« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

走行中TV見れる化&ナビ操作出来る化

ウィリーが運転の時はいつも助手席のカミさんからタイトルの依頼が有り、施工しました。

【注意】

運転中のナビ操作やテレビを見る事は危険ですので、あくまでも助手席の人用と考えてください。

この作業はウィリーが自己流でやったものなので、マネして不都合が出たとしても一切の責任は負いません。

 

【作業開始】

Img_0001

まずナビ周りのカバーを外した後、養生します。

内装に傷が付き易いので、特にハーネスを抜く時に注意してください。

ハーネスは同じ形の物は無いので、気にせずブチブチ外しましょう。

Img_0002

その中に1つだけグレーのコネクターがあります。

Img_0003

そこの青いコードがパーキング信号。

Img_0004_2

カットして車体側の板金部分にアースします。

これでナビは「サイドブレーキを踏んでるな」と勘違いします。

この時点でパーキング(サイド)ブレーキを踏まなくてもTVは写ります。

安全面を考えるとこれで良いですが、走り出すと画面が切り替わってしまうので、次は停車中と勘違いさせる為に、ど真ん中の白いスピードパルスのコードもカットします。

Img_0005

(写真はスイッチへ行く配線が繋がってしまっています) 

カットしただけで走行中TV見れる化&ナビ操作出来る化になるんですが、スピードパルスをカットしただけだとナビのジャイロセンサー?が効かなくなる為に精度が著しく悪くなるので、必要な操作が終わったら元に戻せるようにスイッチが必要になります。

作業するにあたって、後付感があるスイッチが嫌で、純正タイプのスイッチを探していましたが、結構お高いです。

そこで物置を物色してた所、フォグランプのパイロットランプ付きのプッシュスイッチが出てきたのでそれを使用。

Img_0006

何処に付けても目立つので、助手席の人が操作しやすいようにこんな所に隠してみました。

 

後は外したコネクター類を全部忘れずに挿して動作確認。

Img_0007

簡単な確認方法は、情報画面から写真のエネルギー画面に切り替えてから走行し、画面上の車輪が回っている事を確認しスイッチを入れ車輪が止まればOK。

 

ナビの化粧パネルは脇に内張り剥がしを引っ掛けると思われる穴が開いているので、配線を通してもしっかり止まります。

夜に乗って解ったんですが、このスイッチ、OFFの時は赤、ONの時は緑色にランプが付き、ちょっぴりお洒落です。

閉めてりゃ見えませんが(苦笑)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

エスティマハイブリッド(AHR20)のジャッキポイント

 

タイヤ交換しようとして気付いたんですが、今度のエスティマはガレージジャッキを掛けるポイントが分かり易くて良いです。

リアは以前と同じで、リアモーターのアンダーガード(中央の黒い部分)

Img_3819

に、このようなラバーを噛ませて上げてます。

62030_1_2

※ラバーを噛ませないと、接点が滑ってトラブルに発展する可能性あり

フロントは車体の中央に凸があり引っかかるようになってます(赤矢印)

こちらは安心ですね。

Simg_3820

しかしフロントはウィリーが持っているジャッキでは、タイヤの下に何か噛ませないと、ノーマルの車高でもフロントスポイラーに干渉してしまいます。

コレがそのジャッキ(2.5t)

Img_8364_2_2

なので、1mほどの角材をハスに切ってフロントタイヤを乗り上げ、ジャッキを挿入してます。

003

ハスに切るのは結構大変なので、電ノコを持ってる業者(材木屋)などにお願いするのが良いと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »