« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月27日 (水)

ラリーグリップ&テフロンスロットルチューブ

 

プログリップ製 ラリーグリップとテフロンスロットルチューブ

Img_0946

以前から握りが太いグリップが欲しかったんです。

振動も吸収してくれるみたいですよ。

スロットルチューブは、抵抗を減らすのは勿論ですが、純正のスロットルがオープンエンドじゃ無かった為、転ぶとハンドガードがめり込んでスロットルの動きが渋くなってました。

これで問題解消(^^)

 

【2010’5/8 追記】

約1年使用し、この太いグリップは効果があると実感。

高速でスロットルを一定にキープするのが楽になったし、手の痺れも感じなくなりました。

ただ、手の小さい人には違和感があるかもしれません。

 

あと交換時期が迫っているフロントブレーキパットとオイルを買って、結局2万位使っちゃって、あとの生活の事を全然考えてなかった(;´▽`A``

何となく、ハンドルバーを家にあった缶スプレーで黒く塗ってみた。

Img_0948

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

西部林道・黒沢林道・一ノ渡戸四ツ屋林道

今回は入梅前のツーリングには良い新緑の時期と言う事もあり、福島まで遠征してきました。

AM5:00

Img_0496

かなり明るいし寒くないので起きるのが楽ですねぇ~。

 

 

AM7:00 上河内SA

Img_0501

東北遠征といえばこの方、mokuさん到着。

 

合流した所で朝飯。

かる~くきのこ山菜そば行っちゃいました。

Img_0502

そばは多分手打ち?で美味。 

 

最近の速飯(SA・PAのご飯の事)は結構美味しい物が多いので、これもまた楽しみの1つになりました。

 

そして白河まで行き

Img_0503

ちなみに軽車両、浦和~白河1250円。 安い!

Img_0509

西部(正確に言うと鎌房)林道入り口の雪割り橋を目指します。

 

 

山の方の天気が怪しいです。

Img_0522

AM9:36

Img_0526_2

お馴染み?の鎌房・甲子林道と西部林道の分岐に来ました。

 

ある意味、天国と地獄の分かれ目です。←大袈裟

鎌房・甲子林道側はロープが張ってあり通行止め。

ちょっと徒歩で入ってみましたが、入り口からこんな状態です。

Img_0527

前回より熊笹が伸びて道が狭くなっているような・・・

半年前の記事にジャンプ

Img_0530

西部林道はフラットで道幅もあり走りやすいです。

 

僅か10分で第1弾ダート終了。

Img_0531

グレンディー羽鳥湖スキーリゾートにて。

Img_0533

5月末でも風ビュービューで寒いっす!

気温18度だったかな???

 

 

しばらく舗装路を走り

Img_0535

西部林道第2弾の入り口発見!

いつも北関東、東北はmokuさんに先導をしてもらうので心強いっす(^^)

感謝してますm(_ _)m

Img_0539

ここもフラットで楽ちんですぅ

 

 

分岐に来ました。

Img_0540

左へ行くと二岐温泉。

 

何で二俣渓谷と同じ所なのに字が違うんでしょうか?

新緑の中を疾走するmokuさん。

Img_0546

ストレスも吹っ飛びますなぁ(^^♪

 

西部林道のダート区間を抜け、R118を走り、黒沢林道の入り口を左折。

途中、道端に滝を発見。

Img_0553

ここで小休止。

 

AM11:30

Img_0568

途中、布引高原へ寄り道。

凄い風車の数です。 

 

ここからは猪苗代湖の絶景も

Img_0574

AM11:55

Img_0578

一ノ渡戸四ツ屋林道起点

 

整備も行き届き走り易いですが、対向車も多いので注意。

Img_0579

程好く砂利が浮きスリッピーで、かなり楽しんじゃいました。 

 

下の方の道、見えますか?

Img_0596

山のディープな所まで来てしまいましたって感じ(笑) 

 

PM12:41

Img_0603

一ノ渡戸四ツ屋林道終点に到着

全長16km。何度か絶景ポイントで道草しましたが、通り抜けに約1時間って所でしょうか。

日光街道の何処に出るか楽しみに行ってみたら、芦ノ牧温泉近くのファミマの脇でした。

 

 

PM12:55

Img_0607

腹も減ったので、今回は近くの「うえんで食堂」で昼食。

 

mokuさんが手打ち中華

Img_0610

ウィリーがもやし中華

Img_0609

うえんでで初めての塩味でしたが、タンメン風で美味かったです。

当然mokuさんの手打ちの方も美味いですよ。

スープ1滴残さず完食です((≧◇≦))-3プハァー!!

 

ここ(会津若松)まで来たので、おとおるさんに連絡。

子供達の運動会の日だって事なので、小学校へ向い、半年振りの再会。

忙しい所お邪魔してすみませんでした~。

 

その帰り道。

日光街道の途中で・・・

Img_0622

気になる道を発見!

Img_0622_2

ですが、これ以上ノンビリしてると日が暮れてしまうのでまたの機会に。

絶対調べてやる(笑)

 

 

帰り道、湯野上温泉に混浴露天風呂(今となっては跡)があるというので行ってみました。

mokuさん、さすが会津通だねぇ~~(^^)

それが、こんな所です。

Img_0626

上が会津鉄道、左下が露天風呂跡。

丸見えじゃん(笑)

 

更に下りて行くと・・・

温泉が湧き出てるっ!

Img_0630

だけど凄い熱湯だ!!

Img_0631

川の水と熱湯が交じり合うほど良い所なら浸かってみたいが、ここでフルチンになる訳にもいかず断念。

以前はマッパの人達が行き交ってたんでしょうな(笑)

 

風呂跡

Img_0635

でもやっぱ丸見え

イヤーン(/-\*)

Img_0637

公衆浴場法だったか何かに引っかかって使われなくなったらしいのですが、調べてみると多分衛生面で×だったみたいです。

 

PM18:00

どうしても露天風呂に入りたかったので、近くの清水屋旅館で日帰り入浴の交渉。

あっさりOKをもらい露天風呂直行!

入浴料500円 シャンプー&ボディーソープ有り

ですがシャワー無し。

Img_0639

ここも垣根の向こうは会津鉄道。

垣根のそばに行くと外から丸見えです。 

 

 

田舎のおおらかさが最高ですねぇ。

出てきたらすっかり陽が落ちてました。

Img_0641_2

暗闇の峠は怖いので、陽があるうちに越えたかったんですが、日没を迎え、真っ暗な甲子峠を越える事になっちゃいました。

真っ暗なだけに写真はこれだけ。

Img_0651

mokuさんが冗談で旧道の入り口でウィンカーを出して驚かされましたが(笑)このトンネルのお陰で白河までのアクセスが劇的に良くなりました。

こんな凄い所にトンネル掘って、しかも無料で通行させてくれる福島県に感謝です。

 

PM7:00頃、白河で焼肉食って、腹が一杯になった後の睡魔と闘いながらの東北道を何とかクリアしmokuさんちへPM10:00に無事到着。

今回の総走行距離、528.4km

今まで1日に走った最高が300km台だったので大幅更新です!

お付き合いしてくれたmokuさん。お疲れ様でしたっ!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

0泊3日、ケチケチ旅行 最終日

 

夜が明けて5月5日 こどもの日。

またしても4時間で目が覚め、昨晩の反対車線の長蛇の列の呪縛から抜けられないウィリーは、早朝から距離を稼いでます。

朝一で、うんていを済ませて、さっさと戻ってきたかったからです。

4:54

Img_0415

当然家族は爆睡中。

世間のお父さんは、人知れず頑張っています(笑)

まあ、ウィリーとしても讃岐うどんの国に来るのは楽しみだったので、うんていを済ませたら、うどん屋のはしごをしよう考えてました。

 

しかし・・・・・

 

空から落ちてくる物が・・・

Img_0418

子供達を起こし、「雨だと行っても、うんていがビショビショで出来ないぞ。どうする?」と相談。

実は心の中で

 

・・・ここで高知行きは断念して渋滞を避けて帰路に着ける・・・

 

