« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

ヴィッツのホーン交換

 
元はこんなしょぼいのが1つだけ付いています。
 
原チャリと同じなんて悲しいですね。
 
13
 
音も原チャリと同じ(苦笑)
 
滅多に鳴らす事はなんですが、イザと言う時に「ビィ~~!」じゃ、ちょっと情けないので交換します。
 
ウィリーは渦巻きホーン(高級車に良く付いている)の音が好きなのですが、流石にヴィッツに付けてると「誰が鳴らしてるんだ???」と思われそうなのでオート○ックスで安売りしていた「スポーツタイプホーン」ってヤツをチョイスしてみました。
 
14
 
早速交換です。
 
買ったホーンは高音、低音と2つあります、元は1つなので取り付け穴も1つ。
 
1つの穴に無理やり2つ付けてしまおうかと思いましたが、見えない所にもこだわるウィリーは(本当か?)取り付け場所を探しました。
 
そしたらありましたよ、この黒いカバーを外すとネジ穴が。
 
15
 
このカバー、数箇所ツメで留まっていますが、先の尖った物を使ってツメを起こし外します。
 
この白矢印の穴はナットが溶接されているので、適当に合うボルトを探して付けます。
 
16
 
確か穴は6mmだった。(元のホーンが付いてた所は8mm)チョット自信無し・・・・
 
プラス側の線は、エレクトロタップで分岐。
 
17
 
今度はアースを取る為に、こんな線を作ります。
 
純正のホーン(たとえばセルシオとか)を流用する場合は、本体のステーでアースされている為、この線は不要。
 
18
 
ほんで交換終了。
 
組み付ける前に、音が出るか確認しましょう。
 
このホーン、安っちい割には歯切れの良い音を出します。
 
【おまけ】
 
ハンドルを切るたび、小物入れの中で物がガサゴソ暴れていたので、スポンジを貼りました。
 
難しいのはカットだけ。
 
19
20
21
22
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィッツのポジションランプをLED化

 
バンパー外しついでに、ヘッドライトも外し、ポジションランプをLEDに変更します。
 
付けたままでも出来そうだったんですが、初めての時に狭い所に手を突っ込んで手探りでやるのは、経験上良い思い出が無いので、安全策をとっての交換です。
 
バンパーさえ外れていれば、ヘッドライトは3本のビスのみで留まっているので簡単に外せます。
 
1
 
コレが裏側。
 
2
 
次に丸い裏蓋を外すとこんな感じ。
 
3
 
ポジションランプを外します。 
 
4
 
LEDに取替え点灯確認。
 
極性があり、逆に差し込むと点かないので、この時点で点灯確認します。
 
5
 
暗くなるのを待って、撮ってみました。
 
6_2


 
今までのノーマルは黄色っぽかったんですが、LEDは青白く光って良い感じ。
 
次回はホーンの交換です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輸出用ヴィッツ(ヤリス)のトヨタマークの取り付け

 
 
元々はネッツマークが付いているのですが、輸出用ヴィッツ(ヤリス)のTOYOTAマークを取り寄せてみました。
 
8_2
 
価格は1800円(税抜き)
品番は75311-52140
 
次に取り付け方法なんですが、結構大掛かりになるので覚悟して取り掛かってくださいね。
 
(※作業はくれぐれも自己責任でお願いします。
 
まずは、いきなり大物のバンパーを外す作業です。
 
 
ボンネットを開けた所と、両タイヤハウスの中にプラスチック製のピンがあるので、全部外します。
 
 
そして寝転がって、バンパーの下側のボルトとプラスチックの留めを外します。
 
9
 
続いてヘッドライト付近のツメが固いので、隙間に内張り剥がしを突っ込んで外します。
 
これでバンパーが取れました。
 
10
 
これでやっとエンブレムが外せます。
 
裏はこんな感じ。
 
011_2
 
ツメで引っかかっているだけなので、簡単に外れます。
 
そしてバラした順に元に戻せば終了です。
 
元のマーク
 
11_3
 
12
 
バンパーを外しついでに、他のパーツも交換しました。
 
つづく・・・・・・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

ヴィッツにETC車載器取り付け その2

 
そのミスとは・・・・・・・・・・
 
前の話になりますが、ムーブでETCゲートを通過した時に、第三京浜は開くが首都高のは開かないと言う状態になった事がありました。
 
その原因が今になって判明しました。
 
ETCのアンテナが裏表反対に付いていたのです。
 
説明書もろくに見ず取り付けしてをしていたしっぺ返しが来ました(苦笑)
 
要するに、本来ダッシュボード上に付けなければいけない物を、フロントガラスに貼り付けていて電波を拾いにくくなっていたのです。
 
ディーラーでのテスト風景
 
Img_7642
試してもらうと、室内側からの方が良く拾うとの事。_l ̄l●lll ガクリ・・・
 
アンテナが裏表反対だったって事。
 
他の高速道路に比べて、首都高のセンサーはスペースの問題なのか、バーの近くに付いているらしいので、その為に電波の照射範囲が狭く、裏表反対だったウィリーの車載機が反応しなかったのではないでしょうか?
 
こりゃもう、ルームミラー裏にステーを作って、付けるしかないなぁ~と思いながらポリマー屋をやっている友人の所に何気無く行って、その事を話したら「○○君(本名)、丁度良い物があるよ!」と、持って来てくれたのがL字型のステー。
 
「何かに使えるんじゃないかって、取っておいたんだ。」とTさん。
 
イヤァ~、マジで嬉しかったですよ~!!
 
Tさ~~ん!どうもありがとぉ~~~!!
 
そして無事装着完了となりました。
 
車外からは見辛いので車内から
 
_mg_7657
 
テストしましたが、バッチシ受信しました。
おまけ:セットアップ中、隣に並んだRSと。
 
Img_7643
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ヴィッツにETC車載器取り付け

 
ETC車載機のアンテナだけは、配線の取り回しを済ませていたので、今日は朝からアクセサリー電源を取る為に、オーディオ周りをバラしました。
 
最近の車は、ビスを余り使わないので、初めてやる時は神経を使います。
 
長くなりますが、手順を説明します。
 
※取り付けは自己責任でお願いします。
 
これが前車ムーヴから外した次世代ETC車載機
 
_mg_7619
 
まずは、細長いココの部分を外します。
 
Img_7613
 
内張り剥がし等を使って、下からバキバキ外していきます。
 
ちなみにウィリーは手で剥がしました。
 
次はメーターの前の部分。
 
_mg_7630
 
写真の通り、下側に前に向かってツメが出ているので、上の方から外していき斜め上の角度で手前に引くと失敗が無いでしょう。
 
後はオーディオ周りのシルバーの部分です。
 
_mg_7631
 
ココも全部工具無しで部品を折らないようにバキバキやっちゃって下さい。
 
それで、最初はシガーライターからアクセサリー電源を取ろうと思っていましたが写真のように奥に付いていて、エレクトロタップをかしめられそうも無かったので、ナビ裏から取る事にしました。
 
(写真中央のの白い物がそうです) 
 
_mg_7636
ナビ裏のアクセサリー電源は、青いコネクターのグレーの線です。
 
_mg_7633
 
エレクトロタップで電源を取る。
 
_mg_7634
 
あとは、ナビが固定されている4本のボルトのうちのどれかにアースさせて、外した逆の順に内張りをはめていき電源は終了。
 
次はアンテナの配線。
 
まずピラーの内張りを剥がすんですが
 
_mg_7616
 
この文字を見てビビッてしまい
_mg_7618
 
サイドエアバッグを炸裂させたら怖いので、ディーラーに確認しちゃいました。
 
そうしたら何つぅ~事も無く「普通に剥がしても大丈夫です」との返事。
 
こんな所で小心者の本領発揮です(*´ー^`)ゞてへへ
 
安心して外し、窓枠に沿って運転席の足元までアンテナ線を持ってきます。
 
_mg_7615
 
_mg_7607
 
_mg_7605
 
次はハンドル下側のトレイの部分を外します。
 
ココはビスが隠されているので、その2本を外し、後はバキバキと・・・
 
_mg_7608
 
_mg_7609
 
隣の小物入れは斜め上にポコッと引き抜けます。
 
_mg_7604
 
ウィリーはココに本体を取り付けます。
ドリルで数箇所穴を開け、カッターで成型しました。
 
_mg_7621
 
簡単に切れる材質です。
 
ここなら売る時に外しても穴が目立たないです。
 
そして装着。
 
_mg_7639
 
純正オプションのETCは写真右の小物入れの下に付きますが、後付けの場合取り付けステー(確か3800円)を買わないと固定できないので辞めました。
 
装着後、ディーラーにてセットアップをして、専用の測定器みたいなもので受信状態を確認したら、何と!うっかりミスが!!
 
すみませんが夕飯の支度をするので次回に続く。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ヴィッツ納車

 
 
無事に納車されました。ヽ(´▽`)/ わ~い!
 
Img_7593
 
少々おやぢには抵抗のある色ですが、主にカミさんが乗るので問題は無いでしょう。
 
乗ってみると、軽自動車のような癖も無く、とても乗りやすいです。
 
しかしスマートエントリーが使い慣れていないので、ドアがロックされたか気になるのは慣れで何とかなりますよね?
 
あと、ホイールキャップだけはど~しても許せないなぁ。
 
どっかに16インチのアルミ、おっこちてないかな~。
 
( ̄_ ̄ )キョロキョロ(  ̄_ ̄)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »