対向車が来たりで、一瞬も気が抜けなかった事を報告しておきます。

麓は下部温泉。

Img_2083

信玄の隠し湯とか書いてありました。

確か丹沢湖の犬越路林道入り口付近にもあったような気がします。

あっちゃこっちゃにあるようですね。

 

今まで快適温度だったのが、山梨に入り標高が下がったとたんに気温が急激にアップ。

富士川を渡る時には30度近くに|||(-_-;)||||||

「は、早く山に登らねばっ!」

と、次に向ったのは南アルプス。

遠い昔には林道として飯田方面に抜けられたらしいのですが、現在はバスのみ入れる規制区域になっています。

取りあえずゲートがあると思われる所まで行こうと、南アルプス公園線という快適路で標高を上げていきます。

Img_2086

 

ところが・・・

Img_2089

ガビ~ン!! 

簡易ゲートに居た警備員の方に聞いた所、16日(金)の20時頃に大崩落し、完全に道が寸断されているとの事。

そこで食い下がっておる訳にもいかず「崩落現場を見せて」とか地図を広げて見せて「チョット先に五開茂倉林道があるから行かせて」とかお願いしてみましたが全部却下。

まあ、おぢさんの立場からして、ここで行かせて何かあったら責任問題になるでしょうから、常識人?として素直?に諦めさせて頂きます。

でも来た道をそのまま戻るのも何だかなぁ~なので、目を皿のようにして地図を眺め、富士見山林道を発見したのでありました。

Img_2090

Img_2093

Img_2094

対向車皆無のこの道。

何の為に舗装したんでしょうか?

 

腹も減ってきたので、甲府に行って昼食にしようと、つまらない舗装林道の話は端折って、さっさと山を下ります。

 

複雑な道を攻略しR52(富士川街道)に戻り、途中現在無料化(増穂~白根)されている中部横断自動車道で、ソルト君が付けたETC車載器のテストです。

遠く八ヶ岳も見えて爽快ですが あぢぃ~!

Img_2095

多分35度はあるでしょう。さすが盆地。

無事ETCのテストも終え、ご満悦のソルト君。

Img_2096

その後、コンビニでガリガリ君休憩してたら、ぼんち食堂のランチタイムの14時を過ぎてしまい、仕方が無いので今回は小作でランチ。

季節限定サラダおざら ごまだれ(850円)を注文。

料理の写真を撮ろうとした所で再度「バッテリーを交換して下さい」の表示が出て、今度は何してもダメでした。

あと1枚撮れれば良かっただけなのによぉ~~(泣)

冷やしほうとうは初めてで凄くおいしかったけど、大盛りにしておけば良かったなぁ。

 

帰りは中央道で19km渋滞をすり抜け、全員無事自宅に到着。

総走行距離 411.8km。

平均燃費 33.13km/L

今回は走ったね~。

お疲れ様でした。

 

| | コメント (0)

2010年7月11日 (日)

失敗しないミラーシールドの選び方

ミラースモークを買うにあたって「カッコいいが夜は大丈夫だろうか?」と不安になる方が多いんじゃないでしょうか?

今まで色々ネットでミラーシールドの見え方に関する検索しても納得のいく情報が得られなかったので、今回人柱になり、今後購入する方々の為に(恩着せがましい?)「失敗しないミラーシールドの選び方」と大袈裟なタイトルを付け、ミラーシールド装着歴10年以上のウィリーが独断で比較し検証してみました。

※長年使っていて解ったんですが、その時期の製品によってミラーコートの色が濃かったり淡かったりする事を最初にお断りしておきます。

 

ではまずウィリーが最初に買ったスモークベースのシルバー

Img_1201

これは外からは全く表情が見えない代わりに、夜やトンネルの中ではほとんど見えないくらい濃かった。

夜に濃い色の服を来た歩行者が横断してたら、気付かず跳ね飛ばしてしまいそうな程です。

当時残業等で遅くなる事も無く、雨の日は車で通勤できた良い時代に使っていた代物。

そんな時代も長くは続かす、日没後のライディングに備えて買ったライトスモークベースのシルバー

Img_1197

上のスモークベースと比べると、アライのステッカーの見え方で色が淡いのが解るでしょ。

外からは表情が見えず、夜は街灯がある市街地なら使える代物。

これはバランスが良いと気に入り、長年愛用してきたが徐々に仕事の帰り時間が遅くなってきた昨今は、更に淡い色の物に心が動かされ、次に買ったのがこれ。

_mg_2937

ライトスモークベースのブルーミラー

ミラーシールドの中で最も色が淡い物です。

これは外から表情が丸見えで、ハッキリ言ってタダのライトスモークと変わらず大失敗。

その後、オフ車仲間のカンちゃんがライトスモークベースのレッドミラーを買ったと言うので見せてもらったら、これが外からは表情が見え辛く夜間走行も大丈夫と、ウィリーが捜し求めていた理想のミラースモークに限りなく近い代物でした。

117

表から見ると赤紫っぽく見えますが、被って外を見た場合ナチュラルな色に見えます。

しかし外から見たミラーの色が個人的に気に入らず、研究に研究を重ね行き着いたのがコレ。

_mg_2908

ライトスモークベースのオレンジミラー

オレンジと言っても外見はブルーグリーン系。

年に2,3度あるナップスの25%OFF+更にレジにて10%OFFのトータル35%OFF(ウィリーが知っている中の情報では最安値)の時期を狙ってダブル購入♪

SKYチタンUVシェルター 定価8190円

外から表情が見え辛く夜も安心で今の所これがベストです。

 

【実際被った時のシールド越しの見え方】

カメラはデジタル一眼でシャッタースピード&露出etcを固定して撮影

まずはシールド無し

_mg_2931

次にライトスモークベースのシルバー

_mg_2927

ライトスモークベースのオレンジ

_mg_2928

かなり赤み(紫?)がかって見えますが、カメラの特性のせいでしょうか?実際はそれほど気になる事はありませんよ。

【7/14追記】

やっぱし使ってみたら赤みが気になりますが、やっとこさ慣れてきた所です(;´▽`A``アセアセ

湾曲がキツいシールドほど赤みがきついようで、TXモタード(オフ用ヘル)の方が赤みが少ないです。

夜は問題無く使えますし、日中日差しが強いほど赤みが気にならなくなります。

 

【7/24更に追記】

林道ツーリングに行って気付いたんですが、木漏れ日の中を走った時の路面が乾いてるのか濡れてるのか判断しにくいです。

 

ライトスモークベースのブルー

_mg_2929

タダのライトスモーク

_mg_2930

これまでで解った濃さの順番は、ベースのシールドを同じライトスモークとして

暗 シルバー

↑ レッド

↓ オレンジ

明 ブルー

ってなところです。

最終的には店頭にて肉眼で確認してからの購入をお薦めします。

 

【12月23日 追記】

やはりミラーシールドは外から表情が見え辛い物は夜間には不向きなので、最終的に薄い色のシールドにスポーツサングラスの組み合わせに落ち着きました。

077

サングラスなら荷物にもならないし、暗くなったら眼鏡に掛け替えるだけで済みますからね。

080

夜間走行の時は外側のサングラス部分だけ外して使えます。

表のレンズを度付きに加工してもらうことも考えたんですが、メガネ屋さんに相談したら4万を超えてしまうようなので、このタイプに落ち着きました。

ちなみにコミコミ3万ジャスト。

気分によって安くレンズの色を変えたりできるメリットもあります。

 

見た目で言ったら濃いミラーにするのが1番格好良いと個人的には思います。

なので本来ならばシールドを2セット持ち歩きたいところなんですが、そんな面倒なこともできないんで、明るさによって色の変わるシールドが発売されたら飛びついちゃうかもしれません(^^)

 

【2013’8月追記】

ジェットヘルをショウエイ J-Cruiseに買い換えました。

【2014’6月追記】

こんなシールドが発売されてました。

 

 

| | コメント (36)

2010年7月 1日 (木)

高速走行辛くない?

トレール車全般に言えることなんでしょうけど、高速走行って決して快適とは言えないですよね。

そこで少しでも快適に走行する方法を紹介します。

 

それはズバリ!

 

 

タンクローリーの後ろを走る!!

 

 

80~90kmで定速走行しているドライバーさんが多いので、快適度100%。

ですがタンクローリーにも種類があるので、快適な順に3種類写真を載せておきますね。

No1 

Img_2022

この形状がベスト。

風きり音が無くなり自分のバイクの排気音が聞こえる位です。

自分が写りこむのでナルシスト向け(笑)

 

No2

Img_2023

この形状もかなり快適です。

ほぼNo1と同じと言っても良いでしょう。

 

No3

Img_2024

この形状も良いですが、タンクの面積が広いせいか、多少乱気流がおきますね。

それでも箱車に比べたら全然OKです。

 

ただ本当に一定の速度で走行しているので、睡魔に注意です。

快適な上に燃費にも良く、KLX250で首都高を経由し東北道で浦和料金所~鹿沼までずっとローリーの後ろを走る事が出来た時は、163.7kmを80km/h巡航で走って、燃費が38.34km/lを記録した事があります。

 

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »