« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月18日 (土)

シリンダーヘッド&トルクカム交換&クラッチの軽量化

 

シリンダーヘッドは自分でシコシコ削ろうと思っていましたが、お手ごろ価格の物を見つけたので交換しちゃいました。

レーシングヘッド(KN企画)

Img_4877

燃焼室の形状も違います。

 

次はトルクカム(左)とクラッチシュー(右)

Img_4833

トルクカムは溝が3種類切ってありますが、ウィリーは1番角度の付いているストレートの物を選びました。

フィーリングが変わるので、3種類試して気に入った物を選べば良いと思います。

クラッチはノーマルをベースに10mmのドリルでズボズボ穴を開けて軽さを調整しました。ズボズボって言っても、そう簡単には空いてくれませんので、根気良く頑張りましょう(苦笑)

それとは別に「クラッチスプリング」を強化タイプに換えるって手もありますが、個人的にはスプリングはノーマルでクラッチシューを軽量化した方がフィーリングが良い様に思えます。

(根気は要りますが細かく調整できるしね♪)

取り付けをし、取り合えず試乗です。

さすがに圧縮比UPの効果は抜群で、フロントアップまではしないものの、アクセルを捻りクラッチが繋がり始めた所で「チョン」っとハンドルを引き上げるだけでウィリーの安定角までもっていけるようになりました。

_mg_5561

あと0.2mmほど面研すれば、確実にアクセルウィリーしそうですが耐久性を考慮して、あえてそのままにします。

加速はそこそこ満足。しかし最高速が伸びません。

(現在よわkm位)

ここまで突き詰めていくと、今度はドライブプーリーに不満が出てきました。

それはまた次回ということで・・・

 

ドライブプーリーをカメレオンファクトリー製に変更

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

エアクリーナーの加工

 

チャンバーに交換し、早速試乗してみましたが、ウェイトローラーを軽めにして高回転で変速する上にエアクリーナーを外している為、モーレツな吸気音でノーマル並みの静かさを謳っているマフラーを選んだ事が全く無意味な状態に・・・

娘には暴走族とか言われるし・・・(ToT)トホホ

そこで次はエアクリーナーをビッグキャブにも付けられるように加工する事となりました。

 
元々はこんな感じで付いてますが、ビッグキャブを付けることによって、写真で見ると左下にオフセットさせなきゃいけなくなります。
Img_4832
 
【加工開始】 
 
エアクリーナを「パカッ」っと開けると、空気取り入れ口はゴム製の細い管が付いています。
Img_5654
いかにも吸入効率が悪そうですが、この90度に曲がった形状が消音効果を発揮してるのです。
 
なので、この形状を真似てエアクリーナーの蓋が閉まるギリギリサイズの塩ビ管に取り替えました。 
_mg_4899
 
径は控えめにしてま~す。
 
次はキャブへのジョイント部分です。
_mg_4888
ノーマルの細いのを外し・・・
 
このKN企画で買ったゴムホースの内径に合わせた・・・
Image437
これまた塩ビ管を付けます。
_mg_4890
写真の塩ビ管はジョイント部がちょっと短いので、もっと長く突き出させた方が、後でバンドを締めた時にしっかり固定できますよ。
 
最後にクランクケース側のジョイント。
 
ここも有ると無いとじゃ大違い。
結構気になる音が出ます。
 
Img_5659_2
ホームセンターでクランクケースの吸入口の径に合うホースを探し出し・・・(ちなみに4件目のセキチューみなとみらい店でやっと見つけた)
 
エアクリーナー側も内径の同じ塩ビ管を付け・・・
Img_5658
 
2週間掛かってやっと出来たよぉ~~~!!
 
そして燃調を完璧にし試乗。
(エアクリの加工やチャンバーの形状によってセッティングが変わるので、あえてMJやPJの番手は省略させて頂きます)
 
音はノーマル並で、なかなか良い走りをしてくれます。
 
ですがスタートでフロントアップするほどではないので、次はシリンダーヘッドの面研です。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »