« ヴィッツのポジションランプをLED化 | トップページ | いらっしゃいませ~ »

2006年10月29日 (日)

ヴィッツのホーン交換

 
元はこんなしょぼいのが1つだけ付いています。
 
原チャリと同じなんて悲しいですね。
 
13
 
音も原チャリと同じ(苦笑)
 
滅多に鳴らす事はなんですが、イザと言う時に「ビィ~~!」じゃ、ちょっと情けないので交換します。
 
ウィリーは渦巻きホーン(高級車に良く付いている)の音が好きなのですが、流石にヴィッツに付けてると「誰が鳴らしてるんだ???」と思われそうなのでオート○ックスで安売りしていた「スポーツタイプホーン」ってヤツをチョイスしてみました。
 
14
 
早速交換です。
 
買ったホーンは高音、低音と2つあります、元は1つなので取り付け穴も1つ。
 
1つの穴に無理やり2つ付けてしまおうかと思いましたが、見えない所にもこだわるウィリーは(本当か?)取り付け場所を探しました。
 
そしたらありましたよ、この黒いカバーを外すとネジ穴が。
 
15
 
このカバー、数箇所ツメで留まっていますが、先の尖った物を使ってツメを起こし外します。
 
この白矢印の穴はナットが溶接されているので、適当に合うボルトを探して付けます。
 
16
 
確か穴は6mmだった。(元のホーンが付いてた所は8mm)チョット自信無し・・・・
 
プラス側の線は、エレクトロタップで分岐。
 
17
 
今度はアースを取る為に、こんな線を作ります。
 
純正のホーン(たとえばセルシオとか)を流用する場合は、本体のステーでアースされている為、この線は不要。
 
18
 
ほんで交換終了。
 
組み付ける前に、音が出るか確認しましょう。
 
このホーン、安っちい割には歯切れの良い音を出します。
 
【おまけ】
 
ハンドルを切るたび、小物入れの中で物がガサゴソ暴れていたので、スポンジを貼りました。
 
難しいのはカットだけ。
 
19
20
21
22
 

|

« ヴィッツのポジションランプをLED化 | トップページ | いらっしゃいませ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィッツのホーン交換:

« ヴィッツのポジションランプをLED化 | トップページ | いらっしゃいませ~ »