« リフレクター(反射板)の取り付け | トップページ | 相模川河川敷 »

2007年5月27日 (日)

グラフィックデカールの貼り付け

オフロードバイクって、外装のほとんどがプラスチックなので、シュラウド(ニーグリップする部分)の艶が、ウェアーと擦れて無くなるのと、転倒時の傷からガードする為にグラフィックデカールを張ることにしました。

05klxbwhsh こんなタイプの物です。

MDF

これを貼っておけば、これから先、傷が付いた場合でも、張り替えれば元の綺麗な状態に戻せます。

 

では、早速作業に取り掛かります。

まず用意する物

水に中性洗剤を少量入れた霧吹き。

良く切れるカッター。

車のスモークを貼る時に使うへら。

ドライヤー。

ホワイトガソリン及びパーツクリーナー(脱脂の為)

タオルとウエス

 

手順

まず純正ステッカーを剥がす。

(簡単に綺麗に剥がせました。注 古くなると剥がしにくくなると思われるので、ドライヤー等で暖めてから剥がすと良いでしょう)

これからデカールを貼るパーツを外す。

綺麗に水洗い。

水分をふき取り脱脂。

中性洗剤入りの水を霧吹きでタップリかける。

デカールを貼り位置合わせ。

へらで水分を抜いていく。

ある程度水分が抜けて、デカールが張り付いたら、中央から外側に向けてドライヤーで乾かしながら密着させていく。

気泡が入ってしまった場合は、なるべく1つにまとまるように集め、カッターや千枚通しのような先の尖った物で「プスッ」と刺し、そこから水分やエアを抜く。

完成

before

Simg_9238

After

Simg_9257

⑧⑨の工程は、ゆっくり時間をかけて作業する事をお薦めします。(出来上がりに影響大)

 

自分も完璧とは言えないまでも何とか見られるようにできました。

次に張り替える時は、完璧を目指します(^^ゞ

 

|

« リフレクター(反射板)の取り付け | トップページ | 相模川河川敷 »

コメント

グラアクのウイリー写真、なくなっちゃいましたね(^^;
そういえば一度も見ることができなかったなぁ(涙)>ウイリーの実演

KLX、精悍になりましたね!
今後はKLXでウイリーっすか!!(笑)

投稿: おとおる | 2007年6月 2日 (土) 19時31分

そんなんすよ。無いバイクの写真をいつまでもそのままにしておくのがチョットね(^^ゞ

KLXでウィリーっすか?
流石勘が鋭い!(= ̄∇ ̄=)にぃ♪

投稿: ウィリー | 2007年6月 2日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラフィックデカールの貼り付け:

« リフレクター(反射板)の取り付け | トップページ | 相模川河川敷 »