« リフォーム(屋根、外壁の塗装)その3 | トップページ | リフォーム(屋根、外壁の塗装)その4 »

2006年4月 8日 (土)

ドライブプーリーをカメレオンファクトリー製に変更

 

最高速の伸びが今一歩なので、形状を見て一目惚れした「カメファク」のプーリーに換えてみました。

今の状態が何故納得いかなかったって?

まず下の写真を見て下さい。

ベルトの位置に注目

_mg_4834

ドライブプーリー(前の丸いの)が開ききっているのでドリブンプーリー(後ろの丸いの)に掛かっているベルトが、はみ出す位に外に来てますよね。

この状態がゼロ発進時のダッシュにベストに近い状態です。

(これ以上ドライブ側を広げると、ベルトが芯に当たって空転してしまいます)

反対に最高速で走っている場合は、ドライブプーリー(前の丸いの)が閉まりきってドリブンプーリー(後ろの丸いの)が開ききります。

しかしコレを見て頂くと解るように ドライブプーリーの端までベルトが上がりきらない状態なのです。

(マジックで線を引いて最高速チャレンジした結果です)

Img_5133

5mm程なんですが、これが端までいけば+10km/hは確実。

かと言って今の状態だとベルトが端まで行くようにセットすると出足が鈍る・・・

それを解決するには!

テーパー角の違うプーリーが必要だったのです。

_mg_5129

_mg_5130

     左:カメファク           右:KN

 

ベルトの長さ、幅が同じなら閉まった時にカメファクの方がベルトを外に押し出せるはずです。

 

ボスワッシャーで調整し、組み上げ試乗します。

出足はそのまま良い感じ。

そして最高速は・・・・・・・・・・・・

 

目標のぬわわkmを達成!!

 

下り坂でぬぬあkmまで確認しました。

この位余裕があれば流れの速い国道も煽られる事も無く安心です。

 

取り合えず目標を達成したので、この時点の仕様を書いておきます。

 

マフラー      天一堂 BLACKMAGICⅢ

キャブ       京浜 PE24φ

エアクリーナー  吸入口拡大加工

シリンダーヘッド KN企画 レーシングシリンダーヘッド

ドライブプーリー カメレオンファクトリー

ドライブフェイス  カメレオンファクトリー

トルクカム          KN企画

クラッチ      ノーマル軽量化

ベルト       ノーマル

 

 

|

« リフォーム(屋根、外壁の塗装)その3 | トップページ | リフォーム(屋根、外壁の塗装)その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライブプーリーをカメレオンファクトリー製に変更:

« リフォーム(屋根、外壁の塗装)その3 | トップページ | リフォーム(屋根、外壁の塗装)その4 »