と思ったと同時に

 

・・・ここまで来たんだから、そのうんていを一目見たい・・・

 

と考えが交錯していました。

助手席のカミさんも同じ事を考えているようです・・・

 

6:22

考えている間に府中湖PAに到着。

ここが、本州に戻る瀬戸大橋手前の最後のPA。

ちょうどNEXCOの関係者の方がいたので、高知の天気を聞いてみる。

「降水確率30%だったよ。 でも高知は雨が良く降る地方だからなぁ・・・」と微妙な感じ。

ウィリーの中では降水確率30%は「降らない」うちに入るので「行き」が決定しそうですが、もし雨が上がっていても、うんていは濡れ濡れの確立が非常に高い。

102m分をタオルで拭くわけにも行かないし・・・

そう悩みつつPAを出発。

 

とうとう最後の決断の時がきました

Img_0427

右に行けば瀬戸大橋を渡って帰路。

左はうんてい。

 

どうする?

 

カミさんと顔を見合す

 

どうする?

 

 

どうする??

 

 

どうする???

 

 

あれ?

Img_0428

腕が勝手に!

 

あ~あ、後戻りできなくなっちゃった(笑)

 

7:27

Img_0436

南国IC

 

Img_0445

雨が降り始めてから、ずっとエアコン入れっぱなしだけど、電動コンプレッサーだからか、あんまし燃費悪くならないですね。

 

基本的に高速巡航燃費が悪い(-_-メ)

 

竜馬がお出迎え。

Img_0448_2

交差点で信号待ちしてたら、路面電車が走ってきました。

Img_0449

ちょっとビックリ!

 

ICから走ること約30分

うんていがある「桜づつみ公園」に着きました。

Img_2202

さあ、いよいよご対面。

子供達のテンションもUP!

そしてこれが

Img_2207

102mのうんてい

 

 

予想通りびしょびしょだ

Img_2229

うらめしいぜ、この天気

Img_2227

だが、来たからには強行でしょ♪

愚息が代表でスタート!

Img_2208

20m

Img_2211

まだ振り返り余裕の笑顔

 

40m

Img_2212

腕を伝って、脇の下に水が(笑)

 

60m

Img_2214

そろそろ辛くなってきたか!

 

80m

Img_2217

もうちょいだ!

Img_2219

 

GOAL!

Img_2224

すみません。

上の画像は全てヤラセですヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

 

本当はこのように、何回も落ちてます。

Img_2218

子供達はうんていで遊んでるので、ウィリーは横の土手を上がってみます。

すると物部川の先は太平洋。

Img_2226

土佐湾を眺めながら「遠くまで来ちまったな~」としみじみ・・・

世界一のうんていがあるのに、人気(ひとけ)無し。

対岸は高知龍馬空港です。

Img_2231

車に戻ると、カミさんがナビで何かを探していました。

聞いてみると「温泉に入りたい」と答えたので

「そんなノンビリしてられないぞ。昨晩の渋滞見ただろ」と言うと、思い出したらしく、早めに大阪周辺を抜ける事に同意。

しかし讃岐うどんを食べてないので、津田の松原SAで「ひや大」を食し茶を濁す。

_mg_2241

食べ比べられるほど食べた事無いですけど、個人的には旨かったです。

 

道路の話に戻りますが、高松自動車道って2車線→1車線→2車線と場所によって狭くなるので、その手前で必ず流れが滞ります。

あと、四国以外(例えば神戸淡路鳴門、山陽自動車道)の交通情報がSA・PAでも見られないのが不便でした。

全く先が読めないので、ジャンクションの手前に電光掲示板で渋滞情報でも流してくれると、昨晩のような交通集中が、かなり解消されるのではないでしょうか?

 

ま、堅い話はこれ位にして。

SAから見た瀬戸内海の景色をどうぞ

_mg_2245

この時点で、自宅までこの距離。

_mg_2249

到着予想時刻も明日・・・

 

これ、順調ならの話でしょ?

ちょっと憂鬱・・・(ー_ー;) 

 

考えてもしょうがないから、気を取り直して出発だぁ~!

今朝真っ暗で何が何だか解らなかった、鳴門海峡を渡ります。

12:30

Img_2261

家族に「渦潮見られるかもよ。」

と橋の下を一生懸命見たものの渦巻き全く無し。

Img_2256

この日の満潮は16:00。干潮が9:40。

前後1時間半が良いと言われてるので、時間を外してしまったみたいです。残念。

 

次は昼間の明石海峡大橋。

_mg_2277_2

天気が良かったら絶景でしょうね。

 

13:37

_mg_2285

甲子園球場脇を通過時に給油ランプ点灯

_mg_2289

名神高速大渋滞との情報を得、急遽西名阪自動車道~名阪国道~東名阪自動車道~伊勢湾岸自動車道で名古屋入り決定。

香芝SAで給油。

Img_2298

走行距離769.1km

給油量56L

実燃費13.73km/L

天気 雨

エアコン常時ON

 

ここで変わり八ッ橋GET

Img_2296

食べてみたけど、俺はノーマルのニッキ味が好きだな。

途中 伊賀の湯に入り

 

16:10

東名阪に入った瞬間、とうとう完全な渋滞にはまる。

Img_2305

全長19km。通過時間100分。

その先の豊田JCT。

そのまた先の東名も断続的に渋滞してるのが解った為

「いっその事、下道(一般道)で帰ろうか?」とカミさんと相談。

そこで愛知出身のmokuさんの存在を思い出し、奥の手のテレフォンを使用。

mokuさんは、わざわざPCで渋滞情報を見てくれて、「そのまま乗っている方が吉」と結論を出してくれました。

そのお陰で、予定より早い60分程で抜けられました。

解消に向っていたんでしょうね。

mokuさん、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

無事渋滞も抜け、土砂降りの浜名湖SAで夕食。

財布の中身は、伊賀の湯に入った時点で底をついていたので、スナックコーナーで、安っいラーメンやカレーで済ませる。

あ~あ。うなぎ食べたかったなぁ~(泣)

 

そこから運転をカミさんに任せ一眠り。

富士ICから先で長~~~~~い渋滞らしいので、由比PAで仮眠。

 

 

目が覚めたら、日付は変わって

5月6日 2:17

Img_2314

4:04

無事に自宅到着

_mg_2336

雨の中100km巡航だとこんなもんですね。

_mg_2334

 

【走行データ】

足を踏み入れた都府県 1都2府17県

(東京、埼玉、群馬、長野、新潟、富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、徳島、香川、愛媛、高知、奈良、三重、愛知、静岡)自宅のある神奈川は除く

総走行距離 2078.8km

高速道路・有料道路料金 ( )内、通常料金

国立府中~八王子        300円(600円)

八王子~小杉           1000円(9150円)

金沢西第一~京都東      1050円(5500円)

阪神高速道路           700円

阪神高速 芦屋本線       150円(300円)

第二名神道路 須磨本線    200円

神戸淡路鳴門自動車道~南国 2000円 1000円(9600円)         

南国~神戸淡路鳴門自動車道 2000円 1000円(9600円)

(カードの請求書を見たら1000円づつしか取られてなかった)

第二名神道路須磨本線     700円

阪神高速道路 尼崎本線    350円(550円)

西名阪自動車道 松屋本線  300円(400円)

    〃      天理本線  300円(400円)

亀山~横浜青葉         1350円(8450円)

合計 10400円 8400円(46150円)

35750円 37750円もお得でしたっ!!♪

最近バイクで出かける機会が多かったので、車での移動は比較的楽でしたね。

カミさんが、ちょこちょこ運転代わってくれたのと、今のエスハイがパワフルなお陰かな。

 

その日の朝?(昼?)に目覚めると、カミさんが

「また遠出しようって言ったら、行く気ある?」

って突然聞いてきたから、

「体の疲れが抜けたら行く気になると思うよ。」と答えた。

 

すると・・・

 

「○○(←娘の名前)が、今度は大分で地獄めぐりしたいって言ってるんだけど・・・」

(||| ▽ |||)マジ?

