« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

ダイワ トーナメントZ3000iAの分解清掃

このブログでは初めてルアーフィッシングネタを書きます。

実は5年程前までは、かなりの釣りバカだったんですが、横浜港の立入規制の強化なんかあったりして、なんとなく釣り場から足が遠のいてしまったんですね。

しかし何か突然「あ!納戸にしまってあるダイワのリール。水没させてギアに砂が噛んだままだった!!」と思い出し、分解清掃したくなったのでした。

水没の原因は今でもハッキリ憶えているんですけど、真冬の夜の多摩川河口でウェーディング(脇の下まで丈のある長靴を履いて、水の中に入る事ね)をしてて、すり鉢状の深みに足を取られて左手に持っていた竿ごと川底をパンチするような状態になって、その時にリール内部に砂が入ったという訳です。

手が付かないくらい川が深かったらドザエモンとなって翌朝東京湾で発見されてたでしょうね(;´▽`A``

 

前置きが長くなりましたが、いよいよ分解です。

【必要な物】

精密ドライバーセット

通常の大きさのプラスとマイナスのドライバー

12mmのメガネレンチ

爪楊枝

パーツクリーナー

グリス

 

部品の正式名称が解らないので適当ですが、ご勘弁を(^-^;

 

まずスプールを外し

Img_1722

ココのマイナスのネジ2本を外す

Img_1719

マイナスのネジって「ズリッ」ってずれて付け外しし辛くて嫌~い

Img_1718

次は前側のこの部分のOリングを爪楊枝で外す

Img_1716_2

その下のベアリング等を外す

Img_1715

矢印のピンを抜き、部品を外す

Img_1713

赤矢印のプラスネジを取り、黄色矢印の12mmのナットを外す

Img_1711

これでベールごとローターが取れます。

次にハンドルの反対側のキャップを外し

Img_1710

中のネジを外しハンドルを抜く

Img_1708_2

矢印の3本のビスを外す

Img_1702

するとこんな感じ

Img_1700

手前の銀色のギアを外すと

Img_1694

やっとこさ内部を拝めます。

やはり内部に海水が浸入した形跡があって、1つ上の写真のギアが腐食してました。

水没させたら直ぐに分解清掃しておいた方が良いようです。あたりまえか・・・

本当はここから更に各部品を外して洗浄するんですが、ウィリーの場合、スプレー式のパーツクリーナーを各方向からブッ掛けて洗浄します。

早く言えば手抜きですf(^-^;)

が、洗浄中時々途中まで組み立て、ハンドルを回して見たりして「ガリガリ」感や「ザラザラ」感が無いか何度か確かめながら洗浄しました。

パーツクリーナはケチらずジャバジャバ使いましょう。

写真を撮り忘れたんですが、ローターを外した奥にカラーみたいな物が2つ入ってました。

そのカラーを外すと奥にベアリングが見えます。

グリスでくっ付いてると出てこないかもしれません。 

 

パーツクリーナーが完全に乾いたら、各部のグリスアップ。

Img_1699

特に水が浸入したと思われるココにはタップリと

Img_1703

組み立てはバラした逆の手順です。

そんで完成。

Img_1721

今年の夏は久々に青物釣りにでも出かけてみるかな。

 

| | コメント (4)

2010年5月29日 (土)

防水スプレー

防水スプレーと言ってもピンからキリまでありますが、今まではホームセンターで売っている398円の物を使っていました。

ところがスポーツオーソリティーで499円の物を見かけたので、何気無く買って使ってみたところ、防水性及び撥水性がかなり良い感じです。

Img_1634

RSタイチ ドライマスター-X コンパクトレインスーツの撥水性が部分的に落ちてきたので、これをスプレーした所、見事に水玉コロコロが復活しました♪

今まで使ってたホームセンターの物はシリコン系。

今度買った物はフッ素&シリコン配合。

フッ素が入ってないと水玉コロコロにはならないんですね。

 

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

Panasonic TZ-BDW900M

 

ウィリーが加入していたケーブル会社が、2010年4月に移行するとの事で、タイトルのSTB(セットトップボックス)内蔵のブルーレイレコーダーを選べるようになりました。

20090909190015_370__2

そんなんで依頼の電話をしたところ、ネットの方のモデムの交換もしなければいけない事が発覚。

しかも以前と同じ8Mにもかかわらず支払い額が安い。

電話しなかったら解らないままだったやないけっ!!

まあ早いうちに気付いたのでよしとしよう←何様

 

2010’5/14

接続工事屋の気の良いあんちゃんがサクサクっと配線の引き直しやらをやってくれてます。

Img_1586

問い合わせの時にウィリーがTVの受信感度が弱い等を相談した所、やはりブースターをかませるとの事。

Img_1590_2

右のが屋根裏に付ける本体で、右が電源。

電源から同軸ケーブルを通って本体に通電する仕組み。

 

各部屋のコネクターをネジ式に交換し、全ケーブルをS-5CFBのぶっといヤツに交換してってくれました。

Img_1596

 

そんでお待ちかねの

Img_1595

Panasonic TZ-BDW900M 登場!!

 

待ちきれず、あんちゃんに「開けて良い?」

快くOKの返事をもらい、工事してる時間に取説を熟読(笑)

 

そうこうしてるうちに、モデムの設置も完了。

Img_1597

今まではTVとネットは別ケーブルだったんですが、今回は全部同軸ケーブルで済むようです。

あんちゃんが言うには速度も出るようなので、スピードテストをしてみたら

2

この様な結果にヽ(^◇^*)/ ワーイ

今まで 4.1Mbps しかなかったのよ・・・

 

今回たまたまキャンペーン中とかで、かなりお安くしてもらったのでラッキーでした。

慌ててTV買った後すぐにレコーダーを買わなくて良かった♪

 

しばらくしたら使い勝手の報告をしたいと思います。

 

【8月28日 追記】

3ヶ月程使ってみての感想です。

ウィリーの大まかな使い方としては

 

・ お気に入りの番組を毎週録画(週8番組程度)

・ その撮り貯めた中から保存する物は編集しDVDに焼き、すぐ消去

・ 保存しない番組は見たらすぐ消去

 

以前使っていたレコーダーのHDDの容量が80GBだったので、500GBは十分過ぎ(^^)

まあブルーレイディスク(以降BD)がDVD-R並みに安くなれば当然ハイビジョン録画するようになるので、その時には容量不足を感じるかもしれませんね。

例えば2時間の映画をDVD-Rに焼くとするとHLってモードで撮る事になるんですけど、それだと252時間。

それがDRモード(最高画質)で最短45時間しか貯められません。

 

んで、ここからはウィリーが最重要視した編集機能の話です。

1つ欠点を言うとすれば、ディスクに焼きながら撮った番組を見られないとこだけかな。

CMカットとかは慣れれば、かなりテンポ良く作業を進められます。

が、カットした後にすぐ部分消去しなけりゃ先に進めず、チャプター一覧表示して確認できないので一発勝負的な恐怖もあります。

実際気が付いたら番組を消去しててCMばかり残っていたというポカをやらかした事もありました(苦笑)

あとはディスクのトレイが左側なのに開閉ボタンが右にあり、ディスクトレイの上のボタンは電源だったりと評判の悪い所もありますが、全体的には満足してます。

更に詳しく知りたい方はSTBが無く大きさが違うだけのDIGA DMR-BW680のクチコミやレビューを価格ドットコムで見てみると良いと思います。

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

リアフェンダーラッピング

オフ車の外装の色、特に黒は日が経つにつれてくすんできてませんか。

タオルで擦っただけで傷は付くし、耐久性がないですよね。

シュラウドだけはMDFってメーカーのグラフィックデカールでラッピングしてあったので大丈夫なんですが、サイドカバーとリアフェンダーが小汚くて気になってたんです。

サイドカバーは白なのでコンパウンドで磨けば、何とか汚れを取り除く事ができるのと、湾曲がキツくて貼るのが大変なので、今回はリアフェンダーのみラッピングしました。

シートは先日マーヴ君から頂いたプロ用の物を使用。

Img_1572

上手い人なら3分割で綺麗に貼ってしまうのでしょうが、ウィリーは7分割しました(苦笑)

シートが良い物なので、境目は目立ちません。

 

そんで完成!

Img_1575

Img_1577

特にこの辺の処理が大変。

Img_1579

 

車体に装着。

Img_1580

Img_1581

詳しい事は内緒だけど

マーヴ君、完璧だよっ!!(^^♪

 

| | コメント (2)

2010年5月 9日 (日)

デルタバレル4 直管の音

近所の手前、これじゃエンジンかけられません。

低音が効いてて良い音なんですけどね(^^ゞ

| | コメント (0)

ケッテンマックス

 

知らない人は、なんだそれ?と思うでしょうね。

打ち込んで変換すると「欠点マックス」って出るくらいですもん(笑)

実はコレ、チェーンを洗浄&注油する便利グッズです。

Img_1549

KETTEN MAX (ケッテンマックス)

前から気になってはいたんですが、通常4000円チョイするので買うの躊躇してたんですよ。

ですがチェーンの掃除って、ナイロンブラシで擦るとビシビシ洗浄液が飛んで、後の掃除がかなり面倒臭いので思い切って買っちゃいました。

 

まず内蔵されているブラシの長さを、自分のバイクのチェーンに合わせてカットする所から始まります。

Img_1550

ウィリーは、より汚れ落ちを良くしようと、歯ブラシの山切りカットを見習ってカットしましたが、ハサミだと超~切り辛くガタガタになっちゃいました(^^ゞ

まあ、全然問題無いでしょう。

 

次にチェーンに本体を挟み込み、付属の紐か金具を使って後輪を回した時に本体がズレないように固定。

メーカーは「洗浄液を灯油で」みたいな事を言っていますが、より汚れ落ちを良くする為にチェーンクリーナーを使いました。

Img_1553

受け皿は丁度良い物が見当たらなかったので、廃油ポイを使用。

本来エンジンオイルの交換時に一緒にやっちゃうのが良いでしょうけど、チェーンの方がメンテサイクルが短いですね。 

 

本体を固定する紐フックの場所は、KLXの場合この部分に掛けるのが良いみたい。

Img_1557

チェーンラインと一直線にするのがコツです。

そしてチェーンクリーナーを惜しみなくジャバジャバ吹き込みながら後輪をゆっくり回します。

そうすると本体の下のドレンから、真っ黒の洗浄液が出てきます。

 

一通り洗浄作業終了。

Img_1559

これをウエスで吹き上げればピカピカです。

 

ある程度洗浄液が乾くまで待ってから注油。

Img_3826

オイルの銘柄は、ウィリーお気に入りのコレ。

 

写真を撮り忘れましたが、本体付属のビニールチューブを挿す場所を換え、やはり後輪を回しながら注油。

Img_1564

全体的にしっかりオイルがかかってるようです。

 

使ってみると結構満足できる逸品です♪

 

 

PS

新品のチェーンって白いベタベタした物が、まんべんなく付いてるじゃないですか。

あれって走行中に温度が上がると、すんごい飛び散りますね。

Img_1566

写真のリアサスやらフェンダーの裏側、ホイールなどこんな状態でした。

チェーンは買ったらすぐに洗浄ですな。

 

| | コメント (2)

2010年5月 5日 (水)

0泊3日 2010’ 3日目~翌朝

 

北熊本SAで夜明かしし、明け方出発。

ナビで見ると自宅まで1232km!

最短ルートで検索してるので、実際はもっとあるはず。

遠くまで来ちまったもんです(笑)

Img_1484

早朝の九州自動車道はガラガラ。

Img_1485

帰りの関門橋は行きと違って景色が良く見えました。

本州と九州って思ったより近いですね。

Img_1487

下関で夜明け。

帰りは渋滞を避ける為、中国自動車道で帰ってみます。

しかしそれが後々、意外なプレッシャーを自分自身に課す事なろうとは・・・

 

 

 

中国道は山道を淡々と走ります。

代わり映えしない景色に、道路がガラ空きの理由が垣間見えたような気がしました。

途中睡魔に襲われ、ちょうど起きたカミさんと運転を交代し、助手席で一眠り。

 

 

1時間ほど寝たでしょうか、インパネを見ると給油ランプが点灯してます。

「いつから」と聞くと

「ずいぶん前から」とカミさん。

しかも、走れど走れど給油できるパーキングが無い。

 

「うかつだった・・・」 

 

航続可能距離は0kmだし、給油ランプが点いてから何キロ走ったかも解らない。 

燃料の残りの残量が把握できてない不安で一杯。

ナビで調べると数十キロ先の吉和SAにガソリンスタンドがある表示。

 

 

しかし行ってみたら が~ん・・・

Img_1488

 

あと39km。

 

まさか1000kmチャレンジしてない帰りにも、こんな試練が待ち受けていようとは・・・

 

 

そして何とか安佐SAに到着。

中国道のアップダウンが激しいとは言え、酷い燃費。

Img_1492 

Img_1491

走行距離 757.7km

気になる給油量は 57.97L

実燃費 13.07km/

な~んだ結構残ってるじゃん(;´Д`A ```

やっぱり高速は速度を抑えて走らなきゃダメね。

 

 

その後は大阪、京都付近の渋滞を避ける為、mokuさんが教えてくれたルートを選択。

Photo

中国道から舞鶴若狭自動車道を小浜西ICまで行き一般道へ。

北陸自動車道の敦賀ICで高速に乗り直し、名神高速から中央自動車道に抜けるルートです。

しかも大阪近郊を通らないので、渋滞を避けたうえに料金も100円安くなります(^^)

 

 

正午頃走ったんですが、舞鶴若狭自動車道はガラガラ。

途中1車線の対面通行になる所もありますが、快適な道路です。

 

 

小浜西ICに着き、若狭湾が見えました。

Img_1499

1年ぶりの日本海。こんにちは。

 

だけどちょっと行ったら渋滞発生。

Img_1502

スイスイ行けると思ったけど甘かった(T_T)

 

先の方でナビで平行してる脇道があったので曲がってみたら、道は狭いながらかなり先に進めました。

その途中、せっかくオバマに来たので寄り道。

Img_1503

 

敦賀IC手前で、こんな所を見つけたので、昼食でも取ろうとまた寄り道。

Img_1510

Img_1515

覗いてみたら値段のわりに器が小さ過ぎて、それに気がついた家族全員がアイコンタクトで「ココはパス」

ウィリーの場合、2杯食べないと満足できない量っぽいので、多分1人で4、5千円食べてしまう事になりかねない感じでした。

 

そんなこんなで向かいのアトム寿司に入りました(笑)

Img_1516

貧乏性ウィリー、こっちの方が落ち着きます(^^ゞ

 

ちなみに小浜西IC~敦賀ICまでの所要時間は90分ってとこでした。

そして敦賀ICから北陸道を南下。

米原JCTと一宮JCTの辺で多少混みましたが、たいした事は無く中央道へ行けました。

 

恵那峡SAで

Img_1522

これを見る限り諏訪SAまでは順調。

ちょうど諏訪SAには風呂もレストランもあるし寝るには丁度良い場所。

 

あっ!と言う間に諏訪SA

Img_1524

 

昨晩食べ過ぎたので、今晩はサッパリ山菜おろしそば。

Img_1525

 

夕飯を食べているうちに、双葉SAまでの渋滞が解消したので、念の為20L給油し、今夜のうちに先に進もうと次の渋滞手前の初狩PAで夜明かしすることにしました。

 

(_ _)Zzz・・・

 

(゜Д゜)ハッと、3時半頃に目が覚め、携帯で渋滞情報を確認すると、全て解消してたので、スタート。

Img_1529

小仏トンネルを過ぎた下り坂。

数時間前まで渋滞してたのが嘘のように誰も走ってない。

 

地元のガソリンスタンドで時間を見ると、小仏トンネルから1時間で帰って来てしまった。

空いてると早いですねぇ。

Img_1532

満タンにして給油量を見、ふと我に返る。

Img_1534

44.81L?

あれ、諏訪で20L入れなくても帰ってこれたじゃん。

走行距離 919km

給油量 64.81L(諏訪SAの20L込み)

実燃費 14.18km/l

 

あれ?

なんか惜しい事してない??

 

それもそうと夜間走行の連続だった為、この有様。

Img_1538

これって放っておくと取れにくくなるんですよねぇ~。

なので自宅に着くなり、頑張ってくれたエスハイ君を労う意味を込めて洗車。

Img_2896

これで安心して思いっきり足伸ばして寝られるぞぉ~♪

我慢して読んでくれた皆さんに感謝します。

どうもありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

あ、

 

寝る前に集計を。

【高速代】

国立府中~八王子 400円   (600円)

八王子~福山東   2100円  (15450円)

廿日市~別府    1000円  (8800円)

別府~玖珠      700円   (1350円)

熊本~小浜西    1000円  (15500円)

敦賀~国立府中   1300円  (9700円)

合計          6500円  (51400円)

今年は44900円もお得でした!

去年より遠くへ行ったのに、今年の方が安いや。

 

【燃料代】

   64L×138円=8832円

57.97L×138円=8000円←あっ、ピッタシだ!

   20L×138円=2760円

44.81L×133円=5960円

合計          25552円

燃料は頑張り次第で、もう少し節約できますね。

総走行距離 2702.9km

お疲れ様でした~。

  

| | コメント (4)

2010年5月 3日 (月)

0泊3日 2010’ 2日目

寝心地の悪さから1時間で目が覚め、またすぐ寝られるような感じじゃなかったので、缶コーヒーを飲んで古賀SAを出発。

でも寝不足の為、チョット走ると睡魔に見舞われPAごとに止まっては寝、起きては次のPAへと繰り返しながら、徐々に大分の別府温泉に近づいていきます。

Img_1391

今日は燃費の事を考えないで走っているので、かなり気が楽♪

 

 

AM5:00 写真では明るく見えますが、まだヘッドライトが必要な時間帯です。

やっぱし西の方は日の出が遅いですね。

Img_1395

大分自動車道って、はじめは平坦ですが山間部に入るとアップダウンが激しく、パワーの無い車だとキツそう。

Img_1396

途中で見えたこの山、由布岳でしょうか?

何か不思議な感じがする山です。

 

終盤、別府湾SAは絶景ポイントがあると聞いたので楽しみにしていましたが、早朝は靄っていて視界が余り良くなかったのでスルー。

そして別府IC出口。

Img_1400

割引1000円!あざ~すっ!!

(広島廿日市IC~大分別府)

 

昨晩風呂に入ってなかったので、早朝からやってそうな日帰り入浴施設を探していたところ、地獄の近くに、こんな綺麗な施設を発見!

Img_1403

夢たまて筥(ゆめたまてばこ)

大人500円、子供250円で土日祝前夜はオールナイトと、何ともウィリー家のような行動をしてる人にピッタリな施設。

朝っぱらから露天風呂に入り、湯上りにアイスなんか食っちゃって、それだけで贅沢な気分になれる俺って安上がり?

女性陣の風呂は長いので、さっさと先に出て、愚息は車の中で持ってきた宿題をこなす。

Img_1404

 

んで、地獄めぐりは8時から。

Img_1402

風呂に入る前に回る順番を下見しておいたので、準備はバッチシ。

一般ピープルがチェックアウトしてくる前&観光バスが来る前に駐車場を確保するのがベスト。

9時半を過ぎると駐車場待ちの車列ができて道路が渋滞します。

最初にウィリーは上の地図の現在位置を示している場所に車を止め、鬼石坊主地獄・海地獄・山地獄を見て、9時前にカマド地獄付近の駐車場に移動。

カマド地獄・鬼山地獄・白池地獄をゆっくり見て、更に車で移動し血の池地獄・龍巻地獄を周りました。

地獄めぐりの間に、郷土料理のだんご汁と湯けむりだんごを食べてみました。

Img_2823

だんご汁 750円

きしめんのような平打ち麺が入っていて味噌味。

この店のおねいさんお勧めの湯けむりだんごは、皆で分けてたら写真を撮り忘れたみたい(^^ゞ

観光地だからか値段がちょい高ですね。

 

地獄の写真は、あちこちで見られると思うので、個人的に面白いと思ったものだけ載せます。

まずは「トム、誰にでもお手」

Img_2773

Img_2780

 

山地獄の動物たち

Img_2844

アフリカゾウは餌をあげられます(有料)

鼻が届かない所に投げても、ある技を使って餌をGETします。

 

Img_2849

ラマ

トムを見せたら、物珍しそうに寄ってきました。

後で気付いたんですけど、「臭いツバを吐きかけられるから注意」みたいな事が書いてありました。

ウィリーはセーフでしたけど。

 

Img_2864

次はカバ。

池の縁にもたれ掛かって口あけて、餌が落ちてくるのを待ってます。

横着な奴です。

 

Img_2858

↓↑綺麗に撮れたので。

Img_2786

 

 

昼飯は別府ICそばのココ

Img_1410

回転寿司 北斎

いつもはケチケチのカミさんが「せっかくだから高いのも食べて良いよ。」と女神のような優しい言葉を掛けてくれたので、気が変わらないうちに関サバ、関アジ(共に630円)を注文。

「おぉ~~こんな黄金色の皿、触った事無いぞ。」と

生魚好きのちゅんちゅんと分けて食べたら、旨いのなんのって。

特に関サバ最高っ!!

 

そんで、写真を撮り忘れたのに気が付いた時には既に腹の中(^^ゞ

Img_1405

もう1回。いや、何回も頼みたかったけど。

「調子に乗ってんじゃねぇ~ぞ!!」

( `o)=○)`皿゜)・;'.、グハッ!

と、カミさんの上段突きが炸裂するのは目に見えてるので止めときました。

 

 

食後福引き券を2枚くれたので、子供達に引かせたら

Img_1411

なんとっ!

Img_1413_2

な~たん(娘)が1等を引き当てた!!

Img_1416

店の人曰く、珊瑚の金のネックレスで3万円ほどの物だという。

本当かぁ(-д-;)

 

 

次の目的地は阿蘇山。

単に景色が見たいだけなんですけどね(笑)

 

いざ現地に着いて写真を撮ってみると、実際に見た広々感が再現できなくてくやしい!

取りあえず2枚・・・

Img_2892

Img_2887

パラグライダーの人達、気持ち良さそう。

 

ここでカミさんが急に「子供達が楽しめる場所がある」と思い出したらしく携帯で検索。

どうやら阿蘇ファームランドってトコらしい。

行ってみたら、周辺道路は大渋滞。

ナビを凝視し、地元の人しか走らなそうな狭い道を激走。

 

何とか閉園2時間前の16時半に到着。

でもラッキーな事に大混雑してる為に、閉園が1時間延長されました。

 

おやぢは体に鞭打って、子供達と元気の森を約2時間で制覇。

自分でも無茶したなぁって思います。反省・・・

明日?明後日の筋肉痛やいかに・・・

Img_1434

Img_1455

Img_1435

この施設、温泉もあってなかなか良い所でした。

元気の森を利用した人は入浴料半額だし。

 

体を動かした後、腹も減ったので

Img_1461

宮崎地鶏を食べてみました。

これ噛み切れない系の肉が好きな人はホント病み付きになります。

ビール地鶏ビール地鶏ビール地鶏とエンドレスで繰り返したいくらい旨いです。

 

カミさんとな~たんが土産物屋を物色している間、ちゅんちゅん(息子)は、また宿題を頑張ってやってます。

Img_1463

「宿題を旅行中に終わらせて、連休最終日は家でモンスターハンター三昧したい」

のが本音のようです。

 

まあ、この旅行も結局俺につき合わさせられたようなもんだから、悪いなぁって気持ちも有り。

ホレ、ご褒美だ。

Img_1462

あまおうソフト(値段は忘れました)

 

夜はイルミネーション

Img_1466

Img_1471

Img_1473

コンデジで撮ったから暗いですね。

 

夕飯は焼肉鍋(2625円×3)と

Img_1475

馬刺し(1500円)高いからチョットだけ(^^ゞ

Img_1479

焼肉鍋を3人前しか頼んでないから4人で分けるつもりで、ご飯も大盛りと頼んだら、店員さんの粋な計らい?で

Img_1477

こんなどんぶり飯の仏壇盛りが4杯も来ちゃったよぉ~!!(゚ロ゚屮)屮

(1人前2合はあると思われ・・・)

当然自分以外平らげられるはずもなく・・・

Img_1480

出された物は残さない主義のウィリーは、あの仏壇盛り2.5杯分を腹の中へ収め、仏様になり掛けました。

_(ε_ε_)パタリッ

 

さあ、後は風呂に入って寝るだけだ。

 

1日目に戻る 3日目に続く

 

| | コメント (2)

2010年5月 2日 (日)

0泊3日 2010’ 1日目

去年に引き続き、今年も車中泊の強行日程の旅です。

今回は更に足を延ばして九州。

しかも「行けたら鹿児島まで行ってしまおう」と、かなり無茶な計画。

寄りたい所は「別府」と「阿蘇山」。

あと、エスハイの無給油1000kmチャレンジ。

それ以外は行き当たりばったりのいい加減なスケジュールを引っさげて出発です。

 

1日 PM7:00

仕事が終わった後に支度して出発。

給油後、いきなり渋滞にはまる最高のスタート。

Img_1230_2 

この時点の燃費。

Img_1229 

簡単に上から説明しますと、航続可能距離は、残りの燃料でどれだけ走れるかを示すもの。

前回の燃費が反映される為、かなりしょぼい数値になってます(笑)

その下の棒グラフは1分間の瞬間燃費を示す物。

現在給油してから9分で、上まで伸びると30km/lを越えてるって事です。

過去最高の17.6km/lって数値は通勤1往復の最高燃費なので気にしないで下さい。

通算は現時点の燃費。

ちなみに普段はカミさんが買い物等のチョイ乗りに使っているので、通算11km/l位です。

写真のような14km/lなんて数値じゃ無給油1000kmなんて夢のまた夢です。 

 

しかし中央道の国立府中インターまで、このまんまの数値を維持したままだった・・・

常に高速はクルーズコントロールをメーター読み80km/hで設定。

そして中央道最高の難所、長坂を登りきった時の通算燃費がこれ

Img_1233

「こんなんで大丈夫かよ~オイッ!」って自分に突っ込んでしまいました(苦笑)

しかし上りがあれば下り有り。

徐々に回復し、諏訪辺りでは・・・

Img_1235

やはり数値が上がっていくのは良いもんです。

13分前に下り始めたのが解りますね。

 

日付は変わって。

2日 AM1:00過ぎ 

愛知県に入った時点でここまで回復。

Img_1243_2

順調順調(^^♪

 

大津SAで1時間ほど仮眠し、先を急ぎます。

ゆっくり寝てると、空いてるうちに大阪近郊を抜けられないもんね。

 

AM5:00

自走では初めての山陽道突入。

Img_1256

この日の朝ごはんは、大津で買った

Img_1257

八ツ橋を食べながら、最初の目的地を広島の原爆ドームに決定。 

何故かここからしばらく写真は無く・・・

AM7:38 福山東IC手前

恐れていた渋滞にはまる。

Img_1262

で、更に恐れていた強制充電がはじまる

Img_1263

強制充電とはハイブリッドの特徴である、アイドリングストップしなくなる現象である。

先を見ると登り坂なので、耐え切れず広島まで100km手前の福山東ICで高速を脱出。

Img_1268

国道2号線で広島市街まで向おうって魂胆なのだ。

2世代エスハイって高速より一般道の方が燃費良いし。

 

2号線は順調そのもの。

瀬戸内海を見ながら、のんびりドライブ。

Img_1276

あれは西瀬戸自動車道の橋かしら???

途中広々した河原を発見。

_mg_2715

長い間ゲージの中だった愛犬トムを解放してやります。

 

子供達は木登り

Img_1286

トムは、そこで知り合ったコーギー君と遊んでます。

_mg_2707

1時間程おやぢも一緒になって走り回り、バテた所で車に戻り、目指せ原爆ドーム。

しかしそれまで順調だった2号線も広島市手前の山道で・・・

Img_1312

先の見えない渋滞に突入。

幸いな事に、ずっと下り坂のもよう。

そうこうしてるうちに30分が経ち

Img_1316

あっさりオールグリーン(イエロー?)を達成しちゃいました。

 

その後、広島市に入った所で給油ランプ点灯。

Img_1321

この時点で残りのガソリンは約11Lだと思われるので、リッター15、16をキープすれば無事達成の予想。

おぉ~~っ、何だか久々の緊張感です。

 

小腹も空いたので、車を駐車場に止め・・・って

入れそうなトコはみんな立体駐車場やんけ。

しかもグルグル7階までのぼらさせられるし(-_-メ)

(立駐はハイブリッド車が最も苦手とする場所です)

給油ランプが付いてしょっぱなそれは無いでしょぉ~(泣)

 

で、昼飯はやっぱ

Img_1329

Img_1330

これでしょ~!

ノーマル500円

並ぶのイヤだから持ち帰りにしちゃった。

(待ち時間10分)

ボリュームが凄くて、カミさんと子供が残したのを全部平らげ

(* ̄◇ ̄)=3ゲフッ

 

腹ごなしに散歩散歩。

Img_1332

Img_1339

Img_1344

一通り見て回って、次の目的地は関門橋だぁ~!

あ、車に戻って思い出したんだけど、強制充電中だった・・・・・・・・・・・・・・orz

 

高速に乗りなおすまで、あちこちで道が滞るものの、何とか0.1KM/lダウンで凌ぎ

Img_1352

玖珂PAに着いた時には

Img_1354

メーターは

Img_1356

あとちょっとじゃ~ん!

とか言いつつも心の中は不安で一杯・・・

取りあえず、次に給油できる所を探すと1つ目は美東SAで74km先なので1000kmに届かない。

なのでその先の王司PAで、あと115km

給油ランプが点灯(846km時点)してから、安全なマージンを取って航続距離が160kmだと仮定すると、オドメーターが1006kmを過ぎた時点でいつガス欠になってもおかしくない状況なのは容易に想像できます。

計算すると王司PA到達時1026,9km

王司びみょぉ~~~!!

しかもあの立体駐車場の強制充電と広島市内の渋滞を考えるともっと短いかもしれないし、燃費モニターの数値を完全には信用できない。

現在示しているのが16.7km/lでも実燃費はもっと悪いのは確実・・・・

(;ー;д;ー;)う~~~む・・・

 

でもココまで来たら強行あるのみ。

漢ウィリー王司PAに向けて発車!!

 

 

いきなり

Img_1363

( Д|||)ガーーーン!!

 

ガス欠へのカウントダウンが始まる・・・

Img_1361

 

 

 

その渋滞も10分ほどで解消しホッと一息。

Img_1367

ここで1000km越えていれば・・・チクショ~

Img_1368

あと残り10km・・・

Img_1372

           9

           8

           7

           ・

           ・

           ・

Img_1372_2

あと1km・・・ワクワク

Img_1373

無給油1000km達成!!

ありがとう。ありがとう。

辛く長い道のりでした。

 

 

と、カミさんと喜びに浸っていたのも束の間

残りのガソリン残量が脳裏をよぎる。

王司まであと26km。

最悪な事に路肩の無いトンネルが続く。

 

「ここでガス欠になったら・・・」

 

こんな事、隣に座っているカミさんには言えない・・・

 

こんな胃が痛くなるような状況を乗り越え

王司PAに無事到着。

Img_1380

気になる給油量は64ℓ

カタログ上、エスハイのタンクは65ℓなので、本当に激ヤバでした。

もう2度とやりたくないぞ!!

走行距離 1026.2km

給油量   64ℓ

(スタンドマンが切りの良い所で止めた模様)

実燃費   16.03km/l

 

その後、プレッシャーから開放されたウィリーは、流れをリードする運転に変貌したのは言うまでもありません(笑)

 

Img_1381

関門橋を渡り、無事その日のうちに九州入りを果たし、古賀SAで夕食。

頑張ったご褒美でしょうか、ドリンク飲み放題のうえ全メニュー2割引でした。

Img_1384

んで、ウィリーは「がめ煮定食」

Img_1386

家族は「黒毛和牛ステーキ丼」

Img_1387

腹を満たし、今晩はここで就寝です。

 

1日目に最大のイベント(1000kmチャレンジ)を達成してしまったので、後日のレポートは尻つぼみになるのは確実ですが、我慢して続きも見て下さいね(笑)

 

2日目に続く

| | コメント (4)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »