« ヴィッツにETC車載器取り付け | トップページ | 輸出用ヴィッツ(ヤリス)のトヨタマークの取り付け »

2006年10月22日 (日)

ヴィッツにETC車載器取り付け その2

 
そのミスとは・・・・・・・・・・
 
前の話になりますが、ムーブでETCゲートを通過した時に、第三京浜は開くが首都高のは開かないと言う状態になった事がありました。
 
その原因が今になって判明しました。
 
ETCのアンテナが裏表反対に付いていたのです。
 
説明書もろくに見ず取り付けしてをしていたしっぺ返しが来ました(苦笑)
 
要するに、本来ダッシュボード上に付けなければいけない物を、フロントガラスに貼り付けていて電波を拾いにくくなっていたのです。
 
ディーラーでのテスト風景
 
Img_7642
試してもらうと、室内側からの方が良く拾うとの事。_l ̄l●lll ガクリ・・・
 
アンテナが裏表反対だったって事。
 
他の高速道路に比べて、首都高のセンサーはスペースの問題なのか、バーの近くに付いているらしいので、その為に電波の照射範囲が狭く、裏表反対だったウィリーの車載機が反応しなかったのではないでしょうか?
 
こりゃもう、ルームミラー裏にステーを作って、付けるしかないなぁ~と思いながらポリマー屋をやっている友人の所に何気無く行って、その事を話したら「○○君(本名)、丁度良い物があるよ!」と、持って来てくれたのがL字型のステー。
 
「何かに使えるんじゃないかって、取っておいたんだ。」とTさん。
 
イヤァ~、マジで嬉しかったですよ~!!
 
Tさ~~ん!どうもありがとぉ~~~!!
 
そして無事装着完了となりました。
 
車外からは見辛いので車内から
 
_mg_7657
 
テストしましたが、バッチシ受信しました。
おまけ:セットアップ中、隣に並んだRSと。
 
Img_7643
 

|

« ヴィッツにETC車載器取り付け | トップページ | 輸出用ヴィッツ(ヤリス)のトヨタマークの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィッツにETC車載器取り付け その2:

« ヴィッツにETC車載器取り付け | トップページ | 輸出用ヴィッツ(ヤリス)のトヨタマークの取り付け »