 

今年、9月に連休あるんだよね。

まさか決行するのか・・・・・・・・・・

 

これでケチケチの旅の話は終わりです。

全部読んでくれた皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした。

m(_ _)m

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

0泊3日、ケチケチ旅行 2日目

5月4日 4:00

4時間ほどグッスリ眠れて、気分もリフレッシュ!

京都に向けて出発です。

しかし気になるのはガソリン残量。

とうとうランプが点きました。

Img_0344_2

この時点で、残りの燃料が10Lだとすると、16km/Lで走ったとしても980km程で燃料が尽きてしまう恐れが出てきました。

しかも、この後は山間部が待ち受けています。

まあ、100km以上は走れる予定?なので、京都には辿り着けるとは思いますが、その後にまた高速に乗って大阪を目指す事になるので、渋滞等考慮すると、とても不安な気持ちになってきました。

その不安な気持ちを払拭する為に、今いる多賀SAから計算してみました。

すると、1000kmに到達する予測地点は、京都市内を走り、京都東から大阪を抜けて、明石海峡大橋付近になるようです。

京都で下りてから、一般道をひたすら走る方法も考えましたが、1000km到達するまで無駄に走るのも、ちょっと考え物ですからね。

と言うことは・・・

下手したら橋の上、もしくは阪神高速でガス欠・・・・・

(ー_ー;) 

 

無念・・・・・・・・・

 

 

そうと解ったら、さっさと入れちゃいましょ(笑)

とは言え、次のGSがあるSAまで、デジタル燃料計が全く点いていない状態で走るのは、精神的に良いもんじゃありませんでしたよ。

根性無しですみません・・・

 

4:30

Img_0346_2

草津PAにて給油

給油量54L

実燃費15.69km/L

やはり11L以上残りがありますね。

ここで完全に集中力が切れ、散漫なアクセルワークになったのは言うまでもありません・・・ 

 

5:02

京都東に到着

料金は1050円也

Img_0348_2

50円は首都近郊の料金が入ってるのね。

 

んで、まず真っ先に行くのは、開門が早い清水寺。

観光バスやチェックアウトを済ませて出てくる観光客が動き出す前にやっつけちゃいましょ。

5:51

Img_1979

清水坂観光駐車場(1日800円) 

駐車場から寺に向かって徒歩でGO

Img_1980

まだ人もまばらです

 

着きました

_mg_1983

6時開門です

さあ、いよいよあそこへ・・・

_mg_1986

見えてきた・・・

_mg_1987

ババ~ン!

_mg_1997

お約束のアングルで~す♪

 

お参りして

Img_2001

知恵が付くと言われる湧き水飲んで

Img_1989

一通り見て出てきたのが7:00過ぎ

他のお寺の参拝時間は早い所で8:30~

そこで考えて家族の意見が一致した行き先は!

太秦(うずまさ)映画村!

 

開場時刻まで、近くのガストで朝食を食べ腹ごしらえ。

モーニング390円~で、ケチケチの旅にはピッタシ。

 

映画村へ入る前に、トムを近くのペットショップ(店名DOG)に預け

(2000円で夜7時まで預かってくれます)

9:30のオープンと同時に入場

Img_2021

お化け屋敷や

Img_2040

時代劇の世界を堪能し

Img_2026

衣装を着て記念撮影なんかしたりして

Img_2034

充実した時間を過ごしました。

_mg_2054

Img_2127

Img_2071_2

中でも1番楽しかったのは、撮影の舞台裏を解り易く説明&実演してくれるコーナー。

_mg_2045

久々に腹抱えて笑いましたよ。

 

次はこの建物

_mg_2018

中は子供もおやぢも喜ぶ?ヒーロー物の展示コーナー

歴代レッドとライダーが勢ぞろいしてます。

Img_2129

ウィリーが特に思い入れの深い3レッド

タイムレッド

Img_2156

役者は永井 大でしたね

 

ハリケンレッドは

Img_2158

塩谷 瞬

 

デカレッドは

Img_2160

載寧 龍二

皆、有名になりました。

子供が幼児の頃、一緒に夢中になって見てたのを思い出します(笑)

 

うわっ!懐かしっ!!

Img_2180

調子に乗って写真撮り過ぎて、UPしきれないのでこの辺で(^^ゞ

 

そして子供達が「くじ引きをやりたい」というので、引かせてみたら

2人共連続で当たりを引き、「から~ん!から~ん!」と鐘を鳴らされ、注目を浴びてしまいました。

GETした商品を持って喜ぶ2人

Img_2179

なぜかドラゴンボール系ですけど・・・ 

 

今度ロト6は、子供達に番号選ばせよぉ~っと(^^)

 

駐車場への 帰り道、間平ちゃんのギャグが(笑)

Img_2186_2

遅昼になっちゃいましたが、以前から気になってた店に車で移動。

3:30

着きました

Img_0409

ラーメン日本一

店に入ると、チャレンジした方々の名前が貼り付けられ、ただならぬ雰囲気

Img_0402

そしてこれが目当ての、1つに7個分の具が入ってるジャンボ餃子が目の前に!

Img_0408

(= ̄∇ ̄=)vにぃ♪

大根おろしと酢醤油で食べます。

子供達も餃子で、カミさんはラーメン

Img_0407

当然子供達は完食出来ず、ウィリーがトータル5個食べる事に。うっぷ

旨かったので、また来ようと思います。 

 

トムを太秦の近くに迎えに行くのに、あえて金閣寺の脇を通りましたが、駐車場待ちの列の道路以外は、この時期大して混まないんですね。

予想外でした。

 

で、次の目的地、大阪までは高速が混んでるようなので、一般道を走りました。

 

道頓堀着20:15

Img_2189

道端でタコ焼きを買い、ネオンを見たら、さっさと車に戻り、道が空いてる夜のうちに明石海峡大橋を渡っちまいましょう。

 

途中は端折って

 

21:47

空いてるうちに渡れました。

Img_0414

淡路島からの夜景は最高ですね~。

_mg_2192

でも良く見てください、反対車線(神戸方面)の車列を!

_mg_2192_2

調べたら、やっぱし記事になってました。

gooニュース「Uターンラッシュ 淡路で全国最長の車列」

コレを見てたら、思いましたよ

「とんでもない所に来ちまったなぁ」

って。

明日がUターンのピークと言われていますが、どうなってしまうのでしょうか。

(:.;゜;▽;゜;.:)タラ~

 

まあ、来ちまったもん考えてもしょうがないので、先へ進みましょ。

今晩は淡路島の緑PAで車中泊です。

おやすみなさ~い

 

1日目へ  最終日へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

0泊3日、ケチケチ旅行 1日目

今年は高速料金が一律1000円だと言う事で、行ける所まで行こうと家族旅行を計画しました。

【おおまかな計画】

行った事の無い所をメインで

① 富山、石川で新鮮な魚介類を堪能する(もちろん安く)

② 京都にも行きたい(カミさんの希望)

③ 高知の世界一長いうんていをやりたい(子供達の希望)

勝手なこと言いやがるぜ・・・・・

 

そして、いよいよウィリーのゴールデンウィークに突入する前夜の5月2日 22:30、バタバタと自宅を出発。

この連休渋滞を避ける為、ウィリーが選んだ方法は。

一般ピープルが寝ている時間に移動する!

コレに尽きるでしょう。

あわよくば無給油1000kmも視野に入れて・・・

 

23:30

Img_0149

府中から中央道に突入

支払い金額は400円。

昼間仕事を終えてきたとは思えないほどの気力の充実ぶりです。

ワクワクです(笑)

 

クルコンはメーター読み90km(実際は82km)に設定し、八王子を過ぎてから圏央道に・・・

家族は既に爆睡中。

Img_0153

関越道から上信越自動車道に入り、軽井沢を越えた辺りで、さすがに朦朧としてきたので0:48東部湯の丸SAで仮眠。

Img_0160

するはずが気持ちが高ぶってて1時間ほど目をつぶるだけでした。

珈琲飲んだりウダウダ2時間ほど休んでからスタート。

 

明るくなり始め、妙高が見えてきました。

Img_0168

その時のトリップ

Img_0162

妙高SAで休憩

Img_0165

子供達はまだまだ爆睡中。

(いい気なもんです)

気になる燃費は16km/Lをキープしたままで、1000km走るには微妙な所。

Img_0171

(タンク容量は65L)

これから北陸道で盛り返せるかにかかっています。

 

いよいよ初めての北陸道です♪

Img_0172

 

5:47

Img_0175

蓮台寺PAで子供達を起こしトムの散歩。

Img_0174

運転はカミさんにバトンタッチし、富山に突入。

Img_0179_2

頑張れクルコン90km走行!

 

16km/Lからピクリとも動かず・・・

Img_0189

燃料計は真ん中

Img_0187

2代目エスハイ君(男?)の判断では、実走行443.9+残りの燃料で走れる距離367=810.9kmでガス欠の判断。

単純に計算すると、タンク容量65×燃費16=1040km!!

ギリギリ行けるじゃぁ~~ん(^^♪

ホントに実燃費が16kmならの話ですがね・・・・・・

 

途中で撮った立山

Img_1809

当初アルペンルートが開通したとの事で、雪の回廊を見に行くのも企画してましたが、金が掛かり過ぎるのでカミさんに却下されました(ToT)/~~~ 

 

富山ICを越え、小杉ICでドキドキのETCゲート通過です。

_mg_1816

マジで1000円だ~っ!(嬉)

 

市街地はガラガラね

Img_0190

9:56

道の駅氷見に着きました。

Img_0203

道は空いてましたが、ココは賑わってます

朝一軽くジャブ程度にブリとつみれの味噌鍋(300円)

Img_0195

なかなかイケますよ。

 

道の駅のレストランはランチ11時から。

愚息はウッキー!

Img_0199

周辺を歩いてみますが、朝早いことも有り、ほとんどの店が閉まってます。

Img_0209

先の予定も詰まっていて、開くのを待っていられないので、次、次。

向うのは なぎさドライブウェイ

その前に腹が減ったので、たまたま見つけた「はっちゃん」へ.

Img_0234

横浜の回転寿司じゃなかなか見かけない生サバとかあって結構美味しかったです。

何より安い。

 

デザートは隣のサーティーワン

Img_0235

現在31%引き

 

14:00

能登半島の反対側の日本海が見えてまいりました。

Img_0247

ウィリーのメインイベントはコレだったのでテンション最高潮です

ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

 

わおっ!本当に砂浜だよっ!!

Img_0275

Img_0274

気分最高っ!!

Img_0261

 

次は兼六園に向います。

道中、風車を発見。

Img_0237

そこに芝生の広場があったので、トムを遊ばせ

Img_0240

 

16:04

兼六園到着

Img_1965

以降写真だけ(^^ゞ

Img_1887

Img_0321

Img_1935

やっぱ花よりダンゴっすか?

Img_1923

Img_1949

Img_1964

ロボ??

Img_1952

Img_1976

 

19:00

尼御前SAで夕飯

確か飛騨牛ステーキ重だったと思うんですけど、店員さんに「ご飯大盛りで」と頼んだら「ちょっとご飯盛りすぎて、蓋が閉まらなくなっちゃったんですけど良いですよね?」と持ってきたのがコレ。

Img_0338

ちょっと・・・ご飯とおかずの比率が・・・(笑)

食べ進めた図

Img_0339

1合半は盛ってあると思われ・・・

元々ウィリーは少ないおかずでご飯を食べるのが得意なので、何の問題も無く米1粒残さず頂きました。

何より支払いの時、盛った分の料金はサービスされてたのには驚きました。

ごちそうさまですm(_ _)m

 

この先で事故渋滞との事で、みやげ物などを物色し、ゆっくり出発。

気になる燃料消費は700kmで残り2目盛り

Img_0342_2

相変わらず微妙です。

 

23:56 多賀SAのレストイン多賀で入浴。

Img_0343

今夜はココで車中泊。

 

2日目に続く

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

ブリヂストン レグノGRV装着

ゴールデンウィークに突入したというのに、まだスタッドレスじゃマズいだろう(あんまり減らしちゃ勿体無い)って事で、夏タイヤを購入する事になりました。

2世代エスハイを買ったのが冬だったので、ノーマルホイールにスタッドレスを履かせて、外したノーマルタイヤは売ってしまい、1世代エスハイで履いていた18インチアルミに夏タイヤを履かせようって魂胆です。

そして、購入する際の条件は3つ。

① 転がり抵抗が少ない

② 音が静か

③ リムガードが深い

①は、当然ハイブリッドなだけに、せめてノーマルタイヤの水準の燃費を保ちたい。

②は、元々静かな車なので、良い所をつぶしたくない。

③は、カミさんが縁石に擦って、ホイールのリムに傷を付けるのを防ぐ為。

条件を絞り込んでいった結果、迷う事無くレグノGRVに決定。

つ~か、選んだのが215/55-18ってサイズなので、選択枠があまり無かったって言うのが本音です。

 

購入にあたり、ネットで買って組み換えを頼むか、近所のタイヤ館で買うか悩みましたが、タイヤ館を選択。

値段は絶対ネットで買う方が安いんですが、送料+代引き手数料+組み換え工賃を足すと、そんなに変わらなくなちゃうんですよね。

もちろんその価格差を限りなく縮める為に交渉はしましたけどね(笑)

しかしレグノって高いねぇ・・・

 

無事組み換え完了。

 

Img_0135

そんなこんなでタイヤを組み替えてもらい装着しましたが、20mmのワイドトレッドスペーサーを付けたまま履くと、フェンダーからはみ出る微妙な所。

ホイール:プロドライブGC07C

サイズ:7.5J-18 オフセット+44

Img_0136

担当さんと「取りあえず履かせて、リフトを下ろしてから考えよう。」と、そのまま作業続行。

リムガードが深い分、オフセットが外に出ちゃうんです。

 

 

履かせた結果がこれです。

Img_0139

うひょ~~ツライチ・・・・・・・

Img_0141_4

つ~か、右側はみ出て・・・

Img_0140

ないんですね~~(^^ゞ

 

写真で解るように、若干ですが右にホーシングがズレてます。

※車体により個体差がありますので、同じとは限りません。

これで解るように、リアホイールは7.5Jだとオフセット+24(ワイドトレッドスペーサー無しでですよ)までイケます。

(保証はできませんので写真で判断して下さい)

ちなみに前は大人し目。

Img_0148

同じく7.5Jの場合、+34までは大丈夫なようです。

(保証はできませんので写真で判断して下さい(^^ゞ)

そして気になっていたリムガードの深さをB500(前に履いてたタイヤ)と比べてみました。

Img_0060

これがレグノ

Img_0144_2

写真の角度は違いますが、レグノがどれだけ深いか解りますね。

Img_0138

フェンダーとタイヤの隙間が気になるが・・・・・・

Img_0143

見ないフリ見ないフリ・・・・・・・

インプレは連休後にUPする予定で~す。

 

【インプレッション追記】5月8日

2000km程走ったので、個人的な感想を書きます。

サイズ:215/55-18

空気圧 2.7

エスハイ(AHR20)に乗り換えてすぐにミシュランXI2を履いていて、GRVに換えたのですが、最初に思ったのは「ロードノイズはXI2と変わらないなぁ~」でした。

それだけXI2の静寂性が高いって事のようです。

その前に履いてたB500よりは格段に静かです。 

あとは、微妙な勾配の長い下り坂とかで、同車種の後ろを走る機会があったのですが、同時にアクセルオフにすると、車間が詰まるんです。

それが1度だけじゃなく何度も。

前の人がエンブレを掛けてる疑いもありましたが、そんな事は無いようです。

転がり抵抗低減の部分では合格点をあげらそう。

段差での突き上げ、直進性、ワンダリング性能も悪くないです。

 

燃費は同じ条件(天気や気温等)で同じ道を走らないと何とも言えないので、もう少し様子をみたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »