« マークⅡツアラーV(JZX90)の足回り交換 | トップページ | 自由空間エスティマハイブリッド10周年同窓会 »

2010年2月 8日 (月)

真冬の富士山探索2

先週の火曜日(2/2)に関東地方平野部にも雪が降りました。

そこで、「きっと山の道路状況も一変してるんじゃないか?」と変態心に火が点き、ソルト君とカンちゃんを誘って富士山方面の探索パート2と相成りました。

しかし土曜日の時点で北風ビュービューで、早朝の気温は首都圏でも氷点下。

ちょっと明日の状況が不安になりつつ当日朝を迎えました。

早朝6時。運良く風もやみ、ほんの少しだけ寒さが緩んだ感じでスタート。

それでもKLXの水温計は0℃です(苦笑)

 

宮ケ瀬の電光掲示板は気温2℃の表示。

本当にそんなにあるのかと思う位寒い。

当然日陰の路面は凍結です。

道志みち(R413)の最初のコンビニからの景色

Img_0967

路肩に雪があるものの、日向はドライ。

しかし日陰は・・・

Img_0970

なんか湿って見えるし、車も超スローペースです。

もちろん自分達以外のライダーは皆無。

ドライバーさんは気を遣って道を譲ってくれるんですけど、先頭に立つとプレッシャーが掛かるんですけど

(;;;´Д`)

 

 

山伏峠を越えた後はこんな感じ

Img_0977

ビビリながらでしたけど、ここまでは綺麗に除雪されていて問題無かったです。

写真で見るように雲1つ無い快晴だったので、三国峠に寄り道。

予想通りの絶景でした。

Img_0987

この景色は冬ならではなので、寒さを我慢しても行く価値があるってもんです。

 

えっ、車で行けって?

 

おっしゃる通りでございます(。_。〃)ゞ

 

山中湖もちょっぴり凍ってます。

Img_0988

いつもの場所でコーヒーを買い込んで、いつもの道を曲がると・・・

Img_0998

カッキーン

つるっつるじゃぁ~~~ん(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

止まると再スタート不能になるので、2人は撮影しているウィリーを追い抜いて行きます。

Img_1000

ウィリーは、何とか再スタートし、アスファルトが出ている部分で停車。

そして振り返ると、ソルト君立ち往生。

Img_1001

助けに徒歩で見に行くと、タイヤがこんな状態。

Img_1002

そりゃ前に進まないよね(笑)

何とか難関を通過し、いよいよ林道に突入・・・・・

と思いきや、全く除雪されてない!

Img_1003

ここから先はスノーモービルが無きゃ無理だわさ。

通常なら真っ直ぐ行けば富士山の途中まで行けるんですが・・・・・

でも、どうしても少しでも富士山に登りたいので、さっさと諦めて他の道を探します。

ココは十字路なので富士吉田に向かい右折。

途中、名も無き道を調査隊のウィリーが突っ込んでみますが、あえなく50mほど進んだ所で玉砕。

Photo

Img_1014_2 

今度雪が融けたら行ってみることにしましょう。

元の道に戻り少し進むと、またもや

Img_1013

カッキーン(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

そして滝沢林道は当然

Img_1016

ダメだよね・・・・・・

富士林道方面は入れるものの、バイクは前に進まず。

その横をジムニーがあざ笑うかのように通り過ぎて行きました。

Img_1017

羨ましいぞ~!!

ココがダメなら次は富士スバルラインだ。

Img_1018

料金所のおじさんに聞いてみたら、400円払えば3km先の駐車場までは行けるとの事。

せっかくだから突入します。

しか~し、本当に3kmあったかと思うような所でこの有様。

Img_1022

なんだかなぁ~~┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

Img_1027

つまらなかったので、さっさと下りて暖かい物でも食べましょ。

んで、いつもの

Img_1029

道の駅富士吉田の肉うどん大(500円)

寒い時にはコレに限ります。

帰りには、もう1つの絶景ポイント(山中湖畔)に寄り家路へ

Img_1030

結論としては、この時期走れる道が限られてしまい楽しめませんが、空気が澄んでいる日に当たれば、このような素晴らしい景色を見ることができます。

やっぱし富士山に行くなら4月以降だな(笑)

次回のツーは房総半島方面を予定してます。

|

« マークⅡツアラーV(JZX90)の足回り交換 | トップページ | 自由空間エスティマハイブリッド10周年同窓会 »

コメント

お疲れした~。
雲一つ無い快晴で富士山も綺麗に見えたし、
冬ならでわの良いツーリングツーリングでした。
でもオンタイヤでは、ちょっと無謀だったかも ?
千葉楽しみにしときま~す。  

投稿: ソルト | 2010年2月11日 (木) 22時28分

ソルト君、コメントどうもです(^^)
 
今日また雪が降っちゃったから、しばらく標高の高い所はお預けだぁね。
 
ちなみに久里浜からのフェリーの料金は往復3060円。
ETC無しのアクアラインが往復4800円。
当然フェリーかな?

投稿: ウィリー | 2010年2月12日 (金) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の富士山探索2:

« マークⅡツアラーV(JZX90)の足回り交換 | トップページ | 自由空間エスティマハイブリッド10周年同窓会 »