« プラスチック障子紙に張替え | トップページ | 走行中TV見れる化&ナビ操作出来る化 »

2009年1月 6日 (火)

エスティマハイブリッド(AHR20)のジャッキポイント

 

タイヤ交換しようとして気付いたんですが、今度のエスティマはガレージジャッキを掛けるポイントが分かり易くて良いです。

リアは以前と同じで、リアモーターのアンダーガード(中央の黒い部分)

Img_3819

に、このようなラバーを噛ませて上げてます。

62030_1_2

※ラバーを噛ませないと、接点が滑ってトラブルに発展する可能性あり

フロントは車体の中央に凸があり引っかかるようになってます(赤矢印)

こちらは安心ですね。

Simg_3820

しかしフロントはウィリーが持っているジャッキでは、タイヤの下に何か噛ませないと、ノーマルの車高でもフロントスポイラーに干渉してしまいます。

コレがそのジャッキ(2.5t)

Img_8364_2_2

なので、1mほどの角材をハスに切ってフロントタイヤを乗り上げ、ジャッキを挿入してます。

003

ハスに切るのは結構大変なので、電ノコを持ってる業者(材木屋)などにお願いするのが良いと思います。

 

|

« プラスチック障子紙に張替え | トップページ | 走行中TV見れる化&ナビ操作出来る化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エスティマハイブリッド(AHR20)のジャッキポイント:

« プラスチック障子紙に張替え | トップページ | 走行中TV見れる化&ナビ操作出来る化 »