« 房総半島一周の旅 | トップページ | 全国オフとパワースポット1 »

2008年9月11日 (木)

武川スーパーマルチDNメーターその後

Img_2686_1 武川マルチDNメーター

 

 

しばらく使って気になったことを書きます。

タコメーターを動かす為のパルスをプラグコードから取ってるんですが、感度が良すぎてなかなかコードを取り付ける場所が決まりません。

直接プラグコードに付けると針が安定せず振り切ってしまいます。

かと言って離し過ぎると反応しなかったりします。

そこでプラグコードをDNメーターに同封されていた熱収縮チューブをプラグコードに通し収縮させて、その上からタイラップ(結束バンド)でタコのセンサーコードを取り付けていました。

まあ軽く絶縁する感じですね。

ところが雨が降ったりして取り付け部分が濡れると誤作動します。

更に防水対策しないといけないようです。

ちなみに安定した状態では、6速80kmで5000rpmです。

    ↑※KLX250、ギア比がノーマルの場合です

以上、途中経過報告でした。

 

関連記事

武川スーパーマルチDNメーター

スピードメーター変換コネクターが来た

武川スーパーマルチDNメーターの取り付け

武川スーパーマルチDNメーター

 

|

« 房総半島一周の旅 | トップページ | 全国オフとパワースポット1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武川スーパーマルチDNメーターその後:

« 房総半島一周の旅 | トップページ | 全国オフとパワースポット1 »