« なんちゃってZETAハンドガード | トップページ | ブリヂストン レグノGRV装着 »

2009年4月29日 (水)

大名栗林道

 

今回は首都圏から近い事もあり人気の大名栗林道です。

自宅をAM5:00発

もう、かなり明るいので、4時出発でも良い時期になりましたね~。

 

約1時間後。R16の橋本五差路付近のコンビニで、ソルト君合流。

Img_0064

八王子バイパス~青梅駅を抜けると、だいぶ山が近くなってきました。

Img_0065

埼玉県に入ってすぐに大名栗林道の入り口に到着。

簡易ゲートの脇に湧き水発見。

Img_0068

これ飲めるんですか???

 

そしていよいよダート区間です。

Img_0069

落石箇所はあるものの、序盤はフラットで走りやすい林道ですね。

気が付くと麓があんなに遠くに。

Img_0071_2

見晴らし良いし

Img_0073

気分最高ぉ~~~!!

 

走ってきた道路が良く解りますね。

Img_0078

まだ桜も見られますよ。(4月29日現在)

Img_0092

後半数箇所ガレている場所を抜けて休憩。

それから5~6分・・・

ソルト君が来ない。

 

・・・・・・嫌な予感・・・・・・

 

暫くして排気音が聞こえてきました。

Img_0085

来るなり「コケてハンドル曲がっちまったよぉ~」と

ウィリーが、ぷはぁ( ̄△ ̄)y─┛.。o○してる間、ガレ場で悪戦苦闘の末転倒したとの事。

やっぱしKLXの前後ホイール買い時だよ・・・ボソッ

Img_0082

終盤の岩盤切り通しにて

 

しばし休んだ後、反対側の簡易ゲートの所で舗装路になりT字路に突き当たり

当然選ぶのは上に登る左側。

しかし当初のツーリング計画では、大名栗をぐるっと回って元の道に出て、正午前に飯食って、13時か14時位に自宅に着く予定だったので、本当は左に行かなきゃダメだったのです。

それに気付いたのは、それから凄ぉ~~~~~く後の事・・・

取りあえず、その話は置いといて・・・と・・

 

 

舗装路を登り始めてすぐ、名も無い枝道発見!

Img_0095

うほほっ!何かが起こりそうな予感。

Img_0096

早速

「なにっ!」

Img_0097_2

この僅か幅50cmの1本橋を渡れってか!

Img_0098

左は5m程落ちているので、チョト怖い・・・

 

無事通過し、ホッとしたのもつかの間。

酷いガレ

Img_0099

崩落とガレのスペシャルセットで~す。 

 

ソルト君大丈夫かぁ~~

Img_0100

この軟弱そうな路面の右側は当然崖

 

苦労してガレ区間を抜けるとナント!

Img_0101

道は無し _l ̄l●lll ガクリ・・・

 

またあそこ(ガレ場)に戻るのかよぉ~

帰りに見た1本橋の図

Img_0106

こっちの写真の方が崩落具合が良く解りますね。

 

これでも後で現れる枝道に比べたら、まだ甘いのだった。

 

元の舗装路に戻りますが、この舗装路、きついカーブに限って砂が浮いてたり、所々崖が崩れて石(岩?)がゴロゴロしてるので慎重に走行。

Img_0116_2

そして峠に到着。

Img_0113

ここも絶景ですわ。

 

遥か下に名栗湖が見えます。

Img_0114

気になる支線もありますが、閉鎖されてます。

Img_0111

これまた何処に行けるのか気になりますなぁ~~(笑)

 

しばらく休憩し、今度は下り。

下り始めるとすぐに枝道発見。

Img_0117

当然行ってみるでしょ(^^)

 

左側は凄い崖だけど道はフラット。

Img_0119

しばらく快適に走ってたけど・・・

「うわっ!きたっ!!」

Img_0121

この場所から左下を見下ろすと

Img_0122
ヒイィィ!!(゜ロ゜ノ)ノ

やばい!やばいですって!!

 

1つ上の写真の写真を見てもらうと分かりますが、中央の生コンで土留めしてある下も100m以上落ち込んでるし、道は崩落して谷側に傾斜してるし・・・

この先は道が続いている・・・

久し振りに命の危険を感じました。

が・・・

やっぱ行くっきゃないでしょ!

んで、何とか通過し数百メートル・・・

更にヤバい状況に・・・

Img_0123

左はバイクと自身の重さ約200kgに耐えられそうも無いし、岩石の上を通過して、もしも乗った石がゴロリンと転がりバランスを崩し左の崖に行くとも限らないし・・・・・

    ・

    ・

しばらく心の葛藤

    ・

    ・

結果!

本気で死にそうだからやめとこ

だって左の崖ったら、こんなに高いんだもん

Img_0124

ヤレヤレ┐(´ー`)┌マイッタネ

この写真で伝わるかなぁ?この恐怖。

でも先が気になるでしょ?

もちろん徒歩で行ってきましたよ。

Img_0125

こんなです。

道無かったっす。

 

見上げると、今にも落ちてきそうだし。

Img_0126

ソルト君が撮ってくれた写真の方が状況が分かり易いので、ソルト君頂きます。

偵察から戻るウィリー

Img_1322

こういう道路を工事される方って、恐怖心とかは無いのでしょうか???

地盤が軟弱だったら、重機ごと「さようなら~(ToT)/~~~」何て事もありそうだもんね。

で、行き止まりだったので、あの恐怖の谷側逆バンクを走らなきゃいけないので気を抜けません。

まあ帰って来れたから、この報告も出来てるので、見てくれてる方々は承知してますよね(^^ゞ

 

無事もとの道に戻り麓へ向かってGO!

この写真を見て頂ければ、標高差が分かると思います。

下の道を見下ろす

Img_0128

下の道から見上げる

Img_0129

拡大

Img_0129_2

極悪路を走ったせいで舗装路が快適過ぎて、自然にペースアップ。

Img_0132

しばらくして国道に出ました。

 

「でも・・・ここどこ???・・・」

なにっ!花園インター!?

Img_0134

どうやら山の反対側に下りてしまったようですぅ~(;´д`)とほほ・・・

道を間違えたお陰で、ランチは14時。

自宅到着が15時。

ヒジョ~~~~~に疲れましたが、楽しめました。

最後まで読んでくれた皆様もお疲れ様でしたm(_ _)m

 

 

|

« なんちゃってZETAハンドガード | トップページ | ブリヂストン レグノGRV装着 »

コメント

お疲れ様でした。
ここ数年で、こんなに体が痛くなったのは記憶に無い!
どんだけ力んで走ってたんだべ~。
歳か~?今朝より痛て~ぞ!

しかし、あの崩落現場はヤバイっす!
いつ上から岩が落ちてきてもおかしくない状態で
「良く行くな~」と思って見てました。
まさかバイクで走ろうと葛藤しているとは・・・
自分は現場に着いた時から微塵も行く気は有りませんでした。
悪しからず。

投稿: ソルト | 2009年4月30日 (木) 23時12分

ソルト君、毎度どうも~。

>歳か~?今朝より痛て~ぞ!
 
取りあえず長い休み中で良かったんじゃない?
俺もこんな時間に目が覚めて返信してるんで、やっぱ歳か~?(^^)
 
>しかし、あの崩落現場はヤバイっす!
>いつ上から岩が落ちてきてもおかしくない状態で
>「良く行くな~」と思って見てました。
>まさかバイクで走ろうと葛藤しているとは・・・
 
いやいや、別な場所で道の端を走るか、崩れた岩石の上を走るか選択しなきゃいけない場面で、あの恐怖の道の端を躊躇無く走ったソルト君の勇気には脱帽だったよ。
 
無事に帰ってこれたから言うけど、見てるこっちが怖かった(苦笑)
 

投稿: ウィリー | 2009年5月 1日 (金) 04時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大名栗林道:

« なんちゃってZETAハンドガード | トップページ | ブリヂストン レグノGRV装着 »