« 南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その1 | トップページ | 南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その3 »

2010年3月28日 (日)

南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その2




その1
からの続き

 

リアボックスが落ちないか不安を抱えつつスローペースで山を下り、何とか国道に辿り着きコンビニに到着。

ロープを買って完全に固定できました。

Img_1110

その後、房総半島一周の旅の時に来た竹岡駅でパチリ。

Img_1112

その頃、丁度梅乃家の開店時刻の10時に近づいたので店に直行。

今日は前回のリベンジを果たせそうです。

 

梅乃家さん、金谷側から行くとチョット見つけ辛いですが、竹岡インター入り口の交差点を過ぎたらすぐなので、右側を良く見て走れば見つかります。

開店10分前の店に着くと、既にご覧のような行列が。

Img_1113

待つ事20分。

1階は満席になり「もうしばらく待つようかなぁ」と思った矢先に、2階の座敷に通してくれました。

そしてこれが竹岡式ラーメンです。

020_2


チャーシューメンやくみ(玉葱)のせ 750円

味は人それぞれなので、自分が思った感想を言うと、チャーシューは分厚く柔らかくボリューム満点。

スープも麺もそこそこ旨い。

ですが、食べ進めていくと、スープの色のイメージ通り、自分にはチョット濃い目でした。

でも次また行こうと言われれば行きますよ( ̄▽ ̄)♪

 

腹ごしらえも出来た所で、今度は秘境探し。

ネットで見た記憶を頼りにあちらこちら走り回り、この辺と目星を付けた辺りでチャリに乗った少年2人に道を聞き、更に絞込み。

しかし一向に川へ降りられる道を見つけられず、畑仕事をしていたおばあちゃんやおじさんに聞き込みを続け、探す事1時間半。

ようやく入り口を発見っ!!

それがココだ!

Img_1118

最後に道を聞いたおじさんは「そのバイクだったら川まで降りられるから、2本張ってあるロープを踏んづけて通っても良いぞ。俺達が張ったものだから。」と言ってくれましたが・・・

Img_1133

道幅が狭く、とてもじゃないけど行けないんすけど・・・(苦笑)

写真に写ってるトタンなんかペニャペニャだし。

(下は沢になってる)

 

広い所でバイクを止め、予め用意してあった長靴に履き替え徒歩で進入。

Img_1119

おおっ!それらしくなってきたぞ!!

苔むして

ツルツルな

斜面を

警戒しながら

進むと

視界が開け

ここだぁ~~!!o(>▽<)9と絶叫

Img_1120

苦労して見つけただけに喜びもひとしお。

行きたい人は自力で探しましょう。

Img_1121

これが有名?な○岩

○の中に入る字は岩の形を良く見れば解るはずです。

(ヒント:動物)探せばネット上のどこかに書いてあります。

来た道を振り返る

Img_1126

上流側

Img_1127

ハーフパイプっぽいよね(笑)

飽きるまで散々歩き回ってバイクに戻り、次の林道探しです。

ライダーの必須アイテムのツーリングマップルを片手に決めたのは大山林道。

 

入ってすぐの状況

Img_1135

前日までの雨の為泥濘の超スリッピーな路面。

写真を撮るどころじゃなかったのか、あったのは2枚だけ。

Img_1136

向こうに見えるは太平洋と鴨川市街。

ところがこの先で工事していて通行不能。

来た道を戻り、お次は山中林道へ。

ここは道が分かれており、ツーリングマップルの縮尺じゃ訳がわからなかったんですけど、偶然入り口に辿り着けました(^-^;

起点はY路になってて、右が豊岡線

Img_1139

左が山中線のようです。

Img_1140

当然ダートの左を選び進むと

Img_1141

廃道の香りプンプンのクレバス地帯

しかしまだまだこんなのは甘かったのだ。

 

今から飲み会に行く為、その3に続く・・・(;´Д`A ```

 

|

« 南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その1 | トップページ | 南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その2:

« 南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その1 | トップページ | 南房総林道&秘境&竹岡式ラーメン その3 »